CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 大川地区 | Main | 亘理・山元地区»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
打ち合わせに [2015年02月08日(Sun)]
新潟県小千谷市の皆様が津波被災地の視察に来られることになり、浜の仮設住宅に打ち合わせにお邪魔しました。
その仮設住宅の皆様が暮らすようになる高台移転場所が漸く完成し初めて見学してきました。しかしライフラインはこれから。あれからもう4年です。

IMG_3975.JPG

IMG_3976.JPG

IMG_3978.JPG
Posted by coco at 21:54 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
高台移転はしたけれど [2015年01月07日(Wed)]
引っ越したはいいけれど、周辺の木が気になるとお話を受け見てきました。かなり危険です。

高台移転地は行政が山を買い上げ、移転戸数に見合った土地を造成している。その買い上げ場所がスギ林などの人工林だった場合、その山が整備されていないと、造成されたことにより樹木への風の影響が大きく変化して倒木の原因になる。
倒れた木は当然家屋まで達するほどの丈があり心配です。
もしも木が倒れて家屋を損壊した場合、山主の責任?造成した行政の責任?
大きな問題を含んでいる高台移転です。
行政は宅地を倒木から守るためにワイヤーを張り巡らすなどの措置が必要と考えます。

aIMG_2830.jpg

aIMG_2831.jpg

IMG_2833.JPG

aIMG_2827.jpg

継続して支援をさせていただいている神社のどんと祭り。出店も復活し夜まで大賑わいでした。でも風が強かったのでお焚きあげは延期となりました。
aIMG_2826.jpg

aIMG_2833.jpg
Posted by coco at 23:03 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
森へ [2014年10月15日(Wed)]
風害等で倒れたスギを神社再生のため、浜の漁師さんから頂戴いたしました。久しぶりのちょっとだけの山仕事だけでしたが、無事に成し終えたことに感謝。

aIMG_6863.jpg

aIMG_6909.jpg

aaIMG_6866.jpg

aIMG_6914.jpg

aIMG_6918.jpg

aIMG_6919.jpg

aIMG_6873.jpg

aaaIMG_6882.jpg

aIMG_6880.jpg

aIMG_6885.jpg

aIMG_6900.jpg
Posted by coco at 23:43 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
牡蠣の出荷 [2014年10月07日(Tue)]
牡蠣の出荷が始まりどの浜も活気に溢れていました。初値もまあまあのスタートです。

aPA070075.jpg

aPA070074.jpg

aPA070080.jpg
Posted by coco at 21:33 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
浜の夏祭り [2014年08月13日(Wed)]
午前中は、鳥居さんの笠石を丸太コロで転がした跡を消すため、整地に行ってきました。
2.jpg

午後は牡鹿半島の鹿立浜での夏祭りへ。過ごしやすい最高の天気!
IMG_4825.JPG

3.jpg

CIMG0570.JPG

4.jpg

浜の若漁師たちが企画した海から上がる花火を満面の笑顔と歓喜の声あげながら眺める、この浜をつくってきた大大大先輩たち。
あの日からの3年5カ月、その様々日々を思いながら見ていたのだろう!
老若男女、笑顔が絶えない浜の夏祭りでした。
1.jpg
Posted by coco at 23:59 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
浜の祭り [2014年07月30日(Wed)]
来月に予定されている浜の夏祭り。
ことしは子ども達に人気の〇〇〇を持ち込みお邪魔させていただきます。
楽しみです!
Posted by coco at 21:17 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
三熊野神社の鐘楼 [2014年06月27日(Fri)]
実は訳あって内緒で見に行ったのですが、参道を下ってきた時に偶然棟梁に見つかってしまい、また一緒に見ようと再び参道を。棟梁は腰をかなり痛めているようで、腰を押えながらゆっくりとゆっくりと遅れて石段を登ってきました。
そして、鐘楼の各所の拘りを詳しく説明してくれました。突いた鐘の音が四方八方に響く工夫、材料のひとつひとつが吟味し作られていることを改めて思う。願いを込めて鐘を七つ突けと言ってくれました。ゆっくりとゆっくりと突きました。海に響き渡るいい音色でした。

そんな棟梁との出会いは2011年4月。レンタル会社にも重機が少なく、漸く手に入れた重機で、とある牡鹿の浜で暗くなるまで活動していた時、見ず知らずの二人の男がやってきてその重機を貸してくれないか?明日の朝まで必ず返すからと。
雨が降る寒い夕暮れ、二人は隣の浜まで重機を自走し、夜通しで重機作業をしていたようです。勿論翌朝には約束通りに重機は指定した場所に置いてありました。

その男のひとりがこの鐘楼を建てた棟梁です。そんなことがあったことなど自分自身は忘れていたのですが、しばらくしてから棟梁と再会し、その話を聞かされました。彼はそのことをずっと恩に感じ、会うたびにそのことばかりを話します。「あん時は隣の浜まで本当に寒く長い道だったけど重機が借りれて本当に嬉しかった。集落の生活道路を開けることができた」って。

そして、俺が鐘楼を見に来たことを本当に喜んでくれた。俺も嬉しかった。
九分九厘までできた鐘楼。おめでとう棟梁!

IMG_6811.JPG

12.jpg
Posted by coco at 01:24 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
助っ人二日目 [2014年05月26日(Mon)]
JENさんとのコラボ二日目。
雨の予報も見事に外れ、お得に終日活動できました。今日は朝から前日習得された手順で作業もどんどん進められ、予定通りの活動を無事終えることが出来ました。
さらにお得は、フェンス修復のお礼にと、生徒たちによる獅子風流をご披露いただきました。
商社の社会貢献チームのみなさんも本当に大喜びでした。
二日間お疲れ様でした。

1.jpg

2.jpg

aIMG_5266.jpg

3.jpg

aIMG_5260.jpg

aIMG_5305.jpg

4.jpg
Posted by coco at 20:22 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
助っ人です [2014年05月25日(Sun)]
今日はJENさんの助っ人で津波で倒れた中学校のフェンス修復。とても器用なメンバー揃いの、商社の社会貢献チームの皆さんでした。
お疲れ様でした。 明日も宜しくお願いします。

image.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

image.jpg
Posted by coco at 21:31 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
高台移転地の工事進捗 [2014年05月22日(Thu)]
今日も雨天のため、連携団体との打ち合わせ会議ののち、高台移転場所の工事進捗を見て回る。初期の調査から三年が経過し、高台移転戸数が大きく変化している。まだまだ長い道のり。

その帰り道にはまぐり堂にて用材のための新たな伐採の打ち合わせ。黒ヒツジが正に黒ヤギにされていた(笑)

aIMG_5076.jpg


Posted by coco at 20:27 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
| 次へ