CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年09月 | Main | 2017年11月»
検索
検索語句
プロフィール

ちばのWA地域づくり基金さんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
日別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
sanjakudana.png
http://blog.canpan.info/chibanowafund/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/chibanowafund/index2_0.xml
【開催報告】子どもの今と未来を支える基金2016年度助成事業成果報告会 [2017年10月31日(Tue)]
『子どもを取り巻く社会課題の深掘りと、解決策の先行事例などの調査・発信・共有』をテーマに行った調査事業への助成成果報告会を10月28日に開催しました。

IMG_6239.JPG


財団初の調査〜情報発信事業の助成先には、NPO法人ダイバーシティ工房(市川市)が決定し、「発達障害児の支援を増やすための基盤づくり」のための事業を9か月間にわたり行いました。
子ども達が多くの時間を過ごす学校をさらに居心地の良い場所にするためには少しの配慮で十分叶える事ができる。この配慮のための手助けを探るために保護者や先生にアンケートやインタビューを実施。それを『特別な配慮のニーズを持つ子どもたちの支援』に関わる調査報告書としてまとめました。

IMG_6243.JPG


成果報告会では、第1部に 事業報告と調査報告  第2部には事業全体についての振り返りを出席者全員で共有しました。
IMG_6217.JPG

IMG_6224.JPG



特に第2部の振り返りでは、今回の事業で良かった点だけでなく、思うようにできなかった点などをダイバーシティ工房が積極的提示し、様々な立場の参加者からアドバイスを受ける事ができました。共通の課題を認識している立場ということで皆さんとても熱心に意見を交わしていました。

IMG_6229.JPG


同じテーマで活動をしていても、実際は他団体とのつながりはあまりありません。地域の課題解決のためには様々な方々とつながりながら活動をしていく事がどうしても必要となります。そのためにも今日はとても貴重な日になったのではないでしょうか。(事務局 竹内)

IMG_5018.jpg


なお、ダイバーシティ工房がまとめた冊子をご希望の方は、120円分の切手をちばのWA地域づくり基金までお送りください。折り返し郵送させていただきます。なお、数に限りがございますので、事前にお問合せください。
お問合せ 電話 043-239-5335  または mail info@chibanowafund.org
郵送先  〒260-0033 千葉市中央区春日1丁目20-15 篠原ビル301
     公益財団法人 ちばのWA地域づくり基金 

子どもの今と未来を支える基金について ⇒ http://chibanowafund.org/?info=762
ダイバーシティ工房HP ⇒ http://diversitykobo.org/
【参加者募集】専門家向け遺贈セミナー開催 [2017年10月05日(Thu)]
遺贈セミナー
〜一人ひとりのお気持ちに寄り添うために〜

人生の締めくくりにあたり、遺言を書かれる方が増えています。
そのご相談にのる専門家は、ご本人の人生を一緒に振り返り、締めくくりの計画をともに考えることになります。その中で「遺贈」について検討されることが増えてきています。お世話になった社会への恩返しや、遺されるご家族へのご配慮など、ご本人は様々なことに思いを巡らせられるでしょう。
同時に遺贈寄付の相談に乗る際には、法務・税務を始め、実際の寄付の活用方法、家族とのトラブル回避など幅広い知識が必要となります。
本セミナーでは、遺贈寄付の実務を行う際に必要となる知識を専門家からお伝えします。

日 時:2017年11月22日(水)13:45〜17:30(13:30〜受付)
会 場:クロス・ウェーブ幕張 中研修室
(千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンA棟 JR京葉線「海浜幕張駅」北口徒歩3分)
対 象:弁護士、司法書士、税理士、金融機関、公的相談機関の方など
講 師:山北洋二さん(一般社団法人全国レガシーギフト協会理事 NPO法人日本ファンドレイジング協会理事)
樽本 哲さん(弁護士 赤坂シティ法律事務所・NPOのための弁護士ネットワーク)
参加費:3,000円
定 員:30名 ※要申し込み
●内 容
 ・遺贈寄付の現状と留意点(山北洋二さん)
 ・遺贈をめぐる法的論点(樽本哲さん)
   遺贈寄付の法律の基礎知識/遺贈寄付にまつわる実務上の課題
 ・遺贈寄付の事例紹介
 ・遺贈寄付を全国に拡げるための取り組み・財団紹介

共 催:一般社団法人全国コミュニティ財団協会、一般社団法人全国レガシーギフト協会
助 成:公益財団法人トヨタ財団
※当セミナーは公益財団法人トヨタ財団から助成を受け、遺贈寄付の普及を目的に提供しているため、通常提供価格16,200円(税込)のところ、特別に今回の費用となっています。

主 催・お申し込み:公益財団法人ちばのWA地域づくり基金(担当:志村、竹内)
〒260-0033 千葉県千葉市中央区春日1丁目20−15篠原ビル301
Tel:043-239-5335 Fax:043-239-5336
Email:info@chibanowafund.org
お名前、ご所属・肩書き、メールアドレス、連絡先電話番号をお伝え下さい。

*******************************************************
ちばのWA地域づくり基金は、市民の寄付により設立されたコミュニティ財団です。地域における資金循環の仕組みを構築し、持続可能な地域社会づくりに取り組んでいます。昨年からは遺贈推進の全国組織「全国レガシーギフト協会」の千葉県における相談窓口となっています。http://chibanowafund.org
※個人情報は、本事業運営及び関連するご連絡のみに使用いたします。
【寄付募集開始】チャンス創造ファンド〜働きづらさを抱える人が就労支援を受ける機会を増やしたい!〜 [2017年10月02日(Mon)]
10月1日より 事業指定助成プログラム第6期の寄付募集が始まりました。 

事業名    チャンス創造ファンド〜働きづらさを抱える人が就労支援を受ける機会を増やしたい!〜
寄付募集総額 60万円
事業実施団体 特定非営利活動法人ユニバーサル就労ネットワークちば
寄付募集期間 2017年10月1日〜2018年3月20日

事業概要または寄付の方法についてはちばのWA地域づくり基金のホームページをご覧ください。

“働きづらさ”って何?” ”就労支援ってわざわざ受けなければ働けないってどういう事?”支援を受けながら交通費が必要って?”など、この事業は、普通に生活をしているとなかなか知る機会のない内容だと思います。

しかし”今”対象になる方を支援をすることが、その後の社会全体の利益がにどれだけ多くもたらされるかを考えると、この『チャンス創造ファンド』はとても大きな役割を果たすことになります。
少子高齢化が進み、働く世代が少なくなっていく将来を見据え、1人でも多くの”働きたいという意思を持つ”方々が社会に出て働く訓練を受けるチャンスを作る事は必要です。

また、生活困窮者自立支援法の中の就労準備事業は国の制度なので全国で行われていますが、交通費等の支援はありません。この制度を使って支援を行っている、行政を含むすべての支援者は”交通費等”の問題に頭を悩ませています。
そこでこの『チャンス創造ファンド』事業が全国でも先駆的な役割を果たし、最終的には国の支援でカバーされるように政策提言を行えるようにしていく事も考えています。

ぜひ この事業のもつ社会的な意義につい理解をいただき、皆様からの温かいご支援をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

事業概要はこちら右矢印1http://chibanowafund.org/?info=1728


寄付振込先 (当財団への寄付は税制優遇の対象となります)
●郵便振替 
加入者名 ちばのWA地域づくり基金寄付講座
口座番号 000140-57080
※ 通信欄に 「チャンス創造ファンド寄付」とご記入いただき、さらに住所 お名前 連絡先 および領収書の有無も明記してください。後日、2018年1月ごろ領収書を送付いたします。
●クレジットカードでのご寄付はホームページよりお願いいたします。