CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年03月 | Main | 2017年05月»
検索
検索語句
プロフィール

ちばのWA地域づくり基金さんの画像
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
日別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
sanjakudana.png
http://blog.canpan.info/chibanowafund/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/chibanowafund/index2_0.xml
新年度スタート!スタッフ紹介 [2017年04月17日(Mon)]
2017年度になり新たにスタッフを迎え、事務局3名体制となりました。
2017年度は寄付受け入れ体制の強化や複雑多様化する地域社会課題に、さまざまな主体が協働して取り組んでいけるような仕組みづくりを進めていきます。
千葉のより良い未来に向けてスタッフ一同邁進してまいりますので、今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします!

IMG_5477.JPG
(左から竹内・眞柳・志村)


それでは、新スタッフからのメッセージをお届けします。
**************************
はじめまして!
4月から『ちばのWA地域づくり基金』で勤務することになりました、眞柳 麻奈(まやなぎ まな)と申します。船橋市生まれ、現在は千葉市に夫とこども3人(5歳、1歳の双子)と暮らしています。

つい数年前まで「NPO、市民活動」というワードを聞いても、意識の高い方々がされる特別なこと、とどこか人ごとのように感じていました。今も多くの人にとってそれが現実なのだろうと思います。

夫の転勤で山口県に3年間暮らし、そこで初めて「市民としての意識」を持って生活を送ったことで価値観が変わりました。
行政がサービスを提供してくれるのを待つのではなく、ないものはつくれ!困っていることは知恵を出し合えば解決できる!山口の熱意ある方々に教えていただきながら子育て支援のNPOを立ち上げ、2年間現場での経験を積んでまいりました。

千葉に戻り、地域の課題を自らの手で解決した経験を、ふるさと千葉で活かしたい!(かつて人ごとだった私だからこそ)私たちそれぞれが地域社会の担い手であることを千葉の方々に伝えたい!そんな思いで『ちばのWA地域づくり基金』で勤務させていただいています。

私に与えられた一番のミッションは『ちばのWA地域づくり基金』を理解し、共感していただける方を増やしていくことです。私たちは「公益」を目的としている組織ですので、一般の方には事業内容や成果がわかりづらく、また『ちばのWA地域づくり基金』の存在意義についても十分にお伝えしきれていないことを残念に感じます。
これから積極的に街に出て、ひとりひとりの方のお考えを伺いながら『ちばのWA』をアピールしていきます。
一方で、『ちばのWA』全体としてのミッションを事務局のみなさんとしっかり共有しながら、事業の成果についてもシビアに追っていかなければならないと思います。 
これからの「新しい『ちばのWA』」に期待してください!
ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします。