CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«法面二次災害対策T | Main | ボランティアの進入口工作»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
法面二次災害対策U [2017年09月10日(Sun)]
土砂崩れ個所に二次災害対策。仲間たちは、昨日からの10m×10m×6枚のシート張りに奮闘中。こちらはひとり重機を使い、泥濘に丸太を敷きながら、その斜面から流されて来た倒木の処理。そして倒木の下から出て来た墓石の仮設置。
頼もしい仲間に支えられながら、ひとりまたひとり、住民の心に溜まった泥を取り除く活動が続きます。

21462580_956951594445223_3871885753021829974_n.jpg

21616383_956951597778556_7782199328106892466_n.jpg

21433184_956951621111887_3641441044675544538_n.jpg

21557988_956951624445220_6858687860817802354_n.jpg

重機安全喚起リーフレット
重機ボランティア元年と言っても過言ではないほど、過去に例がないほど重機を活用したボランティア活動がなされている九州北部豪雨被災地。
一方で事故に対してはそれ以上に細心の注意が必要なのは当然のこと。と言うことで、重機オペレーターマニュアルとは別に、ボランティアや住民を対象とした、重機に対する注意喚起のリーフレットを描いて頂きました。
21557976_956742191132830_3089810041814638408_n.jpg

雑感:
被災した住民に対して、自分たちの限界を超える活動への返答は、「業者さんにお願いするか、行政に相談してみて下さい。」としか言えない。
そもそも、それが叶わないから、藁をも掴む思いで相談される我々の活動。
何かが間違っていると感じながらも、活動に追われる日々。最近、口から出る言葉は東北の人たちはもっともっと苦労してるんですよ.....
今日も一日頑張ります!