CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 先人の知恵と技 | Main | NPO・NGO活動»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
DRT2008【18】天気 [2008年10月29日(Wed)]
今週末に予定されている「DRT2008南蔵王」周辺の週間天気予報は、やや雨模様が混ざってきました。今日、蔵王山頂付近も雪が降ったようです。今年の冬は早くやってくると地元の人の予測です。

Posted by coco at 16:17 | DRT2008南蔵王 | この記事のURL
DRT2008【17】 [2008年10月27日(Mon)]
DRT2008南蔵王が開催される11月1-2日の土日の天気ですが、今の予報では天候には恵まれそうです。
Posted by coco at 22:32 | DRT2008南蔵王 | この記事のURL
DRT2008【16】協賛 [2008年10月27日(Mon)]

地震や水害など、大きな災害が起きる毎に被災者への食料支援を継続して行っておられる、有名な「亀戸ぎょうざ(本店:東京亀戸)」様から、DRT2008南蔵王に対する活動へのご理解をいただき、事業に対して食料の協賛をいただけることになりました。
この場をおかりして御礼申し上げます。

http://blog.canpan.info/makezu/archive/1283
Posted by coco at 16:22 | DRT2008南蔵王 | この記事のURL
DRT2008【15】機材 [2008年10月25日(Sat)]
緊急時に、「切る・開く」を行うマルチカッターの動画です。DRT2008においても操作講習を行います。福地山線事故でも活躍した充電式の救助ツールです。




Posted by coco at 22:12 | DRT2008南蔵王 | この記事のURL
DRT2008【14】 [2008年10月25日(Sat)]

「DRT2008南蔵王」協賛企業のご紹介


ハスクバーナー・ゼノア株式会社様



ヤマヤ物産有限会社様



晃洋商事株式会社様


亀戸ぎょうざ様
Posted by coco at 21:35 | DRT2008南蔵王 | この記事のURL
DRT2008【13】 [2008年10月22日(Wed)]


動力機材等を活用した災害ボランティア講習会
【DRT2008南蔵王】
−Disaster Relef Training 2008−


メールDRT2008南蔵王の時間割の変更のお知らせメール

終了後の帰宅を考慮し、下記のとおり変更いたしました。

《新》
◆会 期:
2008年11月1日(土)〜2日(日)(1泊2日)
・第1日目:13:30〜17:30(夕食後座学を兼ねた懇親会)
・第2日目:08:30〜12:00
 ※日帰りは要相談、見学自由(ただしご連絡を)

《旧》
◆会 期:
2008年11月1日(土)〜2日(日)(1泊2日)
・第1日目:13:30〜17:30(夕食後座学を兼ねた懇親会)
・第2日目:08:30〜15:30
 ※日帰りは要相談、見学自由(ただしご連絡を)

----------------------------------------------------

※DRT2008南蔵王の全体の概要については、
http://blog.canpan.info/coco/archive/73
Posted by coco at 06:25 | DRT2008南蔵王 | この記事のURL
DRT2008【12】協賛 [2008年10月20日(Mon)]
DRT2008南蔵王は、防災用品の総合商社「晃洋商事株式会社」様から物品協賛をいただくことになりました。
http://www.koyoshoji.com/

事業へのご理解と支援に深く御礼申し上げます。

大きな物から小さなものまで、2000アイテムを越える豊富な商品を手がける晃洋商事さんです。災害ボランティア活動にもとても理解のある会社です。


《参 考》
災害時の防塵マスクです。都市災害では老朽化したビルによるアスベスト飛散の問題。また有機物の腐敗臭・腐敗ガス、火山による硫化ガス、SARS・鳥インフルエンザ対応など、晃洋商事様は多種多様なマスクを取り扱っております。

Posted by coco at 10:05 | DRT2008南蔵王 | この記事のURL
DRT2008【11】協賛 [2008年10月15日(Wed)]
キラキラありがとうございますキラキラ

鋳物の街、富山県高岡市にて災害用炊き出し釜や災害時の簡易シャワーなどに使用する移動用の熱交換器を作られているヤマヤ物産様。今年もDRTに参加する災害系ボランティアの皆さんのために、炊き出しボランティアとして富山から駆けつけてくれます。


炊き出し用のお釜にセットできる熱交換器

災害があったときにはいち早く被災地に入り、社長自ら、自社製品のお釜にて炊き出しボランティアをされているヤマヤ物産さんです。岩手・宮城内陸地震でも花山地区で活躍されました。

事業へのご理解と支援に深く御礼申し上げます。

おまけです!
Posted by coco at 07:59 | DRT2008南蔵王 | この記事のURL
DRT2008【10】協賛 [2008年10月14日(Tue)]
キラキラありがとうございますキラキラ


昨年に行われた災害系ボランティアの精鋭化の講習会「DRT2007」にて、企業協賛を頂きました世界的にも有名なウェーデンのチェーンソーメーカーのハスクバーナー社。そして今年もその日本法人「ハスクバーナー・ゼノア株式会社」様から、協賛をいただくことになりました。

私たち技術系災害ボランティアネットワークのメンバーは災害現場でハスクバーナー社の製品を愛用させて頂いております。
今年の旧山古志村の梶金神社の鎮守の森の整備、そして石川県金沢及び愛知県岡崎水害でもハスクバーナー社のチェーンソーは大活躍をしてくれました。

昨年実施した「DRT2007」にて


旧山古志村梶金鎮守の森整備にて


事業へのご理解と支援に深く御礼申し上げます。
Posted by coco at 19:58 | DRT2008南蔵王 | この記事のURL
DRT2008【9】機材 [2008年10月13日(Mon)]
◇講習機材 その6 【爪付きジャッキ】

爪付きジャッキは名の通り、通常の油圧ジャッキに爪が付いています。その目的は狭い隙間にジャッキの爪を突っ込み、レバーを使って油圧で重量物を上げる機材です。災害等で使う爪付きジャッキの爪の厚さ「b」は約1.5センチから2センチ程度。通常のジャッキは「a」の有効高さがあって初めて使用できるので、隙間を広げることの多い災害現場ではその用途が限られてきます。なので爪つきジャッキが役に立つのです。


油圧シリンダーの長さの分だけ持ち上げることができます。

最初の隙間が爪も入りにくい状況であれば、大きなバールや金テコやスプレッダーを活用して、隙間を作ることができます。

爪の隙間が出来たら、少し持ち上げて、瓦礫などでウエッジ(噛ませ木)を作り隙間に挟み、その繰り返しで重要物を持ち上げていきます。救出は時間との勝負。このウエッジを切るのに小型のチェーンソーがあると作業がスムーズに捗ります。

爪ジャッキの爪は過重容量はジャッキ本体の半分以下ですので、本体部分の有効長さ「a」が確保できた状態で一般的なジャッキの使い方でアップを行います。その場合も突然外れたことなどを想定し常に「噛ませ木」を沢山使うことが大切です。

自家用車のタイヤ交換などで使用しているパンタグラフ式の容量の少ないジャッキでも、いざと言うときは地域での救出作業には欠かせない道具となります。自主防災活動などにおいて是非覚えていただきたい技術といえるでしょう。
地域にあるあらゆるモノを駆使して少しずつ少しずつ動かしていくのが重要です。そのためには自分の家の周りにどんなものがあるのかなど、そんな視点で地域も見て歩くのも大切なことです。ガソリンスタンドや自動車修理工場や資材置き場など・・・・

各機材等の操作のポイントについてはこちらのサイトからどうぞ!
http://blog.canpan.info/makezu/category_14/
Posted by coco at 08:01 | DRT2008南蔵王 | この記事のURL