CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 牡鹿半島部 | Main | DRT2012宮城山元»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
砂と遺骨と [2014年01月27日(Mon)]
先日のIVUSA山元派遣メンバーと今後のミッションについて語り合った。これまで毎月山元町に学生ボランティアを派遣し、町の復興と今後のIVUSAの学生らしい活動との関わりをどのように行っていくかなどなど。

画像は津波によって壊滅的被害を受けた海に近い普門寺さんの墓地に盛られた砂と墓地の遺骨と小さな瓦礫が混ざり合った塚山。墳墓です。この普門寺(テラセン)に初期のころから関わったボランティアが願っていて未だに叶わないのが砂と小さな瓦礫と遺骨の分別。この塚の容積は10トンダンプで20台分ほどある。

あれから3年、吹き荒れる風によって塚も崩れ風化しているとご住職の言葉。分別は叶わないまでもしっかりとした墳墓として石を積み10年後も20年後もあり続けるものとしたい。
IVUSAなら出来る。いやIVUSA以外には出来ないミッションかもしれない。
まずは牡鹿半島の高台移転場所から出た石を頂き、山元に運び塚の石垣にしようと思う。同じ被災地同士がそんな形で繋がりあえるのも何かのご縁だと感じる。

1l1IMG_0431.jpg
踏切跡の景色 [2014年01月27日(Mon)]
福島県境の街、山元町を縦断していた動脈の常磐線の踏切があった場所です。これまでは何となく踏切と線路の後らしきものがありましたが、そんな面影も全く消え、普通の道路の一部になってしまいました。
社会における鉄道の意義は単なる移動手段のみではなく、特別な意味合いを持っているように思うのです。人気番組だったあまちゃんでも鉄道があり、それを取り巻く人間模様をテーマしたところもありました。石巻でも電車の走る風景は復興を強く感じさせてくれました。電車が走る日を待ち望む山元です。

fumikiri.jpg
山元遠征二日目 [2014年01月26日(Sun)]
のぶさんは重機を使っての一人で宅地庭の造成作業。思いは一人でも多くの住民が元の場所に戻ってコミュニティ再生への願い。

1w1IMG_0363.jpg

そして、山元遠征中のIVUSAと少し早目ですが、3年目の3月11に向けての追悼竹灯籠の準備を。
急斜面で荒れた竹林の間伐抜き切りは危険を伴いますが、IVUSAパワーで予定していた数を切ることが出来ました。お疲れ様でした。

1w1IMG_0399.jpg

1w1IMG_0400.jpg

1w1IMG_0406.jpg

1w1IMG_0417.jpg

1w1IMG_0407.jpg

1w1IMG_0422.jpg

今年初の山元遠征 [2014年01月25日(Sat)]
今日と明日は福島県境の街、山元町での活動。
昨年からお願いされていた、ビニールハウス固定のための杭を設置する掘削。

1P1030162.jpg

aIMG_0304.jpg

aP1030145.jpg

そのハウス横には畑を作る予定もあり、石と土の分別作業のお手伝いなどなど。

aIMG_0346.jpg

そして、今日はみんなの図書館広場のビニールハウスコミュニティで似顔絵師の皆さんが来てくれてのイベント。子どもから年配に方まで本当に喜んでおられました。
毎回思うことですが参加者を笑顔いっぱいりに包んでくれる、素晴らしいボランティア活動と改めて感じました。

aIMG_0329.jpg

aIMG_0328.jpg
山元遠征U [2013年12月22日(Sun)]
今日の作業は昨日から継続の街中ベンチ作りと除夜の鐘の櫓の修復、瓦礫の取り除き作業などなど。今日も帰還時間ギリギリまで頑張っていただきました。
来年も共に復興に汗を流そうね!
ありがとう!IVUSAの若者たち!

1a1IMG_9012.jpg

1a1IMG_9015.jpg

1a1IMG_9036.jpg

1a1IMG_9027.jpg

1a1IMG_9033.jpg

1a1IMG_9077.jpg

1a1IMG_9076.jpg
山元遠征 [2013年12月21日(Sat)]
学生ボランティア「IVUSA」のサポートで山元遠征(テラセン支援)。
被災した街の中に散策コースをつくり、様々な絵やモニュメントを設置し、そのコースを訪ねてくれた方々が休息できるようベンチを設置する計画です。
この木の全てが塩害で伐採されたイグネ(屋敷林)です。本来は瓦礫として焼却される運命にあったイグネも立派に復興の一助として永遠に山元町にあり続けます。

aIMG_8982.jpg

aIMG_8977.jpg

aIMG_8970.jpg

aIMG_8983.jpg

aIMG_8988.jpg

aIMG_8973.jpg

aIMG_8997.jpg
山元遠征 [2013年12月01日(Sun)]
山元町遠征大人?組のDRT-JAPANチームは、電気ケーブル埋設のプロ電設工事。山元で共に活動するADRAさんの足湯活動なども行われている、みんなのとしょかん広場のハウスに電気が通りました。関東風組、甲斐の国からお疲れ様でした。

少しずつではありますが、多くの人の手によって一歩そしてまた一歩、街がコミュニティが出来ています。

aaIMG_8313.jpg

aaIMG_8326.jpg

aaIMG_8297.jpg

aaIMG_8290.jpg

aaIMG_8345.jpg

aaP1030822.jpg

aaIMG_8358.jpg
就労支援車両 [2013年10月21日(Mon)]
障がい者の就労支援のために助成させていただいた、石窯ピザの移動販売車。その特殊車両の贈呈式を、宮城県山元町の仮設住宅にて行われました。
昨日の雨も嘘のような秋晴れの天気。参列者も美味しいピザに舌鼓の一日でした。

このお披露目式をあえて仮設住宅でやっていただいたことに法人の理事長さんの人柄と復興への思いが伝わってきました。これからも頑張ってください!

1qqIMG_6768.jpg

1qqIMG_6757.jpg

1qqIMG_6754.jpg

1qqIMG_6764.jpg

1qqIMG_6760.jpg

大好評の石窯ピザでした。
1qqIMG_6773.jpg



山元遠征U [2013年10月06日(Sun)]
山元町の津波による塩害イグネの伐採活動。
IVUSAのチェーンソー講習を兼ね、小径木はIVUSA学生チーム、大径木はDRT&テラセンチーム(るるる)で行いました。
そしてIVUSA学生チームは任務を終え、元気と笑顔を被災地に残し東京へ無事出発!
皆さま、お疲れ様でした!

DRT−JAPAN facebookサイト
https://www.facebook.com/drtjapan

11IMG_6521.jpg

11IMG_6543.jpg

11IMG_6530.jpg

11aIMG_6559.jpg

12IMG_6526.jpg

11IMG_6531.jpg

11IMG_6562.jpg
山元遠征 [2013年10月05日(Sat)]
仲間の応援で福島県境の山元町へ。同じく助っ人に来ていたIVUSAの学生達と一緒に磯浜の漁師さんたちが使う大型テントの設営。小雨降る中無事完成しました。
まだまだ走り続けている山元町のテラセンの仲間達です。

福島県境の山元漁協は県内で最も原発の影響を受けています。しかし宮城の漁師は東電からの保障はありません。海にラインは引けないのに・・・・・
それでも漁師はここで生きていくしかないと、海と共に生きる道を探しながら少しずつ歩んでいます。

111aaP1040521.jpg

111aP1040539.jpg

111aaDSCF2696.jpg

111aaIMG_6491.jpg

111aaP1040551.jpg

111aaIMG_6517.jpg

aaIMG_6504.jpg