CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«足湯のあと | Main | 回復しました»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
助っ人に [2012年01月28日(Sat)]
NANAHANA組は市内の仮設住宅で足湯活動。


その間、津波で流されてきた醸造元の巨大醤油樽を貰い受け、子どもの遊び場で活用したいとのことで、遊び場づくりをしているめ組JAPANの助っ人に。ニーズ難易度はやや臭いのでカテゴリー3。

まずは樽の中にある大量の瓦礫と、そこに残っている醤油風なぞの液体をサイホンで抜き取り作業。


手巻きウインチで傾け、最後は軍用Gクラスで牽引し横倒し



既に大人が遊んでいます・・・


近所の方も見守る中で無事終了。考案しため組のケロちゃんも大喜び。
お疲れ様でした。


ずっと昔から大切に使われてきたものが瓦礫という名のもとに、なんでもゴミにされ捨てられてしまう被災地。少しでも使えるものは再利用したい。
津波で流されてきた醤油樽も瓦礫にならずに、子どもたちの遊具として活躍してくれるでしょう。

子どもの元気は街の元気。
復興の街に響く子どもたちの笑い声。

Posted by coco at 16:17 | 3.11団体支援 | この記事のURL