CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
九死一生 [2011年03月25日(Fri)]
石巻の造船所「ヤマニシ」で建造中の船に乗って沖に流され、九死一生を得た方に偶然出会った。
脳裏に焼き付いている津波の渦に巻き込まれた人たちの叫び、漂流中に海から引き揚げた人、夜にあちらこちらから聞こえてきた助けを求める声。

正に地獄絵図のような出来事だったと・・・

Posted by coco at 22:41 | 東日本大震災 | この記事のURL
石巻NPO連絡会議 [2011年03月25日(Fri)]

日に日に増えてゆく石巻支援のNPO&NGO。

※把握できている連絡会参加団体等

石巻市社会福祉協議会
石巻JC
石巻JC‐OB
日本財団
ピースボート
メイク・ザ・ヘブン
鶴岡元気村
ヒューマンシールド神戸
四万十塾
ホップ障害者支援センター
SVTS風組
JANIC
シーマット&アイマット
チーム神戸
青年海外協力隊OB
日本ユニバ
IVUSA
ピースワーカーズ
プロジェクト・がてんチーム
SSER
キャンパー
レスキューストックヤード
はからめ
静岡県ボランティア協会
災害看護支援機構
八ヶ岳ピースワーカー
UME
フューエルリリーフファンド(米国)
カリタスジャパン
RQ市民災害救援センター

洩れていたらお許しを!
Posted by coco at 20:42 | 東日本大震災 | この記事のURL
職員室の泥出し [2011年03月25日(Fri)]
小学校の先生と職員室の泥出し作業。机の引き出しの中は泥でいっぱい。それでも印鑑をひとつ見つけることができ、涙ぐんでおられた先生が印象的でした。

Posted by coco at 18:32 | 東日本大震災 | この記事のURL
炊き出し [2011年03月25日(Fri)]
2,000人の炊き出し。おにぎりはもう沢山。そんな声が聞こえてくる避難所。炊き出しは材料を刻んで、炊いて、美味しそうな匂いを出して、そんなパホーマンスがあって被災者を勇気づけてゆく。
温かい食べ物は心を落ち着かせてくれる。
北海道と長野からやってきたパドラーのボランティア。特大しゃもじも動きも自然にパドリング。


特大お釜はご存じ富山のヤマヤさん
Posted by coco at 09:03 | 東日本大震災 | この記事のURL
津波の破壊力 [2011年03月25日(Fri)]
被災する前と後の石巻市北上総合支所庁舎です。人間が時間をかけて作ったモノも、自然の前にはほんの一瞬の出来事です。



それでも、気合いを入れて立ち向かうしかない!

Posted by coco at 07:50 | 東日本大震災 | この記事のURL
仲間たちもぐったり [2011年03月25日(Fri)]
震災直後から全国各地から被災地に駆けつけ、炊き出し、ドロ出し、水や必要物資を半島や離島に配り、そしてロジの管理などなど。みんなぐったり、それでも笑顔を絶やさない気のいい奴ら。愛と勇気とユーモアと。そんな仲間に助けられて被災地は立ち上がって行くと信じています。





原発避難者でありながら、石巻で炊き出し隊をしてくれた福島の「はらかめ」さん
http://hacarame.com/index.html
Posted by coco at 06:05 | 東日本大震災 | この記事のURL
感染症の危機感 [2011年03月25日(Fri)]
避難所の衛生環境があまりにもひどく、ノロウイルスなどの感染症が懸念されると、日赤が危機感を持ち、日赤病院、自衛隊防疫隊、市保健所及びNGOとで会合が持たれました。

衛生環境の悪さの原因は、避難所の周りにある堆積した汚泥(ヘドロ)と汲み取りが追いつかない仮設トイレなどなど。何一つ成果のない、時間を無駄にしてしまった会議でした。こんなことの繰り返し。

他のNGOとの帰り道に出る言葉は、いつも「やれることからやっていこう、それしかないよ」。

行政には何も期待できない、今の全ての被災地の現実。

個人的にはひとつ成果???が・・・・。会合に参加されていた感染症認定看護師さんのお化粧した顔。被災地に入って初めて見る女性の化粧したお顔。

避難所の隅っこで、主人と息子たちの発見を待つ従妹。早く洗髪して、お化粧をさせてあげたい。
Posted by coco at 00:20 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ