CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
見つかりました! [2011年03月28日(Mon)]
昨日泥出しをさせていただいた方(女性)から、81才のお母さんが行方不明になって探しているが、未だ見つからないとの話をいただいた。
その話の内容は、

1)地震直後に某女子高の避難所でお母さんを見かけたという話を知り合いから聞いた。
2)避難所にいる時に体調を崩し、制服を着た方が3人来て、日赤病院に搬送された。
3)彼女はその情報を元に日赤病院を訪ねたが、確たる情報もなく、その後市内中の避難所を回りお母さんを捜し歩いたが、見つからなかったとのこと。

彼女が日赤を訪ねた頃は本当に混乱期で、病院側からもしっかりとした情報がなされなかったことが予想されます。

今朝、ボランティアのTくんが日赤を訪ね、再調査をした結果、旧河南町(現石巻市)の避難所に元気でいることが判明。
そのことが本当なのか、実際にTくんがその避難所に行って、本人確認をして、娘さんのところに電話をしていただき、二人の電話での再会が果たされたのです。

1)彼女の家の電話は私たちが泥出しをしてから、地震後初めて電話が使えるようになった。
2)彼女は、旧河南町にも避難所がることを知らなかった。
3)彼女は、移動のための手段を持ち合わせていなかった。

電話と車があれば簡単に出来ることですが、それすら出来ないのが今の被災地です。
ボランティアだから出来ることはまだまだ山のようにある三陸です。
Posted by coco at 23:11 | 東日本大震災 | この記事のURL
家畜の被害 [2011年03月28日(Mon)]
地震・津波による石巻市の家畜の被害。牛舎が津波で襲われ、約100頭の牛の屍骸の処理されずに放置され、腐敗が進み一刻を争う時期に来ていると獣医師のNGOから連絡がある。加えて生き残った200頭牛たちの餌の供給の問題もあると。
いろいろな問題が放置されたままの被災地・・・・・。

Posted by coco at 22:11 | 東日本大震災 | この記事のURL
地元ボランティア [2011年03月28日(Mon)]

NPO・ボランティアの支援基地としてお貸しいただいている公民館。その公民館は地域住民のための救援物資供給場所にしている。

それをお手伝いしてくれる地元のお嬢さんたち。次々届く物資の仕分けや出し入れ、力強い味方です。

市民も県外ボランティアもみんな同じ方向を見て、走ったり、歩いたり、立ち止まったりしています。

ありがとうございます。
Posted by coco at 09:48 | 東日本大震災 | この記事のURL
震災関連死 [2011年03月28日(Mon)]
こんなことが絶対にあってはならないから、みんなで力を合わせて活動していたのに!

宮城の山道に女児の遺体 生後数時間、被災した親が遺棄か
産経新聞 3月27日(日)22時24分配信

27日午前7時ごろ、宮城県石巻市渡波の山道で、生まれたばかりの女児の遺体を通行人が発見し、近くの住民を通じて県警石巻署に通報した。同署は東日本大震災で被災した母親らが子育てに困って遺棄した可能性もあるとみて捜査している。

同署によると、女児の遺体はへその緒がついたままの裸の状態。発見時、体に付着した血液が乾いていなかったという。生後数時間しか経過していないとみられ、同署は遺体を司法解剖して詳しい死因を調べる。

現場は、石巻市中心部の東約5キロの山道で、津波の被害はない。同署は、女児の母親らが避難所生活をしている可能性もあるとみている。


--------------------------------------------------------
6400人を超える犠牲者を出した、阪神・淡路大震災。そのうち、約900人は震災関連死。地震で生き残った命。亡くなった人たちの分まで元気で生きてゆかなければならないのに。避難所や仮設住宅などで亡くなっていった。

石巻に入ったNPO・NGO・ボランティア団体は既に100団体を超えていると思う。

大切な家族を失い、仕事を失い、友を失い、家を失い、家財を失い、涙も枯れ果て、それでも生きていって欲しいから俺たちはここ石巻に集まっているのに。

まだまだ力不足はわかっているが、頂いた命を大切にしてもらいたい。

昨日、避難所となっている小学校の泥出しの後、ある地区の民生員の方の強い依頼で、生活保護世帯の2件のお宅の畳と泥出しをさせていただいた。その地域は、津波による床上浸水。畳は水分を含んで膨らんで凸凹。平屋の古い賃貸住宅で地震があってから泥に埋もれ、押入れで寝起きしていた。

ボランティアとの別れ際、涙をこらえて何度も何度もお辞儀をしていた。

実はその方は80を過ぎている母親の安否が確認できていないという。津波による泥水がひいてから市内中の避難所を捜し歩いたと。

たまたま仲間のボランティアが行っている地域の炊き出しで得た情報から、作業をさせて頂いたご縁。まだまだこのような方は市内に沢山沢山いる。
Posted by coco at 07:32 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ