CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
焦げ臭さとジュピター [2011年03月17日(Thu)]
16年前の長田区の焦げ臭さを思い出しながら、ジュピターを音量いっぱいにかけ、石巻に向けて走ってます。

パンツも靴下もかなり限界にきているが、これを過ぎると、甘い匂いに変わると小千谷の棟梁が中越地震のあとに話していた。時間もないし、それを楽しみにしよう。

IVUSA、石巻で会おう!

お袋は小千谷塩谷の仲間が届けてくれた水をありがたく少しづつ大切に使っていて、ありがたいね。ありがたいね。と繰り返し言っていた。

家を空けっぱなしで、馬鹿な息子ですみません。
Posted by coco at 06:37 | 東日本大震災 | この記事のURL
IVUSA 走る [2011年03月17日(Thu)]
ボランティア仲間のIVUSAから連絡が入る。新潟から石巻に向けて走ってると!

神戸からの絆。石巻で合おう(涙)
Posted by coco at 06:24 | 東日本大震災 | この記事のURL
未だに石巻・三陸は [2011年03月17日(Thu)]
昨日、石巻に物資を届けた京都・香川のボランティアから信じられない報告を受ける。

その内容は未だに食べるものも毛布類も全く届いていない1000人規模の避難所が多数あるとのこと。

救助ヘリコプターの関係で火は燃やせないという。

中越地震の時も、岩手・宮城内陸地震の時も道路が寸断されても「水・米・味噌・塩など」があり、食料の確保には問題なく、むしろ何故ヘリコプターで避難しなければならないのかとの疑問すらあったとの報告を聞いている。

石巻は漁港でありながも、田畑も多い場所だ。味噌を作るためのデカい釜もある。

地震からもう何日経っているんだ。まだそのように放置されている場所があったことが信じられない。

関東のNPO・ボランティア団体の皆様、会議はまだまだ続くのでしょうか?

食料と釜を積んで、とにかく早く石巻以北の三陸の市町村を目指して欲しい。

16年前に130万人が神戸を目指したように!

動け!動け!動け!
人々が寒さに震え、お腹を減らし、死にかけている。
そして議論はそれからでも遅くはありませんか。

今年は「ボランティア○○元年」と呼ばれるのだろうか?

○に入るのは、「後退」、「静止」、「静寂」、「停止」、「停滞」、「沈黙」???。

俺の友人の家族は名取市の漁師町、閖上の避難者には無かった(涙)

石巻のいとこの消息も全く掴めていない(涙)

三陸からのSOSが聞こえるだろう。

走って下さい。動いて下さい。風になって飛んできて下さい。

京都や香川の仲間は24時間以上も掛けて一般道を走ってきたといい。それでもみんな笑顔・笑顔・笑顔だった。
Posted by coco at 06:09 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ