CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«上京 | Main | 同じ失敗を二度と繰り返さないために(その6)»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
同じ失敗を二度と繰り返さないために(その5) [2014年03月28日(Fri)]
石巻市立大川小学校
「事故検証委員会」を検証する(ポプラ社)
第1章 調査を投げ出した石巻市教育委員会
あの日、大川小学校で何が起きたのか?から抜粋

※生き残った児童、只野哲也君(当時5年生)の証言

ゴーッと、人がうなっているような、津波の音がそういう音なんです。ゴォーー、ゴ、ゴ、ゴ、みたいな。水の音じゃない。火山でも噴火するのかっていうような。オオオオオっていうよう音で、「こりゃまずいんじゃない?」って思いながら、おいは必至で走って、ここの山を登ったんですよ。雪も積もっていて、すべったんですけど、土に指突っ込んでガスガス登っていって、自分でも凄いと思ったくらい、火事場のバカ力っていうか」
哲也君は山にたどり着いたものの、津波に飲まれて気を失った。身体が半分ほど土砂に埋まっていた哲也君を掘り出してくれたのは、同じ場所に流れ着いた同じ五年生の友達だった。
「いまだにみんなで言っているんですよ。あの時、帰りの会で『さよなら』まで言えなかったことが悔いだなって」

※四人の生存児童のうち、過酷な被害当時の状況を証言し続けているのはこの哲也君だけです。その時、妹さんを亡くしておられます。
そして、お母さんもです。

b.jpg
Posted by coco at 16:26 | 大川地区 | この記事のURL