CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«DRT2008【5】地図 | Main | せんだいCARES2008»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
DRT2008【6】概要 [2008年10月09日(Thu)]


動力機材等を活用した災害ボランティア講習会
【DRT2008南蔵王】
−Disaster Relief Training 2008−

◆趣  旨:
昨年の能登半島地震や中越沖地震においては沢山のブロック塀の倒壊があり、その処理の多くはボランティアの人力作業によって行われています。しかし、作業の効率性・安全性を考えた場合、動力機械による作業の必要性を改めて感じたところです。このように大規模災害に備えチェーンソーやパワーカッターなどの動力機械を操作できる専門性を兼ね備えたボランティアの育成については長年の課題でもありました。
また、水害でのボランティア活動は重機などの機械力と人海戦術を取り混ぜた効率的な活動が、炎天下でのボランティア活動において安全面・健康面からも、とても重要であると認識されたところです。
阪神・淡路大震災以降、災害ボランティアセンターでのコーディネーターの養成は社協を中心に多くの団体においても行われてきましたが、ボランティアが実際に活動する被災現場でのいわゆる「現場コーディネーターの養成は全く行われておらず、作業の非効率さも指摘されています。そのような背景を受け、今般、災害ボランティアのレベルアップを目的として実施するものです。
なお、この講習会は資格や認定を目的としたものではなく、動力機材の操作等を体験することによりその技術力や効率性を再認識し、それぞれの団体・個人の知識を深め、専門性を兼ね備えたボランティアのより高度なコーディネーターの養成のために企画されたものです。

◆会 期:
2008年11月1日(土)〜2日(日)(1泊2日)
・第1日目:13:30〜17:30(夕食後座学を兼ねた懇親会)
・第2日目:08:30〜12:00
 ※日帰りは要相談、見学自由(ただしご連絡を)

◆開催場所:宮城県白石市福岡八宮字大網前287-1
        −会場までの地図

◆募集定員:約30名
◆主 催:DRT2008実行委員会
◆共 催:NPO法人みやぎ災害救援ボランティアセンター(MDRC)、日本財団
◆会場協力:かしゃきでえら(南蔵王協働学舎)
◆後  援:
・宮城県社会福祉協議会
・南蔵王地区各自治会
・八宮牧野農業共同組合
◆協力NGO:
《技術系災害ボランティアネットワーク》
ヒューマンシールド神戸(長野)
SVTS風組(新潟)
あかつきボランティアネットワーク(東京)
ホップ障害者地域生活支援センター(北海道)
◆特別協力:
日本財団
◆特別協賛:
ヤマヤ物産有限会社(富山)
ハスクバーナ・ゼノア株式会社(埼玉)
晃洋商事株式会社(神奈川)
亀戸ぎょうざ(東京)
◆DRT2008実行委員会事務局:
宮城県白石市緑が丘11-2 〒989-0221
電話&FAX:0224−00−0000
携帯番号:090−0000−0000
Eメール:teambeavertail@msn.com
担 当:黒澤
◆講師陣:
(技術系災害ボランティアネットワーク)
・ヒューマンシールド神戸
・SVTS風組
・あかつきボランティアネットワーク
・那須野が原鉄砲隊(仮称)
・◆講習内容:
・チェーンソー(救援・救出、流木処理、水害時の床はがし)
・エンジンカッター(ブロック・石塀等の処理)
・エンジンピック(ブロック・コンクリート等の破砕)
・ジャッキ(救援・救出)
・スプレッダー(救援・救出)
・牽引機材(救援救出・二次災害防止策)
・土嚢袋の活用
◆講習会参加料:
・3,000円(初日夕食炊き出し代含む)
 ※学生は半額
◆その他:
@現地集合、現地解散(宮城県白石市福岡八宮字大網287−1(南蔵王協働学舎)
A服装は、本講習会に相応しい格好で(ヘルメット・手袋・安全靴・防塵マスクは必携で)
Bボランティア保険・傷害保険等は各自にてお願いします。
Cその他の食料等は各自で
D雨天でも実施しますので各自雨具の用意を
E近くに日帰り温泉あり
F鎌先温泉での宿泊紹介も可
G協働学舎にて寝袋での宿泊可(暖房設備あり)
※その他ご不明の点は担当まで!

参考サイト: DRT2007(旧山古志村)の様子
http://blog.canpan.info/makezu/category_22
今年は重機(パワーショベル)操作講習はございません

キラキラ既に災害ボランティアの経験のある方の技術向上、或いは未だ被災地でのボランティアの経験のない方など、どなたでも参加できます。勿論女性の方でも十分操作可能な機材です。キラキラ
Posted by coco at 20:57 | DRT2008南蔵王 | この記事のURL