CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ネットワーク構築事業 | Main |  支援ベンダー»
検索
検索語句
プロフィール

ちばのWA地域づくり基金さんの画像
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
日別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
sanjakudana.png
http://blog.canpan.info/chibanowafund/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/chibanowafund/index2_0.xml
稲毛のアートカフェで [2014年10月14日(Tue)]
10月10日(金)、京成稲毛駅前の「稲毛オープンスタジオ」にてお話しする機会をいただきました。
千葉大学普遍教育科目「アートをつくる」(通称:CHIPS)が、稲毛オープンスタジオを拠点にし、「アートアートでヒトとマチをつなぐ」をコンセプトに商店街と連携して地域活性化に取り組んでいます。
写真 1.JPG

アートカフェは8月から月2回第一第三土曜日(10月のみ金曜日)に開催、身近なアートを話題に自由に意見交換をするものです。
そこで「資金を集めて地域づくりに活かす」をテーマに、なぜ今「寄付」が必要なのか、ちばのWA地域づくり基金の取り組みなどを牧野&志村でお話しさせていただきました。
写真 2.JPG

写真 3.JPG

参加者は、学生、商店街の店主、大学の先生、地域の人などで、ビールやソフトドリンクを飲みながら、ゆるりとした雰囲気で進みました。
後半の意見交換では、参加者それぞれの寄付やボランティアに対する考え、なぜ寄付をしないのか、個人レベルで日常的に行っている支援活動などを聞くことができ、新たな気づきもたくさんいただくことができました。
最後はギターの生演奏で「知床旅情」をみんなで歌いるんるんあっという間の2時間でした。
終了後、一人の学生さんが「すごくよかったです。もっと聞きたいです。」と言ってきてくれたことや、いろいろな立場の方のお話しを聞くことができて楽しい時間を過ごすことができましたるんるん
ありがとうございました。

次回は10月24日(金)19:00〜21:00「人の輪が織りなす町の元気―コーディネート奮闘記」として、四街道みんなで地域づくりセンターとNPOクラブのスタッフがお話しします。
お時間ある方はぜひ行ってみてください。
家稲毛オープンスタジオmap
「スグキフ」できます [2014年04月11日(Fri)]
NEWちばのWA地域づくり基金では、スマートフォンやiPadからクレジットカード決済できる「Square」http://squareup.com/jp)を導入しました。
いつでもどこでも、その場ですぐにキフできる、名付けて「スグキフ」

特長は3つ。
1.「いつでも」
「応援したい!」と思った団体に出会った時、すぐにクレジットカードで寄付できます。
2.「どこでも」
イベント会場でも、PCがない屋外でも受付けできます。
3.「すばやく」
通常のクレジットカードによる寄付は、寄付先の団体に届くまで1〜2ヶ月かかってしまいます。「スグキフ」ならカード決済をした日から、7~10日ですばやく想いを届けることができます。
square_image.jpg


イベントなどで「スグキフ」を見つけた際は、ぜひご利用くださいるんるん

※HPからこのスグキフを利用して寄付をすることはできませんので、イベント会場や、事務所にお越しの際にご利用ください。