CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
動物レスキュー [2011年03月19日(Sat)]
東日本大震災では家畜にも多くの被害が出た。また飼い主を失ったペットたちも多く街をさまよっている。その動物たちの救済に獣医師で構成される、「IFAW−国際動物福祉基金」が動き出した。
専門性を持ったNPO団体は被災地にどんどん入ってほしい。



津波で養豚場から流出てきたぶたさん



Posted by coco at 10:41 | 東日本大震災 | この記事のURL
悪臭の避難所と・・・ [2011年03月19日(Sat)]
やっと電波事情のよいところに移動しアップしています。

津波によって汚泥に浸かった学校の避難所と、被害を受けていない学校の避難所。校舎の1階部分や体育館は泥で使えないので、校舎2階から上を使っている。救援物資の保管も2階。いちいち2階まで上げるのも一苦労。汚泥による悪臭が鼻をつく。

一方で被害の全くなかった学校の避難所。被災者のQOLよりも学校管理を優先しているところがある。極端な言い方をすれば、迷惑な人たちが来て校舎体育館を汚してしまうと考えているとしか思えない学校もある。学校が避難所になった場合、その様々な機能をフルに活用し、仮設住宅ができるまで、少しでも快適に暮らしていただくのが、避難シェルターの当然の役目だろう。いま避難所となっている学校は災害救助法によって定められている「避難する場所」であって「学校」でないと声を大きくして言いたい。

奇跡的に生き残った人たちは、不運にも地震や津波に呑み込まれて行方不明なった人の分まで、元気に生きてゆくことが何よりの供養になると思う。本当に残念な態度の学校もある。

この悪臭から解放するために、重機ボランティア「風組本陣」がいよいよ動きます。


津波による被害は全てのものを一瞬にして失ってしまった。



Posted by coco at 05:20 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ