CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

一般社団法人 地球の楽好 Blog

子どもたちの健全育成と子どもの視点での子育て支援を行っている一般社団法人地球の楽好です。地球の楽好スタッフの大切にしている想い、地域で頑張る素敵な方々との出会い、子どもに関わる情報などを綴っていきます。http://chikyuunogakkou.org/


top2.png
子どもたちが自分のカラダについて知り、体験する場「カラダの楽好」を福島で [2013年07月11日(Thu)]
昨年度も、地球の楽好では、
子どもたちのからだの発達を促す「カラダの楽好」事業を、
他団体からの依頼で福島県伊達市でおこなったり、
NPO法人地球の楽好ふくしまとの連携で
「福島つながるこそだてサロン」の中で実施したりしました。

そして、今年度は、「キッズ・ジュニア・アカデミー」事業の
一環として、更に回数を増やし、
6月20日から再開した伊達市での定期的な開催や、
福島市でのつながるこそだてサロンなどでの実施も含め、
特に福島県内の子どもたちの身体の発達をサポートできるよう
頑張りたいと思っております。

子どもたちは、生まれてから小学校に入学する位までの間に、
様々な運動体験を通じて、神経系(俗に言う運動神経)の90%が
発達すると言われています。
例えば視野に関して言えば、大人は上下120度左右150度ですが、
6歳児は上下90度左右70度程度しか見えていません。
日常生活の中で運動などを通じ、徐々に視野は広がっていきます。

幼児期にちゃんと身体を操縦できるようにしておく事が
これからの生活の土台となっていきます。
「カラダの楽好」は、楽しい運動の中で、
身体の理にかなった動かし方を身に付けながら、
子どもの時期に必要な「神経系」発育促進も目的としています。
発達発育の理論に沿ったプログラムですが、
年齢やその場の状況に応じてプログラムを変えたり、
ジャンケンのようなかんたんなゲームも混ぜたりしながら
子どもたちが、身体を心地よく楽しく動かすことができるよう
様々な工夫をしています。

7月9日に、福島市の清水学習センターでおこなった
「つながるこそだてサロン」でのカラダの楽好では、
とてもお天気がいい真夏日でしたので、
水分補給や体調管理に気を付けて、
子どもたちは、のびのびカラダを動かしました。

ボールを使った遊びや動物になりきる遊びを通して、
身体の発達を促す運動を行い、
また、絵本が大好きな子どもたちは、
皆、スタッフ手作りの温かみのあるイラストのカードに
とても興味をもって当てっこを楽しんでいました。



20130709_salon_karada.jpg


福島の子どもたちに、宮城の森で森林体験を! [2013年04月18日(Thu)]
IMG_0781.jpg


地球の楽好は、昨年度、宮城の子どもたち向けの森林体験を、
ニッセイ緑の財団さんと一緒に実施してきましたが、
今年度は、4月27日、福島の皆さんを宮城に招く企画から
スタートすることとなりました。

福島市の集合場所から、親子でバスに乗り、
ニッセイ利府の森、宮城県青少年の森にて
森作り体験、昼食を兼ねた餅つき体験、
木工教室、カブトムシ掘りなどを楽しんでいただく予定です。

WS000007.JPG


昨年度の森林教室の後には、
こんな感想を送ってくださった方がいらっしゃいました。
今回もご参加の皆さんが、素敵な体験ができますように!

このような教室に参加するのは初めてでしたが
子ども達も、私達もとても楽しい1日でした。
4歳の息子は大きい葉っぱや、枝に、木の実全てに
興味深々で、目をキラキラさせて、アレ何コレ何と聞いていました。
人見知りの娘も自然と知らないお友達と
一緒になって散策をしていました。
自然と触れあうのっていいなぁと改めて感じました。
閉会後子ども達に「どうだった?」と聞いたら
「楽しかった!」「また行きたい」と言っていました。
実は私も驚きがありました。
開会式で4班のプラカードを持って私達の前に立っていた方が
前に働いていた職場の上司でした...。
10年以上前の事で、直接そのお話はしませんでしたが
懐かしく嬉しかったです。
子ども達にも優しくして頂き感謝しています。
今回の参加は子ども達にも、私達にもいい経験になりました。
また来年参加できればいいなと思っています。
本日はありがとうごさいました。(匿名希望)


20120707nissei2.jpg
みやぎ心のケアセンタースタッフがみた子どもたちの様子と必要な支援 [2013年03月22日(Fri)]
みやぎ心のケアセンター(http://miyagi-kokoro.org/)との連携2回目の更新は
地域支援部長の福地先生に書いていただいた原稿を掲載いたします。
前回の原稿は、
キャンプ準備に長い期間遅くまで頑張っていらっしゃった
運営委員の皆さんの中から、
佐々木さん&遠藤さんに書いていただいたのですが、
この記事とあわせて、
少しでも、子どもたちの様子、置かれている状況、
そしてこれからのことについて、
たくさんの方に知っていただけますように願っております。

file5131239156112.jpg
*写真は文章の内容とは無関係です。

今回は、日頃の関わりの中で見えてきた現在の子ども達の様子や、
とされる支援や関わりについてお伝えしたいと思います。

震災直後の子ども達の多くは、神経が高ぶり、気分が高揚していました。
思春期以降の子ども達は、自分たちに起きた出来事を
ある程度認識することができ、
自分のやるべきことに向き合おうとしていました。
一方、現状認識が十分にできない年齢の子どもの中には、
突然の非日常に対して
どのように対応して良いのか分からないように見えました。
平静さを取り戻すために必要とされたのは、
子どもが家族の中で安心して過ごすことができる時間や空間でした。

親子に安心感を提供すること、
地域の繋がりを再確認することがキャンプの目的でした。
キャンプ当初は遠慮がちに過ごしていた子ども達も、
時間がたつに連れて活き活きとした姿をみせるようになりました。
活動の中で自分の身の上話をポロポロと喋る子どももいました。
多くの友達を作り、頼れるスタッフと繋がりができました。

震災から2年を経た現在、子ども達は2年分成長し、
自分の置かれている状況に向き合っています。
その見え方は2年前とは全く異なり、
「自分たちの身に起きたことはこんなことだったんだ」と
認識しつつあります。
子ども達がその場所で生きていこうと感じるために、
我々はこころの支えになるような
地域の“未来像”を描いていく必要があります。

2回にわたり、
みやぎ心のケアセンターについて紹介させていただきました。
今後も地域のニーズに合わせた
様々な事業を行っていきたいと思っております。
| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

地球の楽好さんの画像
リンク集