CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 災害関連(地震) | Main | 先人の知恵と技»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
樹の生命の尊さ [2011年03月05日(Sat)]
「ぼくたちの百年の杜プロジェクト」のご紹介です。

http://blog.canpan.info/coco/archive/1437

Posted by coco at 23:22 | 木や森のこと | この記事のURL
花粉症の季節 [2011年02月27日(Sun)]
三日ほど前から、夜寝ていてハナ詰って口がカラカラに渇く。どうやら花粉症の症状が出始まったようだ。目も何となくむず痒い。
あ〜あ!やっぱり今年も来たか(涙)

Posted by coco at 08:24 | 木や森のこと | この記事のURL
百年の杜を [2011年02月26日(Sat)]
ケヤキ(欅)を襷(たすき)にして、これまでの50年とこれからの50年を繋ぎ、 百年の杜を作るプロジェクト

ぼくたちの百年の杜プロジェクト」からのイベントのご案内です。

仙台市営地下鉄東西線工事のため、 青葉通りで27本のケヤキが伐られてから丸3年が経ちました。 あの2008年1月28日午後15時。最初の1本目が伐採されました。

この3年間、皆様にとって仙台のシンボルツリーである「ケヤキの存在」は、どのようなものでしたでしょうか?

この度、野村不動産さまの御協力により、3月5日(土)・6日(日)の2日間、 アート作品として生まれ変わったケヤキが、「初・め・て」青葉通りに帰ってきます。

60団体を超える方々に引き取られたケヤキの中で、青葉通りに帰るのは、 今回が初めてになります。会場では、ケヤキが伐採される前からの“ぼくたち”の活動をスライドを交えながら 紹介するフォーラムの他、「西公園プレーパークの会」による青葉通りのケヤキを 使った「オリジナルおもちゃづくり講座」を予定しています。そして、両団体による「ケヤキの木って、こんなに素晴らしい!」と題して、 トークセッションもあります。

当日は、未だ寄贈先の決まっていないチェーンソーアート作品数点のほか、 “ぼくたち”の参画者である「クラフト&ギャラリ秘密基地(もっこ倶楽部)」さんの御協力による、学術研究資料としても大変貴重な「青葉ケヤキの年輪天板」の展示、ネックストラップや「樹を傍で活かす」作品の展示紹介もあります。

当日は御来場プレゼントとして、青葉通りケヤキの“スクエアーコースター”を プレゼントしますので、「意味を持って切られたケヤキ」を沢山の方々に、お持ちいただきたいと思っています。

沢山の方々の下へ、青葉のケヤキが届きますように。

◇開催日:3月5日(土)&3月6(日)
◇第1ステージPM14:00〜PM15:00
◇第2ステージPM16:00〜PM17:00
◇場 所:仙台市青葉区中央3-2-23
プラウド青葉通マンションスクエア2階

ぼくたちの百年の杜プロジェクト

青葉通りのケヤキ並木
Posted by coco at 22:38 | 木や森のこと | この記事のURL
里山保全 [2011年02月24日(Thu)]
林業という名の環境保全活動。伐採が森を甦らせる!






Posted by coco at 22:22 | 木や森のこと | この記事のURL
ツルからまり木の伐採 [2011年02月21日(Mon)]
2本がツルでからみあった、重心が下に掛かっている木を、2本一緒に倒します。

1)ツルからまり木の処理は危険なので慎重に。
2)他の木にツルが繋がっていないかをチェック
3)今回は横に倒します。
4)上部に倒すので、切り株などに台付けを取り、巻き上げ機を使って牽引。
5)テンションが掛かったら、上部に刃を入れます。
6)次に下部の木に慎重に刃を入れます。
7)他の木にツルで繋がっていないか慎重にチェックを!


ツル(蔦)とロープの結び方



Posted by coco at 22:05 | 木や森のこと | この記事のURL
風邪か?花粉症か??? [2011年02月17日(Thu)]
今日の山仕事。目も何か痒っぽかったし、とにかくハナミズが止らなかった。もしかして、このところの温かさでスギ花粉が一気に・・・・
花粉症木こりにとって地獄の始まり???


取りあえず、気を取り直して、ガッキーのハナミズ・・・キ




Posted by coco at 21:12 | 木や森のこと | この記事のURL
春の陽気 [2011年02月08日(Tue)]



昨日の北風吹き荒ぶ山が、今日はまるで春が来たような陽気です。

山仕事には最適の天気。昼飯も美味かった。

心配なのはスギ花粉。どのスギも花粉がずっしりと重そうに垂れ下がっています。
Posted by coco at 12:44 | 木や森のこと | この記事のURL
風の力 [2011年02月07日(Mon)]
今日は烈風の中での山仕事。本来重心で倒れるはずの木が、枝全体に風を受けて倒れない!倒す方向が重心と逆で風の力を借りる場合は最高なのですが・・・・。


そうしたら、こんなふうに足で踏ん張って倒そうとしている人、約1名。よい子の木こりさんは絶対に真似をしないように!やりたい気持はよ〜く分かります。
本来は助っ人に行って一緒に後ろから押してあげるのですが、面白いので少しの間見てました。

Posted by coco at 21:27 | 木や森のこと | この記事のURL
樹齢100年のケヤキ [2011年02月05日(Sat)]
今日のイグネは根元で90センチ以上はあるケヤキと、そのケヤキの枝が複雑に絡みついたスギ2本。
(1)ケヤキの枝をクレーンで吊りながら、1本1本切ります。枝といっても人の胴回りより太い。
(2)次にスギをスギ2本、これもクレーンで吊りながら。
(3)最後はケヤキに矢を3本で叩き込んで、ドスン!






Posted by coco at 22:13 | 木や森のこと | この記事のURL
まくり棒 [2011年02月04日(Fri)]
里山でホダ木などを伐採した後の小枝は下の画像の様にきれいにまとめられます。


まとめられた枝の部分



その枝を整然とまとめる時に活躍するのが「まくり棒」です。植林の「地ごしらえ」などでも使われます。まっすぐで、太さはしならずにしっかりと握れる太さで、長さは身長よりやや長め。イラストのように枝の塊の下に差込み。起すようにまくり上げます。だから「まくり棒」


最近、まくり棒にはまっている奴。まくり棒はあっちこっちに切って置いておき、基本的に持ち歩きはしない。その理由はいちいち持ち歩くのでは面倒だから。そんだけ。


新芽の時期には山は緑一色になり、CO2の吸収をより活発化する里山です。
林業という名の環境保全活動!
Posted by coco at 20:30 | 木や森のこと | この記事のURL