CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«防災は家屋の耐震から | Main | 宮城県民による復興支援»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
椎茸のホダ木の管理 [2009年02月14日(Sat)]
椎茸がよく出るためのホダ木の管理の仕方

◇発生時期
・春(2月下旬〜4月上旬)
・秋(10月下旬〜12月中旬)

◇保管場所
・直射日光の当たらないところ。(遮光ネット70%以上の利用も可)
・雨水があたり、排水の良いところ。
・風通しが良く、あまり暗くないところ。

◇水分の補給を
・発生時期に雨の少ないときは、十分な散水を。
・それ以外は最低でも週2回の散水を。
・夏は夕方にできれば毎日散水すると良いでしょう。

◇その他
・ホダ木が角度をつけて立て掛けます。住宅地では30度ぐらい。ブロックなどを利用するとよいでしょう。
・芽が出始めの頃に強い風にあたると芽が乾いて成長しにくいのでご注意を。散水後にネットなどを掛けるのも良いでしょう。
・外気温が15度以上のときは蒸れすぎますのでカバーは慎重に。
・椎茸をホダ木全体に発生させるために3ヶ月に一回程度は、上下をと表裏を逆にします(天地返し)。