CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

一般社団法人 地球の楽好 Blog

子どもたちの健全育成と子どもの視点での子育て支援を行っている一般社団法人地球の楽好です。地球の楽好スタッフの大切にしている想い、地域で頑張る素敵な方々との出会い、子どもに関わる情報などを綴っていきます。http://chikyuunogakkou.org/


子どもたちが自分のカラダについて知り、体験する場「カラダの楽好」を福島で [2013年07月11日(Thu)]
昨年度も、地球の楽好では、
子どもたちのからだの発達を促す「カラダの楽好」事業を、
他団体からの依頼で福島県伊達市でおこなったり、
NPO法人地球の楽好ふくしまとの連携で
「福島つながるこそだてサロン」の中で実施したりしました。

そして、今年度は、「キッズ・ジュニア・アカデミー」事業の
一環として、更に回数を増やし、
6月20日から再開した伊達市での定期的な開催や、
福島市でのつながるこそだてサロンなどでの実施も含め、
特に福島県内の子どもたちの身体の発達をサポートできるよう
頑張りたいと思っております。

子どもたちは、生まれてから小学校に入学する位までの間に、
様々な運動体験を通じて、神経系(俗に言う運動神経)の90%が
発達すると言われています。
例えば視野に関して言えば、大人は上下120度左右150度ですが、
6歳児は上下90度左右70度程度しか見えていません。
日常生活の中で運動などを通じ、徐々に視野は広がっていきます。

幼児期にちゃんと身体を操縦できるようにしておく事が
これからの生活の土台となっていきます。
「カラダの楽好」は、楽しい運動の中で、
身体の理にかなった動かし方を身に付けながら、
子どもの時期に必要な「神経系」発育促進も目的としています。
発達発育の理論に沿ったプログラムですが、
年齢やその場の状況に応じてプログラムを変えたり、
ジャンケンのようなかんたんなゲームも混ぜたりしながら
子どもたちが、身体を心地よく楽しく動かすことができるよう
様々な工夫をしています。

7月9日に、福島市の清水学習センターでおこなった
「つながるこそだてサロン」でのカラダの楽好では、
とてもお天気がいい真夏日でしたので、
水分補給や体調管理に気を付けて、
子どもたちは、のびのびカラダを動かしました。

ボールを使った遊びや動物になりきる遊びを通して、
身体の発達を促す運動を行い、
また、絵本が大好きな子どもたちは、
皆、スタッフ手作りの温かみのあるイラストのカードに
とても興味をもって当てっこを楽しんでいました。



20130709_salon_karada.jpg


福島の子どもたちに、宮城の森で森林体験を! [2013年04月18日(Thu)]
IMG_0781.jpg


地球の楽好は、昨年度、宮城の子どもたち向けの森林体験を、
ニッセイ緑の財団さんと一緒に実施してきましたが、
今年度は、4月27日、福島の皆さんを宮城に招く企画から
スタートすることとなりました。

福島市の集合場所から、親子でバスに乗り、
ニッセイ利府の森、宮城県青少年の森にて
森作り体験、昼食を兼ねた餅つき体験、
木工教室、カブトムシ掘りなどを楽しんでいただく予定です。

WS000007.JPG


昨年度の森林教室の後には、
こんな感想を送ってくださった方がいらっしゃいました。
今回もご参加の皆さんが、素敵な体験ができますように!

このような教室に参加するのは初めてでしたが
子ども達も、私達もとても楽しい1日でした。
4歳の息子は大きい葉っぱや、枝に、木の実全てに
興味深々で、目をキラキラさせて、アレ何コレ何と聞いていました。
人見知りの娘も自然と知らないお友達と
一緒になって散策をしていました。
自然と触れあうのっていいなぁと改めて感じました。
閉会後子ども達に「どうだった?」と聞いたら
「楽しかった!」「また行きたい」と言っていました。
実は私も驚きがありました。
開会式で4班のプラカードを持って私達の前に立っていた方が
前に働いていた職場の上司でした...。
10年以上前の事で、直接そのお話はしませんでしたが
懐かしく嬉しかったです。
子ども達にも優しくして頂き感謝しています。
今回の参加は子ども達にも、私達にもいい経験になりました。
また来年参加できればいいなと思っています。
本日はありがとうごさいました。(匿名希望)


20120707nissei2.jpg
学生向けの日本文化講座〜着物編 [2013年03月06日(Wed)]
2月27日に学生向けの着付け講座を日本橋で行いました。

今回の講座は、高校生、大学生を中心に
日本の文化を深く体験したり、学んだりし、
それを海外の人たちにも、
自分の言葉で伝えていけるようにしていくための企画の
テスト講座のようなものです。

第1シーズンは3回コースで、まずは着付けの基礎を学び、
実際に自分で着物が着られるように、講師の関口さんに教えてもらいます。
そして、次のシーズンでは、着物の産地に実際に伺って、
実際に作っている方々のお話を聞いたり、現場をみたりする体験講座を予定しています。

その1回目となる今回は、かたい種類の着物の着付けでした。
参加した学生は2人とも、着付けは初めてでしたが、
今後カナダとアメリカにそれぞれ留学が決まっていて、
留学先で自分で着物を着たり、友達に着せたり、
着物について説明ができるようになることを
ひとつの目的にして、講座に参加してもらいました。
IMG_1066.JPG

講座を体験した感想

今回、初めて自分で着物を着ました。
今まで浴衣の着方くらいなら、なんとなくわかっていましたが、
あまり着物を着る機会はなく、本当に自分で着れるのか不安でした。
しかし、関口さんのわかりやすい指導のもとなんとか着ることができました。
ありがとうございました。
日本の文化に触れてみて、やはり日本の文化は素晴らしいものだなと感じました。
今ある洋服とは別のよさがあると思いました。
昔からあるものを大切にしていきたいとも思いました。
自分だけで着物を着れるようになりたいです。
次回も楽しみです。
(H.Sさん 大学1年生)


今回の着付けの講習を通して、
日本の伝統文化に触れることができ、嬉しく感じました。
今まで浴衣を着ることはあっても、
着物を自分で着ることはなかったのでとても新鮮でした。
今回の着付けの講習のなかで、
関口さんや関口さんのお母様から着方以外にも
着物に関する思い出話などを聞かせていただけたのも印象深いです。
またまだほんのかじった程度ですが、着付けを学べて、
ますます日本の伝統文化への関心が深まりました。
国際化がうたわれる現代ですが、
まずは自国の文化を深く理解することが必要だとおもいます。
今回の講習を通してまだまだたくさん学べることがあると分かり、
これからを楽しみに感じています!
(K.Mさん 高校3年生)

IMG_1062.jpg


帯を自分で結ぶことはとても大変な様子で、
若い2人も、最後には腕が痛くなるほど・・・。
でも、「若い人が着物を着ているのはとっても素敵ですね」とたくさんほめていただき、
みんなニコニコした笑顔で、第1回目の講座は終了しました。
次は、小紋など柔らかい着物での着付けです。

(地球の楽好 東京支部スタッフ)
子どもたちへの暴力防止のためのプログラム「CAP(キャップ)」 [2013年02月03日(Sun)]

前回の記事の続きとなりますが、
昨年末に実施した東京都大田区での講演会
「CAPおとなワークショップ」について
もう少し、追加の情報を足していきたいと思います。

その前に、まずは講演会後に、講師の
NPO法人青い空ー子ども、人権、非暴力 さんから
参加された方々に向けて
送っていただいたメッセージを紹介いたします。


暮れの忙しい時期にCAPワークショップを開催していただき、
参加していただきありがとうございました。
今、子ども達に起きていることに関心を持ち、
子どもをエンパワーメントの視点でサポートし、
子どもへの人権侵害行為に“NO”を言える大人が増えれば、
おのずと、子どもは安心・自信・自由でいられているのではないでしょうか。

今回参加された皆さんが、ご自身のお知り合いに
「ねぇ、CAPって知ってる? CAPってね…」と伝えてみてください。


file1891283659092.jpg

今回参加してくださって、
また、こちらのブログを読んでくださって、
「CAPをもっと知りたいな〜」「CAPってなんだろう?」と
思ってくださって方々のために、
CAPや子どもの人権、
子どもへの暴力防止について知ることができる
サイトや本をご紹介します。
*本のリストは、今回の講演会資料より

今、世の中で様々な意見が飛び交っている「体罰」について、
いじめや虐待などについて、
なんだかすっきりしないな〜と思っている方も、
何が正しいのかわからなくなってきたと思っている方も
子どもに伝える言葉を持ちたいと思っている方も
ちょっと手に取って、
あるいは、
じっくり考えてみる機会にしていただければ嬉しいです。

<参考図書>
『子どもと暴力』 岩波書店 森田ゆり
『CAPへの招待』 解放出版社 CAPセンター・JAPAN
『CAPサクセスストーリー』 CAPセンター・JAPAN

<子どもと一緒に読める絵本>
『あなたが守る あなたの心・あなたのからだ』
  童話館出版 森田ゆり
『気持ちの本』 童話館出版 森田ゆり
『ネズミと怪獣とわたしーやってみよう!アサーティブトレーニング』
  原生林 パット・パルマー
『人権の絵本』シリーズ @「じぶんを大切に」 
            A「ちがいを豊かさに」 大月書店

<参考サイト>
NPO法人CAP青い空 http://www.npo-aoisora.net
NPO法人CAPセンター・JAPAN http://www.cap-j.net/

検索
検索語句
プロフィール

地球の楽好さんの画像
リンク集