CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

シエルの会

自閉症、アスペルガー、広汎性発達障害の子どもをもつ宮城県の親の会です。
お問い合わせはメールで(アドレスはプロフィールにあります)


最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
タグクラウド
http://blog.canpan.info/ciel/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ciel/index2_0.xml
プロフィール

シエルの会さんの画像
シエルの会
プロフィール
ブログ
最新コメント
「生きにくさを抱える人たちと ともに」−7月8日に講演会 誰でも参加できます [2018年06月06日(Wed)]
 会員みんなで学び、意見交換する定例会、今年度の第1回は「生きにくさを抱える人たちとともに」をテーマに、石川昌征さん(「フリースクール だいと」代表、特別支援教育士)に講師をお願いして開催します。
 「生きにくさ」を抱えている人たちがいます。発達障害のある人もその一部です。当事者は、自分のこれから人生をどのように考えたらいいのでしょうか。発達障害のある子どもをもつ保護者は、子どもの成人後をどのように見通して、わが子と向き合ったらいいのでしょうか。
 「フリースクール だいと」を主宰し、「生きにくさ」を抱えている人たちとともに歩んできている石川昌征さんからお話を伺う機会をつくりました。ヒントをつかむ機会にしていただければ幸いです。

※会員でない方へ
 「シエルの会」は、定例会については、会員以外の人にも見学参加を認めてきています。
 今回も自由に参加できます。入場は無料です。
 保護者はもちろん、当事者、教師、支援者の誰でも参加できます。
 資料を準備する都合があるので、以下のアドレスにメールで事前にご連絡ください。
 ciel.aspe★gmail.com  (★を@にしてください)

※会員のみなさまへ
「開会前に、ランチしませんか?」という呼びかけが行われています。
 事前に、メールを活用して、参加を申し込んでください。

【日時】2018年7月8日(日)13:30〜15:30まで
【会場】仙台市・市民活動サポートセンター 4階 研修室5
   (地下鉄・広瀬通駅で下車、西5番出口から出てすぐです)

●第1回定例会のチラシはこちらからダウンロードできます。
 右矢印1180604 第1回定例会チラシ.doc

b.jpg









a.jpg
2018年度総会を5月20日に開催しました。 [2018年05月20日(Sun)]
 2018年度総会を、5月20日(日)13時30分から、仙台市・福祉プラザで開催しました。
 今年度は以下のような活動に取り組みます。

【1】、「シエルの会」としての活動
(1)、学齢期の児童生徒をもつ会員の懇談会を開催する
 阿部芳久顧問(東北福祉大学大学院教育学研究科特任教授)にアドバイスをお願いし、具体的な悩み・問題への対処を相談できるようにする
(2)、お茶会を随時開催します。
 お茶会は、会員同士で自由に情報交換する場です。
 顧問の梅田真理先生(宮城学院女子大学教授)をお招きして開催することもあります。
(3)、グループホームの見学にとりくみます。
(4)、当事者と保護者の高齢化を考える
 成人した当事者をもつ会員の悩み・不安、必要としている情報・支援を調査し、情報を提供と話し合う機会をつくる予定です。
(5)、研修会を随時開催します。
(6)、メーリングリストとブログを活用して会員に対する情報提供、情報交換
(7)、会報「天空の窓」の発行
(8)、その他

【2】、「発達支援ひろがりネット」に引き続き参加して活動します。
 「発達支援ひろがりネット」は、2007年に発足した宮城県内の発達障害に関わる団体のネットワークです。今年度の総会は4月21日に開催しました。
 情報交換、共同事業に取り組みます。
 発達障害に対する理解や支援を求めて、当事者団体として発言する役割を果たしています。
 今年度の代表は、相馬潤子氏(認定NPO法人 みやぎ発達障害サポートネット)です。

【3】、「アスペ・エルデの会」の賛助団体として活動します。
 「シエルの会」は、発足当時から、名古屋に拠点を置いている「アスペ・エルデの会」・の賛助会員団体です。「シエルの会」会員は、「アスペ・エルデの会」のホームページのうち、賛助団体専用のページを閲覧することができます。

【4】、日本発達障害ネットワークについて
 発達障害に関わる全国的なネットワークである「日本発達障害ネットワーク」に、今年度もエリア会員として参加します。
香川県が2つの高校に個別指導を行う「通級指導教室」を新設するというニュースが [2018年03月29日(Thu)]
 香川県の教育委員会が異動を発表した3月22日、発達障害のある生徒にに個別指導をする「通級指導教室」を新年度から2校で実施することを明らかにしました。
 学習指導要領の改正で、平成30年度から高等学校でも「通級指導教室を置くことができるようになりましたが、宮城県では明確になっていません。全国各地の動向が注目されていました。
 香川県県教委が22日、4月1日付の教職員の人事異動を発表し、退職者の増加などで規模は2286人。異動規模は昨年度と比べて31人減少。退職者は47人増の423人、新規採用者は16人減の299人。坂出市立櫃石小中学校が廃校となり、学校数は2校減って269校となります。
 特別支援教育の充実に関わって、発達障害がある生徒の個別指導をする「通級指導教室」を、小豆島中央、笠田の両高校と、観音寺市立柞田小学校、小豆島町立小豆島中学校の4校に新たに置くことが発表されました。これで香川県内の小中高校計27校に「通級指導教室」が設置されることになるとのことです。
公開講座「発達障害の人の整理整頓と発達支援」のご案内と参加申込書、白石雅一氏を講師に1月21日に開催します。 [2018年01月03日(Wed)]
「シエルの会」は「発達障害の人の整理整頓と発達支援」をテーマに学習会を開催します。

◎案内および参加申込書はこちら
 右矢印1180121 「整理整頓」公開講座の案内.pdf

整理整頓がとくに苦手な発達障害のある人がいます。
なぜ整理整頓が、うまくできないのでしょうか?
そもそも整理整頓を、どう理解したらいいのでしょうか?
どうすれば整理整頓ができるようになるのでしょうか? 

当事者、保護者、教師、支援者が学ぶ機会をつくりました。
ワークショップで、自己理解や支援の糸口をつかむことができます。

整理整頓のことは、発達障害のある当事者および保護者・教師・支援者のみなさまの関心が高いテーマだと思われます。そこで、会員以外の人も自由に参加できる公開講座として開催することにいたしました。

※テキストを会場で販売いたします。
 代金648円を用意して、当日の受付で購入してください。

※事前に参加申込を、メールまたはFAXでお寄せ下さい。
 テキストを用意するために、事前の人数の把握が必要なので、ご理解ください。
 申し込みは、FAXの場合は022(376)8070までお寄せください。
 メールの場合は、ciel.aspe★gmail.comまで送信して下さい。
 (このままコピーすると送信できません。★を@に変更してください)

 必要なテキストの冊数を出版元に連絡いたしますので、申込は1月10日までにご連絡いただければ助かります。テキストは、少し多めに用意いたしますので、申込はその後も受け付けます。

 当日の参加も受け付けます。ただし、テキストは事前申込があった方を優先いたしますので、不足すれば、お渡しできないことがありえます。その点をご了解ください。

◎講師
 白石雅一・宮城学院女子大学教育学部教授

◎日時
 2018年1月21日(日)13時30分〜15時40分
 講演90分以内、休憩10分、質疑30分

◎教材
 「ASDやADHDをもつ人のための整理整頓おたすけブック」
 (648円。当日、会場で販売いたします)
おたすけブック.jpg

◎会場
 ハーネル仙台 4階 青葉の間
 所在地. 〒 980-0014 仙台市青葉区本町2-12-7.
 TEL.022-222-1121. FAX.022-222-1126.
 アクセス: 市営地下鉄=広瀬通駅から 徒歩 約3分(出口 西1番)
       市営地下鉄=勾当台公園駅から徒歩5分(出口 南4番)
      バス停=商工会議所前から徒歩3分
img_map.png

◎「整理整頓」を特集した雑誌を会場にて会員価格で販売
 雑誌『アスペハート』が、第44号で「整理整頓と発達障害」を特集しました。
 類例のない書物なので、出版元のご了解をいただき、会場にて「シエルの会」会員価格(1260円)で販売します。
 取り寄せる部数を確認する必要があるので、購入を希望する方は、参加申込書にその旨を明記して、1月10日までにご連絡ください。
171017.jpg


仙台市の「アーチル」が1月28日、未就学児とその家族への地域支援の充実をめざし療育セミナーを開催 [2018年01月01日(Mon)]
 仙台市の発達相談支援センター「アーチル」が、12月25日から平成29年度療育セミナーの参加申し込みの受付をはじめました。
 今回の アーチル療育セミナー は「育てにくさを抱える子どもの支援を考える」 〜未就学児とその家族への地域支援の充実をめざして〜 と題して、乳幼児期の発達障害児とその家族をとりまく現状を踏まえた上で身近な地域での支援を考えるものです。

日時:平成30年1月28 日(日)午後 1 時半〜5 時(開場:午後 1 時)
場所:仙台市役所 8 階ホール(仙台市青葉区国分町 3 丁目 7-1 )
   地下鉄南北線勾当台駅下車 北 1 番出口徒歩 2 分(北側玄関から入る)
内容:講演「児童発達支援センターと地域支援(仮)」
      講師 社会福祉法人 麦の子会 総合施設長 北川 聡子 氏
   シンポジウム「育てにくさを抱える子どもの支援を考える 〜身近な地域で相談できること〜」

    シンポジスト
         袋原たんぽぽホーム  園長 小野寺信子氏
         東四郎丸児童館   館長 小岩孝子氏
         その他 保護者
定 員:300名
参加費:無 料
参加申込書は以下のアドレスからダウンロードできます
●ダウンロードはこちら⇒
「整理整頓」を特集した雑誌『アスペハート』第44号を会員価格で販売します(1月21日の公開講座会場で) [2017年10月26日(Thu)]
 雑誌『アスペハート』が、第44号で「整理整頓と発達障害」を特集しました。
 類例のない書物なので、出版元のご了解をいただき、1月21日に開催する「整理整頓」をテーマにした公開講座の会場にて「シエルの会」会員価格(1260円)で販売します。
 取り寄せる部数を確認する必要があるので、購入を希望する方は、公開講座の参加申込書にその旨を明記して、1月10日までにご連絡ください。

171017.jpg



公開講座の案内チラシおよび参加申込書はこちらからダウンロードしてください。
右矢印1171023 整理整頓 公開講座の案内・申込書.doc

171023_a.jpg
発達障害児 過去最多の4000人 仙台市立小中学校で 理解が進み把握が増加 [2017年10月23日(Mon)]
「河北新報」が10月21日、以下のような記事を掲載しました。

 発達障害児 過去最多4000人/仙台市立小中学校/理解進み把握増加

 仙台市立小中学校の通常学級に在籍する発達障害の児童と生徒が本年度、過去最多の4000人に上ることが20日、分かった。発達障害への理解の広まりを受け、調査を開始した07年度の2倍に増えた。
 07年度以降の推移はグラフの通り。少子化の中、発達障害の児童・生徒は年々増加。本年度は小中学生7万8226人の5%を占める。20人に1人となる計算だ。
 内訳では、発達障害と診断され、保護者が支援を申し出た子どもは本年度、07年度の1.6倍。11年度以降は1300〜1400人台で推移する。一方、保護者の支援の申し出はないが、学校が配慮を必要と判断した子どもは07年度の2.5倍と高い伸びを示した。
 市教委は、増加の背景として発達障害に対する社会的な理解の深まりを挙げる。専門家の研究で発達障害の子どもがいじめを受けるリスクが高いことが報告されており、学校で教員がより注意を払って、児童や生徒を見るようになったことも要因にあるようだ。
 市教委は来年度、特別支援教育推進プランを策定し、発達障害の児童生徒へのサポートを充実させる方針。担当者は「支援が必要と判断した児童や生徒には、個別の指導計画の作成を進めたい」と話している。

171021_blog.jpg
「生きづらさを抱える人の就労支援の仕組み」をテーマに、発達支援ひろがりネットが第11回支援情報交換会 [2017年09月14日(Thu)]
発達支援ひろがりネット
第11回支援情報交換会のお知らせ

生きづらさを抱える人の就労支援の仕組みについて
〜みんなで学び・考える〜

発達支援ひろがりネットは宮城県の発達障害に関わるネットワークです。
ひろがりネットは、当事者、保護者の視点からの支援を考えます。
今回の支援情報交換会のテーマは、就労支援です。
発達障害の特性を幅広く想定して、基本的な就労支援の仕組みを知り、どのような選択肢があるのかを知り、一緒に就労支援について考えましょう。
どなたでも自由に参加できます。

・日 時:平成29年11月3日(金)
    開会13時30分〜閉会16時
・会 場:仙台市福祉プラザ 11階 第一研修室
    (所在地=仙台市青葉区五橋2丁目12番2号)
・参加費:500円 (当日お支払ください)
・事前申し込み不要・当日受付です。(定員75名)

【講師】:
・仙台市健康福祉局 障害者支援課 施設支援係 係長
   天野 孝久氏(生活介護担当)
・仙台市健康福祉局 障害者支援課 地域生活支援係 係長
   古澤 範明氏(就労系担当)
・コーディネーター:
 NPO法人 煌(かがやき)の会 植村 暢子さん

【後援】
宮城県教育委員会
仙台市教育委員会
宮城県発達障害者支援センター(えくぼ)
仙台市発達相談支援センター(アーチル)

チラシのダウンロードはこちらから
右矢印1171103 支援情報交換会.pdf
宮城県自閉症協会が10月29日に50周年記念講演会 [2017年09月13日(Wed)]
設立51年目を迎えた宮城県自閉症協会が記念講演会を開催します。
日時:平成29年10月29日(日)10:00から16:00まで
会場:仙台市福祉プラザ 2F ふれあいホール(仙台市青葉区五橋2-12-2 )
講演:基調講演 
   「自閉症スペクトラム障害との関わり〜親として、医師として〜」
    日本自閉症協会会長・医師 市川宏伸さん、
講演:記念講演 
   「思春期からの現状と課題について〜強度行動障害の視点から〜」
    独立行政法人 国立重度知的障害者総合施設のぞみの園研究部長 志賀利一さん

チラシ、参加申込書は、こちらからダウンロードしてください
右矢印1171029.docx

171029.jpg
学齢期のお子様がいる保護者の懇談会を10月22日に [2017年09月12日(Tue)]
日時=10月22日(日)13時30分〜15時30分
会場=仙台市・青葉区中央市民センター 第5会議室
次第=各自の困っていること、知りたいことについて
   顧問の阿部芳久先生(東北福祉大学教授)の助言をいただきながら話し合います。
見学=会員でない方で見学参加をご希望の方は、事前にメールでお問い合わせください。
  (メールアドレスは、プロフィールのページをご覧ください)
| 次へ