CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 災害関連(風水雪害) | Main | 流木処理活動»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
ボランティア車両手続き [2019年07月02日(Tue)]
災害ボランティア車両の高速道路無料措置手続き簡素化へ

高速道路株式会社は、道路整備特別措置法に基づき、災害の発生時に被災自治体の要請を受け、ボランティア活動を行う方の居住地の自治体が発行する「災害派遣等従事車両証明書」を必要とする手続きを廃止し、ボランティア車両証明書にてそのまま高速道路を利用できるようになりました。
ボランティア車両証明書をダウンロードして必要事項を記載し、そのまま被災地へGO!
信じられないほど簡単(^^)

65649124_1404950406312004_654595888273948672_o.jpg

62523928_1404950392978672_2788921616199843840_o.jpg
写真展のご案内 [2019年06月21日(Fri)]
kiiro.jpg
消防局との合同訓練 [2019年06月19日(Wed)]
東日本大震災の教訓として、総務省から政令指定都市の消防局に重機が配備されています。その次は消防本部への配備も予定されています。
しかし、消防が使命とする救急・消火・レスキューとある中で災害時の重機活用については新設されたこともあり、その運用や技術訓練には多くの悩みを抱えているのが実情。
そんな背景を受け、羽越日本海地震は仲間たちによる合同先遣チームに任せ、某消防局重機隊と合同訓練を含め今後の連携体制について打ち合わせ行ってきました。それにしても凄い資機材と装備でした。

64410746_1394417720698606_1889299437121961984_n.jpg

64606279_1394417740698604_4681093969831002112_n.jpg

64825830_1394417690698609_7975155425676886016_n.jpg
長岡で技術系の会議 [2019年05月13日(Mon)]
DRT発祥の地で技術系の強化策会議。この地ですら7.13水害も中越地震も子どもの頃の遠い過去の出来事と感じる世代が会議の多数派。
首都直下型地震への救援は群馬・新潟・栃木の仲間たちとの連携が肝。そのためにも重要な会議。

60499293_1365362823604096_418875339901501440_n.jpg

60304107_1365362803604098_6726416653849985024_n.jpg

60284886_1365362893604089_7959570346569367552_n.jpg

60144340_1365362866937425_3784007277451673600_n.jpg
重機を配備 [2019年05月01日(Wed)]
発表します
この度、ヤンマーvio20最新型を災害訓練用重機として4者連携で配備することになりました。
vio20タイプは我々が支援を行ってきたこれまでの自然災害で、最も活用してきた小型重機で、有事には災害被災地に移動しその支援活動にあたります。

58876501_1357329241074121_5327509714932596736_n.jpg

59079035_1357329294407449_6332504132024270848_n.jpg

59152955_1357329247740787_1884147018260021248_n.jpg

58870219_1357329287740783_6276971497672146944_n.jpg
対等な連携! [2019年04月09日(Tue)]
内閣府・環境省等からの事務連絡を受けて
大規模水害で実際に行われている災害廃棄物処理の流れ
1)住民又はボランティア等によって被災家屋から被災した家財が屋外に出される。
2)技術系NPO等によって重機等を使い被災家屋の災害廃棄物及び土砂等を撤去するための導線の確保が行われる。
3)家財及び土砂・流木等は、技術系NPOとボランティアによる人海戦術とで行政の指定する災害廃棄物仮置場に車両にて搬送。
4)時間的制約もありNPOが公道を啓開することもよくある。

注意すべき点:
1)家屋から出された家財等の災害廃棄物は市町村が責任を持って処理されなければならない。(所管省庁:環境省)
2)本来、行政から指定を受けた業者が仕事として行うことになっている。
3)しかし、現実問題として行政が業者側が必要とする多数の人工賃を契約内容に認めることは金額が大きく嵩むために認めることができない。したがって人力作業はNPO・ボランティアの領域として捉えられている。
4)家屋に侵入した土砂の撤去についても災害廃棄物と同様に市町村の責任で処理されなければならない。(所管省庁:国交省)
5)敷地内家屋内に流れ着いた流木等の障害物は都道府県または救助実施市の責任で処理されなければならない。(所管省庁:内閣府防災)

このことを踏まえ、NPO・ボランティアが行政の下請けではなく、対等な関係での三者連携でなければならないと考えます。

57004754_1340430112764034_7173468735854870528_o.jpg
災害廃棄物の処理について [2019年04月08日(Mon)]
災害廃棄物の所掌分担等について
大規模災害時の災害廃棄物の処理について、行政とNPO等との効果的な連携を図ることを目的として以下の事務連絡が関係先に通達されました。これまで見えにくかった事柄について大分整理されたのではないかと考えます。
三者連携へまた新たなドアが開きました。時代の変化を感じます。

56414044_1339934486146930_6126046291056132096_n.jpg

56835503_1339934502813595_8971142948456497152_n.jpg

56702328_1339934526146926_8122870590915739648_n.jpg

56811279_1339934546146924_6952083800473993216_n.jpg

56466286_1339934586146920_8244428872746008576_n.jpg

56862228_1339934602813585_9168408090532380672_n.jpg

56462496_1339939206146458_2433215542891380736_n.jpg
防護パンツが義務化 [2019年04月05日(Fri)]
チェーンソー使用時に防護パンツなどの着用が義務づけられます。日本にはチェーンソー事故による下半身を守る習慣がなかったために、多くのモノはHUSQやSTIHLなどの外国製品で値段も中々手が出し難い高価モノばかりでした。加えて外国製品が故に日本人の体型にはフィット感がイマイチでした。日本で防護パンツがそのモノが普及しなかった背景には日本特有の職人文化があり、怪我イコール技術が劣っている!になるからでしょうか。
日本の義務化に向けて外国製品もこれまでなかった日本人体型を比較的安価に作り始めています。なので早速ポチッてしまいました。やはり舶来品に弱い自分ですが、履き心地や日本の気候など、総合的にはやや国産品に分が有るかな〜

56384161_1338190519654660_2573292336427565056_n.jpg

56403784_1338190569654655_8568649352556314624_n.jpg

56286693_1338190532987992_2078211855649603584_n.jpg
KEENフェスタ [2019年03月31日(Sun)]
沢山のご支援を頂いているKEENさんのイベント、KEENFEST IN SPRING LOVE 春風 2019にお邪魔して来ました。
多くの懐かしい仲間たちにも再会!二日間お疲れ様でした。

55776290_1334295616710817_8253552770557149184_n.jpg
震災展(第二日目) [2019年02月08日(Fri)]
横浜で開催された震災対策技術展二日目も多くの方がブースを訪ねて頂きました。
個人的には河田先生の講演がとても勉強になりました。

52637351_1311585455648500_1777613777571676160_n.jpg

52696682_1311585442315168_7305109762650144768_n.jpg

52708496_1311585452315167_8583695563592040448_n.jpg

52908642_1311585438981835_4644387328188481536_n.jpg
| 次へ