CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 友人・災害V仲間 | Main | DRT2011石巻・牡鹿»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
3.11の証しがまたひとつ [2015年11月11日(Wed)]
あれからちょうど4年8カ月。
あの閖上中学校の解体が始まりました。またひとつ記憶の拠り所が消えてゆく.....
11 (2).jpg
Posted by coco at 09:35 | 東日本大震災 | この記事のURL
千年後の命 [2015年11月10日(Tue)]
子どもたちが未来に伝えたい声をしっかりと聞いて下さい
千年後の命を守るために
ここは津波が到着した地点です
もし大きな地震が起きたら
この石碑より上へ逃げてください
逃げない人がいても ここまで
無理矢理にでも連れ出してください
家に戻ろうとしている人がいれば
絶対に引き止めてください
11.jpg
Posted by coco at 22:33 | 東日本大震災 | この記事のURL
北へ [2015年11月09日(Mon)]
中国人ジャーナリストのアテンドで東日本大震災被災地へ
23.jpg
Posted by coco at 22:57 | 東日本大震災 | この記事のURL
足湯ガイドブック完成披露会 [2015年09月02日(Wed)]
足湯のつぶやきガイドブック
完成披露会のご案内

震災がつなぐ全国ネットワークは、日本財団ROADプロジェクトの一環として、2013年3月までに延べ2,000人の足湯ボランティアを東日本大震災の被災地に派遣し、延べ16,000人の被災者に寄り添い、足湯という空間と時間を共有しながら聴かれた被災者の生の声を「つぶやき」として専用のカードに書きとめ、研究者らの協力を得て分析を行いました。
分析を進める中、声の内容に応える必要性を強く感じ、専門職との連携により問題点への解決につながるのではないかという考えから、医師・看護師・臨床心理士・宗教家らと関わる中、ボランティアも専門職もともに活用できるガイドブックの作成に至りました。
足湯を通じて顕在化した被災者の声を、必要に応じて専門職につなぐことができるように、考えられています。
未だ足湯をご存じない専門職や被災地支援を行っている方々にも知っていただき、その後の支援につなげられるきっかけとなれば幸いです。

■日時:2015年9月24日(木)18:30-20:30
■会場:日本財団ビル1階バウルーム(東京都港区赤坂1-2-2)

■内容(予定)
1.ROADプロジェクトと足湯ボランティア
 →震災がつなぐ全国ネットワーク
2.つぶやき分析からガイドブックの作成へ
 →清水亮氏:東京大学被災地支援ネットワーク
3.ガイドブックの活用と今後への期待
 →似田貝香門氏:東京大学被災地支援ネットワーク

■定員:80人(以下は主な対象者)
1.被災者支援活動に関心のある、専門職(医師・看護師・保健師・臨床心理士など)
2.被災者支援活動の経験を有するNPO・ボランティア組織
3.足湯ボランティア経験者
4.被災地支援活動に関心のある方

■参加費:無料
会場(定員)の都合上、Webサイトより事前申し込みをお願いします。
※申込みフォーム:
http://goo.gl/forms/T61hiGjKGP
■問合せ:震災がつなぐ全国ネットワーク事務局(担当:松山)
Tel.052−253−7550
E-mail:info@rsy-nagoya.com

ガイドブック完成披露会_チラシ[1].pdf

al2.jpg
Posted by coco at 15:53 | 東日本大震災 | この記事のURL
被災地へ [2015年07月02日(Thu)]
福島県沿海部を南下。時が止まったままの街。
切な過ぎる景色が続く.....

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg
Posted by coco at 17:29 | 東日本大震災 | この記事のURL
久しぶりの被災地 [2015年06月01日(Mon)]
(メモ)
5月30日(土曜日)から6月1日(月曜日)まで

駅レンタカーにて
30日、河北IC→植林の浜→番屋→オープンジャパン
IMG_4939.JPG

IMG_4938.JPG

IMG_1441.JPG

IMG_1443.JPG

31日、神社飛地→こどもの遊び場→レラ総会→大街道→日和山

IMG_1452.JPG

IMG_1447.JPG

IMG_1456.JPG

01日、小学校お地蔵様→浜神社→オープンジャパン→宮戸の森
IMG_1470.JPG

IMG_1472.JPG
Posted by coco at 22:02 | 東日本大震災 | この記事のURL
ありがとう! [2015年03月31日(Tue)]
レノンちゃん、ありがとうね!

2011年、同じ被災地にて別々のNGOとして活動をし、その後、縁あって2012 年秋から日本財団学生ボランティアセンターが派遣するガクボ隊の引率担当として協力いただき、更に、2014年4月からの一年間、被災地の専従スタッフとして共に活動してきました。自らも重機やチェーンソー資格を取得し、熱心に技術習得に努め、多くの被災地でその腕を発揮していただきました。
自分にはない持ち前の明るくひょうきんなキャラクターにて、多くの被災地を笑顔にしてくれた、レノンちゃん。
今日3月31日をもちまして私たちの任務は無事終了し、それぞれが新しい道を歩むことになります。
レノンちゃん、長い間、本当にご苦労さまでした。
そしてありがとうございました。
11082611.jpg

IMG_6866aa.jpg

IMG_6295.JPG

IMG_6250.JPG

IMG_5010.JPG

IMG_4915.JPG

IMG_4675.JPG

IMG_0352.JPG

aaIMG_4332.jpg

aaaIMG_5762.jpg
Posted by coco at 20:50 | 東日本大震災 | この記事のURL
車両返却へ [2015年03月27日(Fri)]
本当に久しぶりの都心部走行。
財団本部へ車両返却へ・・・。とりあえず3.11からの最後のお努めか・・・

IMG_1162.JPG
Posted by coco at 20:36 | 東日本大震災 | この記事のURL
最後の東北道 [2015年03月26日(Thu)]
石巻を朝に出発し、三陸道から東北道をのんびりと走行し、それぞれの自宅まで。

tohokudo.jpg
Posted by coco at 22:42 | 東日本大震災 | この記事のURL
Go home! [2015年03月25日(Wed)]
自分にとってはこの4年間も長い旅の途中の出来事?のようにも思えるし・・・・
明日朝、とりあえずGo home?
数えきれないほどのNGO・NPO・ボランティア団体・公益団体の方々、そしていつも暖かく笑顔で迎えてくれた、それぞれの被災地の地元の皆様、本当にお世話になりました。そして被災現場の活動を東京から支えてくれた仲間たち。そしてそして何より、4年間の活動を支えてくれた最高のパートナーたち。
一言では語りつくせぬ日々の4年間。どのシーンも思い出すだけで脳みそがオーバーヒートしそうです。被災地で共に汗を流した多くの仲間たちに感謝申し上げます。
また、帰ってきますのでサヨナラはなしで〜!

Special Thanks2a.jpg
Posted by coco at 20:08 | 東日本大震災 | この記事のURL