CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 田舎の暮らし | Main | 旅のこと»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
水六訓 [2009年02月25日(Wed)]
好きな言葉なので時々アップしたりして皆さんに読んで頂いています。


【水六訓】

・あらゆる生物に生命力を与えるは水なり。 
・常に自己の進路を求めてやまざるは水なり。 
・如何なる障害をも克服する勇猛心と、よく方円の器に従う和合性とを兼ね備えるは水なり。
・自から清く他の汚れを洗い清濁併せ容るの糧あるは水なり。 
・動力となり光となり、生産と生活に無限の奉仕を行い何等報いを求めざるは水なり。 
・大洋を充し、発しては蒸気となり、雲となり、雨となり、雪と変じ、霰と化してもその性を失わざるは水なり。

笹川良一翁のことば
Posted by coco at 10:09 | 山と川と湖と | この記事のURL
雪のフィッシングパーク [2009年01月15日(Thu)]
昨日と一遍して今日は雪空。
地元青年会議所(JC)のOBでもあるS先輩の経営する蔵王山麓のフィッシングパークにお邪魔し、現在進めている現役JCとの防災に関する講演会(勉強会)などについて、先輩には何かと応援していただいており、その進捗状況を兼ねお邪魔してきました。こんな雪の天気でも釣り人(お客さん)が遠く福島などからも来ておられました。


1月17日、あの阪神・淡路大震災から14年。今年も追悼のための様々なイベントが阪神地区で予定されています。
Posted by coco at 20:31 | 山と川と湖と | この記事のURL
白鳥も喜ばざる客に [2008年12月11日(Thu)]
蔵王を源流として南東北の大河阿武隈川と合流する白石川にも冬になると白鳥がやってくる。その白鳥を見守ってきた白石川白鳥愛護会は1972年に結成され、長年に亘りずっと餌付けを行ってきた。このあたりの白石川は東北本線に沿って流れ、車窓からも白鳥を眺めることができる。

しかし、今年からは鳥インフルエンザ対策で白鳥への餌付けが自粛されている。蔵王周辺のこのあたりは養鶏農家も多く、鶏卵の生産は町の基幹産業でもあるため、その配慮もあったらしい。

冬の風物詩で人々の心を和ませていた白鳥の優雅な姿も、怖い病気を運ぶ鳥となっては致し方ないのであろうが、とても残念なことでならない。

白鳥も野生の生き物なので特に餌を与えなくとも何とか生きていくのだろうが・・・・



Posted by coco at 20:41 | 山と川と湖と | この記事のURL
忘れずの山 [2008年12月08日(Mon)]
今日の街から見た蔵王連峰。冬晴れの一日。


真ん中に見えるのが、我が郷土のシンボル白石城。福島の会津藩を救済するために薩摩長州とと戦わざるを得なかった戊辰戦争。その切っ掛けとなった奥羽越列藩同盟が結ばれた城として、歴史家の間ではそれなりに有名なお城です。今年は列藩同盟からちょうど140年。それを記念していくつかのイベントが開催されました。

少し気晴らしに、蔵王周辺をドライブしてきました。画像は蔵王連峰の最南端「不忘岳」を参勤交代で有名な宿場町「七ヶ宿」側から見た景色。蔵王を眺める好きな場所です。

蔵王山麓を走りながら、蔵王も栗駒のようになったらどんなに悲しいだろうな、などと思いながらのんびりと車を走らせていました。蔵王周辺も栗駒耕英同様に入植開拓農家の多い場所。自然との闘いを繰り返し、そして今がある開拓の歴史。
Posted by coco at 23:59 | 山と川と湖と | この記事のURL
蜂に注意して [2008年09月21日(Sun)]
自分の通った高校は蔵王連峰が近いこともあり、山岳部が結構強かった。登山が強かったという表現は一般にはわかりにくいが実はインターハイにも国体にも山岳競技というのがあって、いわゆるそれが強かった。
一つ上には体力の塊のような先輩が何人もいた。そんな先輩の一人のFさんは地元に残り、自然の中で仕事がしたいと始めたのが「東北フィッシングパーク・レインボー」という名称のフライとルアー専門の管理釣り場。蔵王から流れ込む清流垂清沢を利用した静かな山ふところにあります。
いつもお邪魔している「南蔵王協働学舎」からも近いこともあり、何度かお邪魔している。F先輩は将来この地を都会で疲れた人たちの癒しの空間にしたいと話してくれました。
この施設は自分で重機を動かしほとんど一人で造ったといいます。そんなF先輩から今度丸太ベンチを作るという話があり、早速手伝いをさせていただくことになりました。来週は山古志梶金以来、久しぶりに鉄砲(チェーンソー)担いで山に入ります。
頭のてっぺんを蜂の野郎に刺されないように気をつけます!

いつでも乗っていいよといってくれたF先輩の重機です。風組さんのように横文字メーカーではありませんが、これから時々乗させていただきます。

上の画像は夕暮れの蔵王連峰。もうじき紅葉に染まる我が故郷の霊峰です。

※今日のに「ほんブログ村・田舎暮らし」ランキング、昨日の35位から25位にまたランクアップ!
Posted by coco at 19:43 | 山と川と湖と | この記事のURL