CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«緩和医療の最前線で | Main | 大砲万右エ門の裏山»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
川の流れのように [2009年09月09日(Wed)]
東北を代表する川といえば、岩手から宮城に流れる大河「北上川」。芭蕉の有名な句「五月雨を集めて早し最上川」の山形を縦断する「最上川」。そして福島から宮城に流れる「阿武隈川」。

今日は母の通院のため隣町までドライブ。阿武隈川沿いにある町で、診療待ちの間、川を眺めに行きました。



河川敷には過去の洪水の水位の看板が設置されていました。

今日も秋らしい、うろこ雲の空

かつて東北のいくつかの川をカヤックやカヌーで下ったことがあります。最上川水系「根子川と赤川」、仙台を流れる川でヒット曲「青葉城恋歌」の歌詞にもでてくる「広瀬川」の上流部。そして阿武隈川水系の「摺上川(今は上流にダムが作られ水量もなくなり下ることはできないでしょう」。東北の川はどの川も澄んでいて思い出に残る川遊びでした。
川の流れのような時間の流れで暮らしている今の生活。一年前に失った大切なものと、その代償として得たもの・・・・。
Posted by coco at 21:09 | 山と川と湖と | この記事のURL