CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«三角チマキの文化 | Main | 大正の匂い「石油発動機」»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
昭和の匂い [2010年05月09日(Sun)]
昭和の匂いのするイベントが「旧車会」さんの主催で開催され、友人がテナントとして昔懐かしい駄菓子屋をオープン。天候にも恵まれ、お邪魔してきました。
駄菓子屋的文化を復活させることが、地方での「町おこし・街づくり」に大切なカギがあるとつくづく感じながら見ていました。





以下、「昭和」のご紹介画像です。

ダイハツオート三輪
エンジンはクラウン、ペダルが二つしかなく実はオートマ改造でした。高速は追い越し車線普通に走れるそうです(天晴れ!)



エンブレムはなんとお城



市内巡回サービスをされていた猫バス風のボンネットバス



こんな昭和の車が沢山出展されていました。



単車編です

1940代のハーレーダビットソン。日本がライセンス生産をしていた「陸王」時代の超レアモノ単車です。凄いのひとこと!





カワサキと合併する前のメグロ。エンブレムがメグロワークスでMとW。昭和30年代の大型白バイはこの車種が多かった。



こちらはカワサキとメグロが合併し、カワサキメグロのエンブレム。





その技術がキャブトンマフラーの名車「W1(ダブワン)」などの誕生になりました。



そして、友人の奥さんの手作り弁当。家庭の味を久しぶりに美味しくいただきました。(ペコリ&涙)