CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014長野県北部地震 | Main | 雄勝地区»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
避難所に監視係 [2015年11月17日(Tue)]
昨夕、台風18号によって避難を余儀なくされている方々が120名ほどが身を寄せている避難所にて炊き出しをさせて頂きました。メニューは夕飯のお弁当と一緒に食べるための水餃子スープ。
夜は他の三ヶ所の小規模避難所にも配食させて頂きました。
その120名が暮らす大規模避難所では食事は決められた場所以外では禁止されており、名簿をチェックしながら弁当配りをする担当者がおり、コンビニから配達された弁当を他の場所に持って行かないよう厳しく監視されています。
その姿は、その施設の制服らしき服装にて、腕は後ろに組み両脚を開き、食事の時間が終えるまで、ずっとその状態を保ち続けていました。
避難所を専門に回るボランティアさんによれば、その前の日、ある方が自分たちが生活する部屋に持ち帰えろうとしたら、規則違反とされその夕のお弁当を取り上げられたそうです。
集団生活に規則はあって然るべきではあるものの、その運用には血の通った対応を望みたいものです。
極めて後味の悪い光景を目にしながらも、避難をされている皆さんからは、沢山の笑顔と感謝の言葉を頂きました(^^)
昼の具沢山なおうどん、そして夜の生姜の効いた温まる水餃子スープを作って頂いた、横浜の若手僧侶の皆様、炊き出しのサポートを頂いたゆいまーるの家の仲間たち、本当にありがとうございました。
炊き出しへ [2015年11月17日(Tue)]
今日は横浜の僧職系男子の皆さんと、支援の手が届きにくい在宅避難者への炊き出し支援。夕飯は避難所支援へ。
包丁から重機まで使えてのDRT★JAPAN!

896455_o.jpg
被災家屋の修復 [2015年11月15日(Sun)]
石巻に主力工場のある合板大手のセイホク様から支援頂いた合板を使用し、仲間たちが老朽被災家屋の修復を行っています。
不便な避難所生活をしている高齢ひとり暮らしの方を住み慣れた家に早く戻してあげたいと熱く語る、災害VC-AMで、広島から常総支援に来られているKさん。その思いに賛同した、大工ボランティアのコバケン&テラセン住職&RED-GのJVにてあの状態の家がここまで修復したことは正に奇跡。
感動を頂きました。

555103_o.jpg

117982_o.jpg

57809_o.jpg
栃木から [2015年11月15日(Sun)]
台風18号のニュースを見ながら、迷うことなくまずは仲間たちの多くいる栃木県に向かおうと決めました。そんな栃木の仲間たちが、同じ境遇の常総を気遣い、栃木も漸く落ち着きを取り戻しつつあるとボランティアにやって来ました。やっぱりあの時、栃木を目指して良かったと改めて実感しながら....
底抜けに頼もしい最高の仲間たち(^^)

391198_o.jpg
監視カメラの設置 [2015年11月14日(Sat)]
被災し悲しみのどん底にいる被災者に対して、更に追い打ちをかける盗難被害。それでも頑張ろうと前を向いて歩もうとする被災者を少しでも後押しが出来たら....
いまだに後を絶たない被災地で多発する盗難の防止に、その道のプロ集団が動きました。
手際の良さは当たり前ながら(^^)

取り付けカメラ3台
3678429_o.jpg

作業前の安全のための指先確認
339912_o.jpg

手際よく作業が進んでゆきます
372149_n.jpg

88224_n.jpg

025878_o.jpg

003339_o.jpg

カメラ3台無事設置完了!
0402301_o.jpg

7445509_o.jpg

風組&仲間たち、お疲れ様でした〜
66096841_o.jpg
とりあえずの区切りとして [2015年11月04日(Wed)]
台風18号による被災地での救援活動は、これまでの災害同様、社会福祉協議会が設置する災害ボランティアセンターでは対応し難い特殊ニーズに対して、災害VC、地元NPO及び技術系ボランティア団体等と綿密に連携を図りながら、愛と勇気とユーモアをモットーに活動させていただきました。
栃木・茨城両県とも昨日を持って一旦の区切りとさせていただきましたが、技術的対応についてもまだまだ支援が必要なところが数多く残されているのも事実です。今後も折に触れ被災地に目をやりこれまで同様に関わってまいる所存にて、引き続き連携のほどよろしくお願い申し上げます。
《連携協力頂いた建築・重機系団体等》(順不同)
・風組本陣
・風組関東
・BRAチーム風
・テラセン
・縁の下のもぐら
・ヒューマンシールド神戸
・オープンジャパン
・災害NGO結
・SEEDS OF HOPE
・IDRO-JAPAN
・IVUSA☆OGOB
・バール三兄弟
・DRT★JAPANチーム
(三重、香川、広島、愛知、長野、岐阜、山形、宮城、新潟、静岡、群馬、栃木、茨城、埼玉、神奈川、東京、バンクーバーほか)
さあ、帰ろう! [2015年11月03日(Tue)]
活動終了後、水街道ベースにて頼りになる愉快な仲間達とワイワイガヤガヤ、あーだこーだと救援機材の整理整頓。
毎度のことながら、こんな仲間たちとならどんな災害も踏み越えられると思えてしまう秋の夕暮。
さあ、帰ろう!
25.jpg
フェンスと倉庫棚 [2015年11月03日(Tue)]
水害で倒れたフェンスと拠点倉庫の棚づくり

IMG_5906.JPG

IMG_5990.JPG

IMG_5995.JPG

IMG_5999.JPG

IMG_5997.JPG

IMG_6003.JPG

強度試験を無事終え完了!
IMG_6007.JPG
豚舎解体 [2015年11月02日(Mon)]
茨城は豚の生産量全国第三位。
ということで、旧家には必ずと言ってよいほどブーちゃん小屋があります。雨の中、水害で被災し危険な状態にあるブーちゃん小屋の解体パートUです。

IMG_5905.JPG

IMG_5967.JPG

IMG_5962.JPG
IVUSA台風18号救援第7次隊(二日目) [2015年11月01日(Sun)]
オープンジャパンベースにて朝のミーティング
IMG_5895.JPG

IVUSA第7次隊到着。快晴!
IMG_5900.JPG

ハウス内草取りチーム
IMG_5968.JPG

IMG_5971.JPG

ハウス後の整地は広島スギさん
IMG_5939.JPG

倒れフェンスと空調機復旧組
IMG_5941.JPG

室外機の復旧は丁寧かつ慎重に
IMG_5915.JPG

農機具組は農機具の救出
DSC_0647.JPG

コンバインも無事始動
DSC_0648.JPG