CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«出足快調です | Main | 浜を明るく»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
勇無き也 [2012年04月27日(Fri)]
今日は朝から雨ダス。
事務処理の合間に、仲間の団体が申請の準備をすすめている、企業系の助成金申請書の書き方などの出前アドバイス。不慣れな作業ながらみんな一生懸命です。
どこの団体も支援活動継続のための資金確保に努力を重ねています。

そして明日からの山元町テラセン遠征のための機材等準備などなど。

そしてテラセンステッカー「義を見て為さざるは勇なきなり」が完成しました。

aP4270006.jpg

aP4270011.jpg

宮城県山元町。仙台平野南部に位置する亘理・山元。南北を走るJR常磐線。大津波は平野部全てを呑み込み、多大なる被害をもたらしました。
その常磐線の海側に位置する曹洞宗のお寺「普門寺」。お寺も墓地も壊滅的な打撃を受けました。そのお寺で一人瓦礫と闘っていた住職。檀家のほとんども被災。
私たちの仲間と住職との出会い。そのお寺を「見て見ぬふり」は出来ないんだ!
と彼から私に電話がありました。
私はお寺に対しての救援活動は、
「本当に腹を決めて掛らなければならないよ」
その覚悟がなければ「見て見ぬふり」をしたほうがいいよ、と答えたのを今でもはっきりと覚えています。

彼は覚悟を決めて住職と二人きりの瓦礫との闘いが始まりました。
そんな二人の行動に呼び寄せられるように、大船渡から、陸前高田から、遠野から、石巻から、気仙沼からと様々な被災地で活動していた仲間たちが山元に活動場所を移し、彼の元に集結してきました。

そしてお寺の復興、周辺地域への支援、イチゴ畑の再生など日々支援活動を行っているところです。

人が困っているのを見て見ぬふりをすることは、それはその人間に勇気がないこと。
見義不為無勇也(義を見て為さざるは勇なきなり)。正にテラセンにぴったりの論語。

VOLUNTEERは時に義勇軍と訳されます。
その義勇の語源が「見不為無也」の義と勇です。

彼の詩は与一隊長からダメダシを頂きましたが、その行動、そして頭は本当に輝いています。