CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«キノコの山 | Main | るるぶ青森に»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
ホダ木になるまでのフロー [2009年02月07日(Sat)]
今回学ばせていただいた椎茸栽培のホダ木(シイタケ原木)になるまでのフローです。

仮に、1反(300坪)で1,000本のホダ木が取れたと仮定した場合、
山の木を買った人は、
1,000本×150円−50,000円−10,000円=90,000円の収入
作業を請け負った人は、
1,000本×50円=50,000円の収入
ホダ木を買う椎茸農家は、
1,000本×150円=150,000円の支出
山主は何もしないで10,000円の収入

しかし、1反からは1千本のホダ木を取ることはまず難しいので、あくまで想像ですが、山から何本のホダ木を取るかが、プロの目利きというものなのでしょう。

仮に500本として、
500本×150円−25,000−10,000円=40,000円
作業を請け負った人は、
500本×50円=25,000円
と、計算上はなりますが、この場合は山主さんには多分1万円は行かないと思います。

因みに、木を切る人は山の中に切ったホダ木をまとめて積むまでが仕事。山を買った人が道路脇まで全部のホダ木を下ろして並べます。全て機材や運搬車(クローラー)等は全て自前となります。


付け加えておきたいことは、この仕事は雨や雪の日は仕事にならず、山の傾斜もあり、1反の作業でも多くの日数を要し、しかも体力的にもきつい作業のように見えました。勿論危険もかなり伴います。商売のためだけに出来る仕事ではないと強く感じました。

米の減反政策もそうですが、日本の食糧生産政策はどこか間違っている(苦労の割にはそれに見合った対価が得られない)ように思えてくる、今回のホダ木山での勉強でした。

※この記事にある数字はあくまでも作業をしながらの会話からひろったもので、地方・地域によって当然違いがあると思います。一般論ではなくひとつの事例としてお考えください。

※専門的にはホダ木とは原木にキノコ菌を植え付けたものを言いますが、ここでは全てホダ木としております。