CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ロープワーク | Main | 東日本大震災»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
JUSTICE [2010年11月29日(Mon)]
1月の誕生日には自宅のある横浜に帰るので、幼なじみからの、超超前倒しの誕生祝い??を頂きました。
山仕事の疲れを癒せ!とひとつひとつがこだわりのものばかり。友情とかそんな言葉ではあらわせきれない奴。
沢山の友や仲間に支えられながら今を生かされていることに感謝!

ハリマオ=JUSTICE=災害ボランティア?


仲間がインドネシアへ [2010年11月26日(Fri)]


災害ボランティア仲間、ヒューマンシールド神戸の助さん(長野)&コーゼンさん(埼玉)が、台風や地震・津波など自然災害で大きな被害があったインドネシアに出発。
健闘を祈る!
http://chikyunikki.spaces.live.com/
おめでとうございます! [2010年11月15日(Mon)]

北海道の災害ボランティア仲間「HOP」の桃ちゃんがご結婚されました。お幸せに〓

DRT2007が行われた旧山古志村にて




中越沖地震にも駆けつけてくれ、一緒に活動。柏崎にて突然腰を痛め本当に助けられました。





仮設住宅では足湯活動



中越地震被災地、旧山古志村での復興支援活動


DRT2008南蔵王にも、♪苫小牧発〜仙台行きフェリーで来白


経済破綻した夕張の支援活動では、いつも札幌から駆けつけてくれサポートしてくれました。



酒逢知己千杯少 [2010年11月14日(Sun)]
「酒逢知己千杯少」。お互いを知る友との時間は千杯の酒を酌み交わしても、それでもまだまだ足りなすぎる。そんな意味を表現した中国の句。

昨夜、30数年ぶりの友との再会。俺が帰郷したことを知り、わざわざ訪ねてきてくれた。山仕事を終えてから、互いに千杯の酒を酌み交わすことはなかったが、同級生がやっているお店にて、正に「語りつくせぬ青春の日々・・・・」。
そして、今日の仙台での防災系NPOの会議を終え、その昨夜の続きではないが、友の家に向かう。そしてまた、小・中・高の時代、社会人になってからのことなどなど50半ばを過ぎたオヤジ同士が、他愛ない話に時が経つのも忘れ互いに子ども時代にもどり、泣き笑い。

彼とは小学校から野山を駆けずり回り、そして高校では山岳競技でインターハイ県代表校として一緒に遠く三重県まで行った仲。我侭な俺をいつも受け止めてくれた寛容で優しい奴だった。それは今も全く変わっていなかった。やっぱりいい奴。
昨夜、0時過ぎに家に帰ってからも俺のこのブログをずっとめくってめくって朝になったらしい。今も昔も変わらぬ奴(涙)

再会を約束し家路につく。

友の家に向かう途中、杜の都仙台は紅葉真っ盛り


家族と離れ、年老いた母との田舎での暮らしも、竹馬の友の変わらぬ友誼に恵まれ生かされています(感謝)
異国へ旅立つ君へ [2010年11月06日(Sat)]


彼女が社会人になった年、2004年は日本各地で災害が多かった年でした。そのこともあり、災害派遣チームの後方支援や一緒に被災地に立つことも多くありました。

歩きやすい道といばらの道、どちらの道を選ぶかは人それぞれだろうが、敢えて困難な道を選んだあなたにエールを送りたい。

新たに立ち上げられた、インドにおけるハンセン病ミッションを成功させるために彼女はインド行きを志願し今月末出発する。2年になるか?3年になるか?1年で終えるか?ハンセン病の問題はどの国でも根深く、それだけにやりがいのある仕事でしょう。

信ずるままに行動すれば必ずミッションは成功します!お身体にはくれぐれもお気をつけて。一段と成長した貴女との再会を楽しみにしています。

いつも笑顔で仲間を和ませてくれた思い出の日々























《贈る言葉です》
It is not how much we do,
but how much love we put in the doing.
It is not how much we give,
but how much love we put in the giving.
                
Mother Teresa

大切なのは、私たちがどれだけの行動をするのではなく、そのことに、どれだけ愛を注いでいるかです。大切なことは・・・・
マザーテレサ

《おまけ》
蔵王にも遊びに来てくれました。トナカイの真似???
是非スケッチブックもインド行きのラゲージの中に!


異国へ旅発つ友へ乾杯乾杯

元気でご活躍を! [2010年10月15日(Fri)]
昨夕、第二次菅内閣で国土交通省の政務官になられた市村浩一郎議員に、久しぶりにお会いする機会を頂戴しました。当日も首都圏での大規模災害時に、海からの救援活動の検討のために川崎港を視察された後とのことで、そのことについてもお話を伺うことができました。

また、議員の選挙区で起きた先の尼崎列車事故では、現場にずっと詰めておられたとのことで、その事故現場での体験を話してくださいました。改めて人の命というものを考えさせられる心痛む大切なお話でした。

このような国家の重要な立場になられても、15年前の阪神大震災の復興期に初めてお会いした時と全く変わらぬ、常に市民の目線に立たれている市村議員でした。

3名の政務官の中で、海・空・災害などを担当されるとのことで、激務続く中、これからもお身体に気をつけてご活躍ください。


首都圏の大規模災害時に海からの救援ルートのひとつとなる川崎港

キラキラ市村浩一郎議員のHPです
http://www.javjav.com/
ビッグくん [2010年08月18日(Wed)]
小千谷の風組さんのビッグくんの体調がすぐれなく手術?のようです。今年の猛暑のせいでしょうか。早く良くなってください。

お幸せに! [2010年07月31日(Sat)]

かつての職場でチームメイトだったS.T.さんが今日結婚されました。笑顔の絶えない幸せな家庭を築いてください。
おめでとうございます!




いつまでも家族の「絆」を大切に!

夢を叶えて [2010年06月13日(Sun)]

懐かしい友達から久しぶりに届いたメール。それはツアーのスケジュール。彼女はキャンプが好きでアウトドア仲間達と一緒に湖にいったり、カヌーで川をくだったり普通のOLでしたが、夢を叶えたいと努力に努力を重ね、その夢を掴み取った尊敬できる素晴らしい方です。
郁ちゃん、相変わらず頑張っているね(拍手)
応援に行けないのが残念です(ペコリ)




愛車は碧のワーゲンバナゴン。
一緒にカラオケに行った時には、個性ある愛くるしい声で、平松愛理さんの「部屋とYシャツと私」を歌っていただくのが好きでした・・・・
中国語アナウンス [2010年05月26日(Wed)]
久しぶりの東京駅。そこで驚いたのは駅の案内放送。英語に加えて中国語でもアナウンスがされていたこと。その響きは中国の空港にでもいる錯覚さえ感じるほど長く詳しく流れていた。それだけ中国からの旅行者が増えていることの証なのか。
今後さらに中国とのビザの条件緩和が予定されており、ますますチャイナマネーに日本経済が支えられる形になっていくのでしょうか。恐ろしや!

こちらはその東京駅にて久々の再会にはしゃいでいる、”国境なき”足湯隊士&足軽鉄砲隊士たち


中越地震で崩壊した、戊辰戦争の激戦地、「小千谷市朝日山」の復興支援(2006年)にて。