CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«昭和の匂い | Main | ガラス製のフェンス»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
大正の匂い「石油発動機」 [2010年05月10日(Mon)]
近未来、自動車の動力は電気が主流となるようですが、その長きにわたる発動機(エンジン)の発展の歴史。その礎を築いた石油発動機
大正から昭和にかけて、日本の第一次産業のすべてを支えてきた、水冷単気筒発動機です。
こんな時代だからでしょうか?この発動機の愛好会も全国各地にあり、フェスティバルなども開かれてます。


四角い鋳物の部分には水を入れるようになっています。水は100度以上温度が上がらないのでこんな単純な構造になっているようです。


日本が一生懸命に生きようとしていた時代のレシプロの音を聴いてください。



《参考》
http://www.komu.jp/engine.html
http://www.ibara.ne.jp/~mitsugi/
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kenichis/sight6-050306-hatsudoki.htm