CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«はっと汁の炊き出し | Main | 次期災害に備え»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
DRT2011宮城山元【4】 [2011年11月13日(Sun)]
DRT2011宮城山元二日目。今日は昨日学んだ技術の応用編。倒壊家屋の突入と救出。

二日目のメイン講師は、ヒューマンシールド神戸の助さん。




風組本陣の頭による突入家屋の構造と注意事項の解説


救出突入開始


チェーンソーの達人、蔵王森の楽園のとっちさんによる突入箇所の開口(口開け)





山形から駆けつけてくれた遠ちゃん(ジャッキー遠藤)によるジャッキとテコの講習。技を磨く熱心さに改めて敬服と感謝。受講生には使用工具・機材も参考になりました。





参加者の中にDMAT看護師さん。医療従事者の立場から専門的なお話を頂き、とても参考になりました。講師・受講生が切磋琢磨し互いに知識・技術向上を図るのもDRTの目的でもあります。



講師の皆さま、本当にお疲れ様でした。



石巻機動重機隊の二人。講師&重機・救援機材の輸送等疲れ様でした。



今回行われたDRT2011宮城山元は、宮城県山元町にある曹洞宗のお寺普門寺さんのご厚意によって実現できました。
津波によって全壊したお寺。そのお寺の再興に、この8カ月もの間ひたすら走り続けてきた住職さんとそれを支援する仲間のボランティア。その絆が今回の講習会(訓練)を成功に導いてくれました。

震災から8カ月が経過し、被災地を支援するボランティアの活動も大きく変化し、被災者からの要望もより複雑化しています。

今回の講習会が地域防災の強化はもとより、被災地復興のさらなる弾みになれば幸いです。

全国各地からこの講習会のために駆けつけてくれた仲間たちに感謝です。
そして、この講習会に参加をしてくれました皆さま、至らないところも多くあった講習会でしたが、仲間一同、技を磨き、より充実した講習会・訓練が開催できるよう努めてまいりたいと思います。

この事業にご協力いただいた全ての方々に感謝申し上げます。

※DRT2011宮城山元、講師協力団体等。

・DRT‐JAPAN(ネットワーク)
・日本財団東日本大震災現地支援センター
・技術系災害ボランティアネットワーク
・テラセン
・ヒューマンシールド神戸
・SVTS風組本陣
・SVTS風組関東
・石巻復興支援協議会
・ドリームゲート
・ディーコレクティブ
・国境なき奉仕団チーム風
・石巻機動重機隊(森の楽園)
・縁の下の土竜隊
・災害救援隊れれれ
・ひのきしん隊
・た組JAPAN ほか