CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年03月 | Main | 2011年05月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
復興への道 [2011年04月09日(Sat)]
災害被災地では毎度のことながら、あまりにも矛盾が多い津波災害です。

一例をあげれば、行政の道路を管理する部署から委託を受けた業者が車が通れるように道幅を重機を使って、津波によって流れ込んだモノや家屋や事業者からだされたモノを廃棄する。一方で、一旦取り除かれたスペースに家屋からだされたモノが溜まる。そのことをとがめる行政から委託を受けた業者。先日、住民からのニーズを受けて活動していたボランティアが、道路のモノを搬出している業者から「自分たちの仕事の邪魔をしているのか!」と言い寄られたことがあった。

業者曰く、自分たちは道路を確保するのが仕事。もしも火事があって、ボランティアによって出されたモノによって消防車が通れなかったら、お前はその責任を取るのかとまで言われた。では家屋から出しきれてないモノ(廃棄希望のモノ)はどのように処理したらよいのか?との住民の問いに、家庭ごみは生活環境の部署に聞け!と一言。

何とも悲しくなるやりとりでした。

とは言いながら、津波被害によってかろうじて住むことが出来るであろう見込みのある家屋が密集地域は、全くと言ってよいほど道路が塞がれたままのところが多い

そんな地区では未だ住民がヘドロまみれになりながら、使えなくなった大切なモノの搬出に追われている。

私たちも先のような行政の縦割りに関わっている暇はない。
ということで、重機やダンプを使ってゲリラ的に道路の解放活動を行っています。製紙会から流された夥しいほどのパルプの原料や紙類、貯木場から流れ出た巨木、JRのコンテナ、所有者が特定できない車両などなど。

ほんの少しずつではありますが、開通した道は復興の兆しを感じる道。地道な活動に喜びを感じる、俺らボランティアセンターの丸特隊です。





Posted by coco at 23:18 | 東日本大震災 | この記事のURL
時が止まった [2011年04月09日(Sat)]

3月11日14時46分。全ての時が止まっている(悲)

元気ですか〜!
そうです。みんな元気だそうよ!
Posted by coco at 12:34 | 東日本大震災 | この記事のURL
イカ出し作業 [2011年04月09日(Sat)]
民家に流れ込んだ大量のイカ。悪臭とイカのヌルヌルとボランティアが闘っています。洒落にならないほどイカ臭いです。



Posted by coco at 08:41 | 東日本大震災 | この記事のURL
被災地は雨 [2011年04月09日(Sat)]
今日の石巻は雨。このところの天候で固まり、風によって舞いはじめたヘドロがまた粘りをもちはじめました。

Posted by coco at 07:30 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ