CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年04月 | Main | 2016年06月»
検索
検索語句
プロフィール

ちばのWA地域づくり基金さんの画像
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
日別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
sanjakudana.png
http://blog.canpan.info/chibanowafund/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/chibanowafund/index2_0.xml
【NPO三尺店】物品提供のお知らせ(プリンターインク) [2016年05月23日(Mon)]
[プリンタインクカートリッジ 2016年5月23日] 終了しました
NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ様より物品提供がありました。
要件をご確認の上、ご希望の団体はお申し込みください。
申し込み先着順 無くなり次第終了します。


要件についてはこちらでご確認ください。http://blog.canpan.info/chibanowafund/archive/63
「申込書」→shigen_moushikomi.doc
申し込み:ちばのWA地域づくり基金
FAX:043‐270-4640
E-mail:info@chibanowafund.org

※お申し込みにあたっては、団体情報の最新情報が公開されていることが条件となります。
 また、物品の提供を受けた場合、活用報告書を提出していただきます。


新月インクはすべて brother社製 MFC-J5910CDW・MFC-J6510DW・MFC-J6710CDW・MFC-J6910CDW 用です。

ひらめき63 純正4色お徳用パック(LC17BK・LC17C・LC17M・LC17Y) 箱あり 未使用品 使用期限2017/07 1箱
IMG_2288.jpg


ひらめき64 純正ブラック(LC17BK) 箱あり 使用期限2016/09 箱なし 使用期限不明 各1個
IMG_2289.jpg


ひらめき65 純正マゼンダ(LC17M) 箱なし 使用期限不明 4個
IMG_2291 (1).jpg


ひらめき66 純正シアン(LC17C) 箱なし 使用期限不明 1個
IMG_2290.jpg







【募集情報】東日本大震災 被災地、被災者支援活動助成事業募集のお知らせ [2016年05月13日(Fri)]
東日本大震災から5年が過ぎました。被災された方々が安心して地域の中で暮し続けていくためには、さまざまな支援が必要です。当初から支援活動に取り組んでいるNPOやボランティア団体には継続的な活動が求められ、新たな取り組みも期待されています。本プログラムでは、県内の被災地、被災者や避難者が地域で安心して暮らしていくために支援活動を行う団体を募集します。
本助成金は、日本労働組合総連合会千葉県連合会のカンパ活動と千葉県労働者福祉協議会のチャリティ募金からの寄付により、被災者、避難者が地域で安心して暮らしていくための支援活動を行う団体に対して助成を行います。

みなさまのご応募をお待ちしております。

●対象となる事業
東日本大震災の千葉県内の被災地、被災者や千葉県内への避難者を支援する活動、被災当事者による自立支援活動などを対象とします。
※1団体につき1件の応募に限ります。
●助成対象となる団体 
(1) 千葉県内で活動するNPO・市民活動団体(法人格、活動年数は不問)
(2) 申請した事業を適切に実施できる団体
(3) 助成金交付が決定した際に、団体の活動に関する様々な情報を継続的に広く社会に発信していく事が出来る団体
(4) 当財団によるヒアリング、事業報告書の提出・公表、成果報告会への参加に同意すること
●対象事業の実施期間
2016年4月1日から2017年2月28日の間に実施される事業(すでに実施している事業でも期間内であれば申請できます)
●助成金額
助成総額40万円(1団体あたりの助成額は上限20万円)
●助成対象となる経費
助成対象経費は申請した事業実施に係る次の費目とします。
・会議費(茶菓代含む)、会場賃料、旅費交通費、通信運搬費、備品費、印刷製本費、諸謝金、人件費、消耗品費等
・人件費のみの申請は対象となりません
●応募受付期間
2016年6月1日(水)〜6月30日(木)
●応募方法 
上記受付期間内に、応募書類(※)を事務局まで郵送でご提出ください(必着)。
※助成申請書および募集要項は公益財団法人ちばのWA地域づり基金ウェブサイトからダウンロードできます。(http://chibanowafund.org/?news=1438
(※)応募書類
・助成申請書
・これまでの主な活動がわかる報告書 (チラシやパンフレットでも可)
【ご報告】組織基盤強化セミナー・連続5回終了 [2016年05月07日(Sat)]
「本気で地域課題の解決を目指すNPOのための 『成果』につなげる組織力強化セミナー(全5回)」が終了しました。

過疎高齢化、子どもの貧困、自然の荒廃など地域ごとに抱える課題が顕在化する中、その解決に挑むNPO・公益活動団体の役割は高まっています。
急速に変化する社会に対応し、課題を解決するために大切なことは、自団体の組織基盤強化と地域全体での課題解決に向けた基盤を強化することの両面から展開することです。
このセミナーでは、団体の存在意義、そしてゴールでもある社会的な成果(ソーシャルインパクト)を常に念頭に置きながら、事業・サービスの拡大、ファンドレイジング(資金調達)など、NPOの活動に不可欠なマーケティングの実務やノウハウを習得し、戦略的な事業計画をつくることを目的に、2月から5回連続で開催しました。
開催概要はこちら→http://chibanowafund.org/?news=1376

IMG_4293.jpg


IMG_4282.jpg


参加団体は、NPO法人子どもの環境を守る会Jワールド・報徳の会・NPO法人ほっとすぺーす・つき・四街道市みんなで地域づくりセンター(NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ)の4団体でした。
まずは団体のビジョン、ミッションの再確認から始まり(←意外とここでつまづきましたがく〜(落胆した顔))、ミッションに連動した事業の成果指標をつくり、受益者・支援者の設定、そして具体的なスケジュールまで。
初めて聞く言葉あり、毎回たっぷりの宿題ありと、この3ヶ月間、いつも以上に頭を使い、いつも以上に組織内で話し合ったのではないでしょうか。
IMG_3986.JPG

自己満足の活動に終わらせない、社会的成果を求める団体であればこのようなことを日頃からやっていないといけませんね。
最終回は、これまで取り組んだことを「今後3年の中期事業計画」としてまとめ、皆の前で発表しました。
講師や参加者から質問やアドバイスをいただくことができました。
IMG_4292.jpg


IMG_4284.jpg


IMG_4295.jpg


最後に講師からは「ここからがスタートです!」と激励されあせあせ(飛び散る汗)ました。
ぜひ、セミナーに参加して終わりではなく、学んだノウハウを今後の活動に活かしていきましょう!
講師の長浜洋二さん(株式会社PubliCo)、加藤剛さん(公益財団法人トヨタ財団国内助成グループ)ありがとうございました!そして、参加団体の皆さま、お疲れ様でした!!

報徳の会さんもブログで紹介してくださっていますので、ご覧ください。http://uchidanokaze.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-7115.html