CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 災害関連(情報・一般他) | Main | 講演会・講習会»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
お疲れ様でした! [2009年11月28日(Sat)]
本日行われた名取川上流部の放置された流木の処理活動は無事終了いたしました。ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。

準備から当日の運営まで走り回っていただいた、実行委員会のNPO法人ドリームゲートさん、MDRC(NPO法人みやぎ災害救援ボランティアセンター)さん、本当にお疲れ様でした。


流木は玉切りされ川の中洲から搬出





撤去作業に併せてロープワーク講習も実施

栃木から与一隊長も助っ人に駆けつけて頂きありがとうございました。コガル君しばらくお借りします。

お疲れ様でした!

※今回の活動について、機材の購入費及び消耗品・燃料代等はMDRCさんからご提供いただきました。この場を借りてお礼申し上げます。
Posted by coco at 22:42 | 流木処理活動 | この記事のURL
台付けの作り方 [2009年11月20日(Fri)]
ロープ製の「台付け」の作り方(編み方)について

作りたい長さの台付け分のロープを用意します。強度的にも太さは12ミリ程度が使い易いです。



編みこむ分を3本にバラバラにする。



端の部分などはテープなどで解れないように止めると編みこみ易くなります。



蛇口(へびぐち)の大きさを決め、最初の一段目をバラにしたロープを1本ずつ、解いていないロープに編みこみ方向とは逆に差し込んでゆきます。因みにワイヤーの場合には同方向に編みこんでゆきます。




その作業を繰り返します。



5回ぐらい編みこむと、強度的にも抜けることはありません



編み込んだロープの部分を切って完了。これを両側に作れば台付けの完成

拍手



この技は、台付け以外でも覚えておくと何かと便利です。

次回の流木処理活動ではこの作り方も練習しましょう。

◆ワイヤー製台付けの作り方サイト
http://yamasigotonikki.web.fc2.com/page009.html
Posted by coco at 07:24 | 流木処理活動 | この記事のURL
牽引作業(台付け)【1】 [2009年11月19日(Thu)]
水害時の流木処理や地震による被害家屋の牽引などについて、巻き上げのための機材の説明をしましたが、その作業に欠かせないものが「台付け」と言われる道具です。



台付けは、下記の画像のように、金属製ワイヤーやナイロン製のスリングが一般的ですが、ロープを使って簡易的なモノは簡単に作る(編む)ことができます。



ロープを使って作った台付け。輪になった部分を「アイ」または「蛇口(へびぐち)」と言います。




牽引機材とロープ・ワイヤーなどをつなぐ場合は「シャックル」などを使います。

Posted by coco at 20:36 | 流木処理活動 | この記事のURL
流木処理活動【5】(牽引作業) [2009年11月15日(Sun)]
水害被災地での流木もかなり太くなると、様々なテンションが掛かりチェーンソーなどで切断するにもかなりの危険が伴います。そんなときそのテンションを少なくするために、重機などがない場合には、重量物の牽引技術が必要になってきます。

そんな作業には、チェーン式のレバーブロックやワイヤー式レバーウインチなどが役に立ちます。こんな小型サイズでも1〜2トン程度の牽引力を発揮してくれます。ワイヤー式はホームセンターなどで比較的安価で購入できます。またこのような機材は地震災害では傾斜した家屋やブロック塀の二次災害防止などにも活躍してくれます。

水害被災地の画像です。災害現場での現実は常に想定外です。







地震被災地での活用。ブロック起しや


傾斜家屋等の筋交いなどにも
Posted by coco at 08:33 | 流木処理活動 | この記事のURL
流木処理活動【4】(会場地図) [2009年11月14日(Sat)]
流木処理活動(災害時のチェーンソー操作及び重量物の牽引等の講習)の会場です。
◇住所:宮城県仙台市太白区茂庭字合ノ沢南47

なお、今回の活動は「宮城県仙台土木事務所」のご理解・ご協力のもとに実施することができました。この場を借りて御礼申し上げます。

※地図画像をクリックすると拡大します
【地図1】

【地図2】

【地図3】

【地図4】
Posted by coco at 17:00 | 流木処理活動 | この記事のURL
流木処理活動【3】(実施要綱) [2009年11月13日(Fri)]
キラキラ水害時の減災を目的とした
流木処理ボランティア活動のお知らせ
キラキラ


動力機材を使用した流木処理活動−2009

〜チェーンソーなどの動力機材を使った
河川における放置流木処理活動〜

◆事業趣旨:
台風や集中豪雨における河川の氾濫や決壊は大規模地震に匹敵するほどの被害を及ぼしています。特に近年、台風は大型化し、時間あたり50mmを超える雨量は珍しいことではなくなり、各地に大きな爪あとを残しています。本年山口県防府市や兵庫県佐用町を襲った豪雨水害は記憶に新しいところです。
豪雨に被害を大きくする要因の一つに河川内に流れ着き、放置された流木があります。この流木は豪雨時に橋げたに掛かり落橋の原因になったり、氾濫した川から流れ出て田畑に壊滅的な打撃を与えてしまいます。
本事業は、そのことの打開策の一環として、市民自らが中心となって、河川に放置された流木類をチェーンソーなどの動力機材を活用し、撤去し、水害時における被害を少しでも減らすための減災を目的として実施いたします。
なお、本活動の継続性と広がりを考慮し、本事業の機会を捉え、チェーンソーなどの動力機材を操作できる災害ボランティアの養成講習を併せて実施するものです。

◆日 時:2009年11月28日(土)
      11:00〜16:00 
      ※雨天・増水時は延期とします
      ※見学自由(ただしご連絡を)

◆開催場所:県道62号証交差点近くの河原

◆募集定員:約15名(見学者を除く)

◆主 催:動力機材による流木処理ボランティア活動2009実行委員会

◆共 催:NPO法人ドリームゲート
      NPO法人みやぎ災害救援ボランティアセンター(MDRC)

◆協 力:日本財団(資機材協力)     
      ハスクバーナ・ゼノア株式会社(資機材協力)
      技術系災害ボランティアネットワーク(技術協力)

◆講 師:みやぎ災害救援ボランティアセンター(MDRC)

問合せ先(実行委員会事務局):
特定非営利活動法人ドリーム・ゲート
担 当:藤本
〒981-1232 宮城県名取市大手町2丁目1−3 ひまわりビル101
TEL :022−399−8374
FAX :022−399−8397

E-Mail :u6676ws659t@asahi-net.or.jp
URL:http://blog.canpan.info/dreamgate/

◆参加料:無料

◆その他:
@現地集合、現地解散
A服装は、本講習会に相応しい格好で(ヘルメット・防塵ゴーグル・皮手袋・靴はできれば安全靴で・防塵マスク)※ヘルメット、防塵ゴーグル、チェーンソー防護用チャップスの貸し出し可
Bボランティア保険・傷害保険等は各自にてお願いします。
Cその他の食料等は各自で

※その他ご不明の点は担当まで!

既に災害ボランティアの経験のある方の技術向上、或いは未だ被災地でのボランティアの経験のない方など、どなたでも参加できます。


Posted by coco at 21:40 | 流木処理活動 | この記事のURL
流木処理活動【2】 [2009年11月12日(Thu)]
災害ボランティア仲間から流木処理のボランティア活動の準備も順調との連絡が入る。川は公のもの。一番心配していたのは河川事務所とのやり取りと川から撤去した流木の処分方法。奔走してくれている仲間の報告によると河川事務所もかなり協力的なようだ。

久しぶりに鉄砲(チェーンソー)隊の出番です。



過去の水害での流木被害画像です



※詳細は間もなくご案内できると思います。
Posted by coco at 23:16 | 流木処理活動 | この記事のURL
流木処理活動【1】 [2009年11月09日(Mon)]
増水時に田畑に流れ込んだり、家屋を破壊したり、また橋げたなどに掛かり被害を大きくする流木。そんな厄介モノの処理をチェーンソー講習会を兼ねて、中越地震04救援隊メンバーのいるNPO法人ドリームゲートさんと共同にて実施する予定です。

場所(川)は、宮城県名取川上流部秋保温泉周辺あたりを予定。詳細が決まり次第、本部ブログでもご案内申し上げます。



大規模水害によって田んぼに流れ込んだ流木。

橋げたに絡みついた流木。橋を壊し堤防の決壊の原因にもなります。

音符与一隊長、久しぶりに新ダイワの鉄砲積んで宮城まで来ませんか?
Posted by coco at 22:40 | 流木処理活動 | この記事のURL