CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
散髪ボランティア [2011年03月27日(Sun)]
昨日、泥出しを行った中学校で、今日はおでんの炊き出しと散髪ボランティア。みんなに笑顔が戻りました。



Posted by coco at 23:45 | 東日本大震災 | この記事のURL
御守り [2011年03月27日(Sun)]

かつての同僚から届いた虎ノ門の金刀比羅宮御守り。沢山の人に支えられ、活動させていただいています。
Posted by coco at 06:28 | 東日本大震災 | この記事のURL
在宅被災者のこと [2011年03月27日(Sun)]
今日の中学校での泥出し作業中、公的避難所外避難者(被災者)が私たちを訪ねてきた。どうしたら食料や物資を貰えるのか?どこへ行ったら貰えるのか?

そこで、自分たちが昼食用に持参したカップ麺や果物や干し芋などを渡してあげたら、涙を流して喜んでおられた。今まで食料はどうしていたの?とお尋ねしたら、流れ着いて落ちているものを洗って食べていたとのこと。本当に現代社会では考えもつかない今の被災地の現実。

大規模災害時の被災者の生活の場は避難所になるのがこれまでの災害でしたが、泥の被った中学校での避難生活より、自宅の2階での避難生活を望む人も少なくない。津波被害を受けた小学校などは1階や2階が使えないため、高齢者には階段の昇り降りが辛い。

また、平屋の家屋で泥の積もった家の中で、押入れで暮らしているおばあちゃんを見てきたとの仲間のボランティアからの報告。
明日、早速訪ねみます。

様々な理由で、公的避難所外で避難(主に在宅で2階暮らし)されている人の数は石巻市だけで約4万人。避難所以外に、その数の食料を確保しなくてはならない行政。その苦労も理解できる。津波によってほとんど車を無くしている被災者。仮に車があってもガソリンが容易に買えない。

地震、津波、原発、広域災害、ガソリン問題などなど、さまざまなことが重なり合ってより複雑さを増す被災地です。
Posted by coco at 00:45 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ