CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年10月 | Main | 2016年12月»
検索
検索語句
プロフィール

ちばのWA地域づくり基金さんの画像
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
日別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
sanjakudana.png
http://blog.canpan.info/chibanowafund/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/chibanowafund/index2_0.xml
【NPO三尺店】物品提供のお知らせ(ダイニングテーブルセット) [2016年11月25日(Fri)]
[ダイニングテーブルセット 2016年11月25日] 終了しました
NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ様より物品提供がありました。
要件をご確認の上、ご希望の団体はお申し込みください
要件の確認についてはこちら http://blog.canpan.info/chibanowafund/archive/63


◆申し込み方法:下記の「物品提供申込書」にご記入の上、FAXまたはメールでお申し込みください。
TEL/FAX:043‐270-4640(平日9:30〜18:00)
E-mail:info@chibanowafund.org
「申込書」 shigen_moushikomi.doc
◆申し込み締め切り  2016年12月6日(火)(申し込み先着順)
◆引き取り場所:千葉市花見川区検見川町3-159-2 多世代交流拠点おおなみこなみ
◆引き取り期限:12月9日(金)まで 引き取りについては後日日程を調整させていただきます。

※お申し込みにあたっては、団体情報の最新情報が公開されていることが条件となります。
 また、物品の提供を受けた場合、活用報告書を提出していただきます。


ひらめき67 ダイニングテーブルセット(ダイニングテーブル1台 ダイニングチェア4脚) 
テーブルは若干低めです。テーブルの大きさ 200p×100p×高さ65p

ダイニングセット.jpg


ダイニングチェア.jpg



ラッピング支援ベンダー第1号設置しました [2016年11月22日(Tue)]
ソーケン製作所様、キリンビバレッジ様のご協力のもと、ちばのWA地域づくり基金オリジナルラッピングの支援ベンダー第1号ぴかぴか(新しい)を設置させていただきました。
場所は市川市田尻です。
後ろの緑の壁になじんでいい感じですね~。
こちらの自動販売機で飲料を購入すると一部が千葉県内の地域課題解決の支援金になりまするんるん
毎日何気なく購入している缶コーヒーやお茶で社会貢献ができるのですexclamation

161122_ソーケン製作所_1.jpg


161122_ソーケン製作所_2.jpg


この後、船橋市、千葉市の企業様のご協力のもと順次設置を進めています。
自動販売機の新規設置を検討されている方、ぜひこのちばのWA支援ベンダーを置いてみませんか?
お問い合わせは、ちばのWA地域づくり基金(志村/竹内)電話043-270-4640
または東京キリンビバレッジサービス株式会社千葉西営業所(平出)電話047-479-5540
までお気軽にどうぞ。



【ご報告】全国レガシーギフト協会設立 [2016年11月17日(Thu)]
人生の集大成の社会貢献を、安心してできる社会の実現を目指して、11月14日一般社団法人全国レガシーギフト協会が設立されました。

全国に設置される「いぞうの窓口」のひとつとして、このたびちばのWA地域づくり基金も相談、情報提供、受け入れ等の協力していくことになりましたのでお知らせいたします。

ひらめき一般社団法人全国レガシーギフト協会「いぞうの窓口」
https://izounomadoguchi.jp

遺贈寄付について、40歳以上の男女の21%が相続財産の一部を寄付することに関心があるという調査結果がある中、遺贈寄付の意思のある人のうち、実際に遺言を作成している人は3.9%にとどまるそうです。
なぜ遺贈寄付が進まないのでしょうか。
まず一つは、どんな手続きが必要かわからない、寄付が何に使われるのかわからない、詐欺にあわないか不安…という寄付者の不安。
もう一つは、遺贈寄付に詳しい専門家が少ない、信頼できる寄付先や相談先を紹介できる仕組みがない、不動産や有価証券の寄付がしにくい税制など仕組みに関する課題があります。
全国レガシーギフト協会では遺贈寄付の窓口となる専門家、マッチングや資金提供を行う中間支援組織、寄付の受け手となる団体との連携をし、寄付者の不安を解消、軽減する仕組み作りを行っていきます。
遺贈寄付を希望する方のご希望を叶え、遺贈寄付が地域の未来資産となるように、お手伝いをさせていただきます。

今後は千葉県内でも専門家のネットワークをつくるために弁護士、税理士、司法書士を対象とした遺贈寄付勉強会を始めます。
詳細は決まり次第ご案内いたします。