CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«日韓併合から100年 | Main | 佐用町感謝のつどい»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
水没車のドアの水圧 [2010年08月30日(Mon)]
この夏、日本各地で発生したゲリラ豪雨。突然の豪雨による道路の冠水で水没した車に閉じ込められた場合、その水圧によって容易にドアを開ける事が困難になります。

関西大と京大防災研の研究チームが実際に車両を水没させて検証実験が行われました。実験には20〜50代の男女によって行われ、4ドアの後部座席がスライド式になった軽自動車によって行われ、その実験データは下の図のとおりです。

データからは、スライド式ドアがやはり面積が広い分だけ開けるのにより力を必要とされることがわかります。また押し開きドアは足を使って蹴りながら開くことができるためかスライドドアより容易に開けられるようです。

窓ガラスからの脱出は水没車の場合、電気系統が故障し電気で駆動しているため開くことができなくなるため、エンジンが止まる前に窓を開けるか、窓ガラスを割る専門のハンマーなどの備え付けも大切なことです。





《参 考》
大規模水害時に車で避難することの危険性について
http://blog.canpan.info/coco/archive/26