CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
チョコ好き学生、櫻井俊介の【東京ラブ”チョコ”ストーリー】
チョコレートを食べるのが日課、チョコレート大好きな大学生、櫻井俊介です。このページは、おいしいだけじゃない、優しくて素晴らしいチョコレートを紹介するブログです。

想い入れ、フェアトレード、こだわりを持ったチョコレートをご紹介します!
« 板チョコを目隠しして食べる! | Main | オレオって個人的にはチョコレートだと思ってた。 »
最新記事
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
日別アーカイブ
QRコード
http://blog.canpan.info/chocolate/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/chocolate/index2_0.xml
リンク集
にほんブログ村 チョコレート">チョコレートブログランキング
Introduction of ネスレ〜創業の歴史と多国籍企業〜[2013年06月05日(Wed)]
こんにちは!

今回も僕が好きなチョコを紹介します!
じゃじゃん。

NCM_0047.JPG

ネスレの「KitKat Bar」
KitKat
キットカットはみなさんご存じだと思いますが、このKitKatの特徴は……

Barであること



でも本当にそれがおいしいんです!
チョコレートの厚さとボリュームがたっぷりで、チョコレート食べた〜と満足できるチョコレートです。

さて、今回からは、そのKitKatの製造元、ネスレについて調べていきたいと思います。
今回は創業の歴史と現在の多国籍企業としてのネスレの紹介を。

ネスレの創業者は、栄養不足による乳幼児の死亡率の高さに心を痛めたアンリ・ネスレ。1905年、アンリ・ネスレとアングロスイス練乳会社と合併することで、ネスレ・アングロ・スイス練乳会社として設立されました。はじめは練乳製品とミルクフードの会社だったのか!とビックリ。

日本への進出は早く、その8年後の1913年に横浜に進出。今年でちょうど100年のお付き合いなんだ!


そんなネスレは現在、いわゆる「超多国籍企業」。多国籍企業とは2カ国以上に拠点を持つ企業のことを言いますが、ネスレは超がつく多国籍企業。世界のこれだけの国に活動拠点を持っています。

無題.png

なんとその数113カ国!!!(リストをエクセルにコピーしてカウントしました。)


今回紹介したKitKat以外にも、チョコレートではエアロ、ココアではミロ、一番認知度が高いのはやはりネスカフェ。日本の食生活にも大きくネスレは入り込んでいます。

東南アジアを旅した時にも、どの国にも売っていた唯一のものがネスレ製品だった気がするな〜。


ネスレ日本
http://www.nestle.co.jp/
Nestle World Wide(地図参照)
http://www.nestle.com/aboutus/globalpresence


この記事のURL
http://blog.canpan.info/chocolate/archive/5
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

櫻井さんの画像
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
タグクラウド