CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
検索
検索語句
プロフィール

ちばのWA地域づくり基金さんの画像
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
日別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
sanjakudana.png
http://blog.canpan.info/chibanowafund/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/chibanowafund/index2_0.xml
【開催報告】「つたえる・つながる・シェア会議〜地域社会の課題解決のためにできること〜」 [2018年12月20日(Thu)]
12月15日(土)「つたえる・つながる・シェア会議〜地域社会の課題解決のためにできること〜」を開催しました。
48404390_805003736501783_5028029848770052096_n.jpg


日時 2018年12月15日(土)14:00〜16:30(受付13:30〜)
会場 ホテルメイプルイン幕張 研修室(JR幕張本郷駅・京成幕張本郷駅より徒歩3分)
参加者 23名

主催 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金
協力 株式会社ソーケン、ホテルメイプルイン幕張
※寄付月間2018公式認定企画

◆プログラム◆
・開会のあいさつ
<第1部>見過ごすことができないと課題解決に挑む方のストーリー
・「親の離婚を経験した子どもたちを支援するということ」

スピーカー:光本 歩さん(NPO法人ウィーズ 理事長)
・質疑応答

●スピーカープロフィール
1988年8月生まれ、13歳のときに両親が離婚。
自らが父子家庭に育った経験から「子どもが育つ環境によって、抱く希望や夢に制限がかかってはいけない」という思いを強くし、2010年、ひとり親家庭向けの低価格学習塾を立ち上げた。現在まで、親の離婚を経験したこどもからの相談対応をはじめ、様々な子どものための支援活動(学習支援・面会交流支援など)や親をはじめとする大人たちを啓発するための講演・執筆活動を行っている。
IMG_7770.JPG


〜休憩〜
<第2部>対話から始まる地域の未来づくり
・地域円卓会議・協働による地域づくりの可能性について

地域の「困りごと」を単独あるいは二者間での解決型から、地域全体が協働して解決していくアプローチの必要性と実践事例をご紹介。
●「いちはらの未来を考える地域円卓会議〜地域課題解決のための、多様な担い手の連携を目指して〜」
●「弧育てを防ぎ、子育てを地域で支え合うプロジェクト(松戸市)」
<交流タイム>

【開催報告】
○第1部「見過ごすことができないと課題解決に挑む方のストーリー」

NPO法人ウィーズ理事長光本さんより、ご自身の生い立ちや経験から親の離婚を経験した子どもの声とピアサポーターの必要性をお話しいただいた。
年間23万人親が離婚した子どもが生まれること、当事者にとって家庭の悩みを言える存在が必要なこと、特に経験者に相談したいこと、別居親へのサポートも必要なことなど。
参加者から「光本さんの自己肯定感はどこからきているのか?なぜ自暴自棄にならなかったのか?」という質問があった。
光本さんは、高校で出会った先生が経験者であったために、悩みを相談できたこと、励まされたこと、親を否定することは自分を否定することになるので、やめようと思った。また現在子どもの力になることで自分の気持ちを消化して言っている、と回答された。

○第2部「対話から始まる地域の未来づくり」
IMG_7774.JPG

理事長関谷より、課題の当事者に接近することが市民活動の原点であるが、課題が複雑化し一括りにできない。これまで以上に共有することが求められる。NPOは団体活動が主になっていないか、課題解決になっているか?
地域が横につながることが不可欠で、地縁組織も含め地域の課題解決を見える化するために地域円卓会議は有効である。
○事例報告
専務理事志村より、松戸市で実施中の「子育ての孤立によるドロップアウトの予防」PJの紹介をした。虐待通報件数や不登校児童生徒の増加傾向などから、背景にある親の孤立を地域で防ぐため、NPO、行政、教育機関、事業者等のつながりをつくっている。
課題を共有するために実施した地域円卓会議の有効性を事例として紹介した。
続いて、いちはらの未来を考える地域円卓会議の開催経緯、概要について紹介。
共催した市原市市民活動支援課小橋さんより「庁内で横断的に何かしようと検討していた時に円卓会議の話をもらい、開催に至った。ほかの課には「総合計画に明記されている」と言って協力を得た。当日は市内で大きなイベントが複数あり、人集めが苦労した。もっと若い人にも参加してほしかった。」などお話しいただいた。
参加者から「円卓会議開催にあたってのちばのWAと市の役割分担は?」「横のつながりをつくるのは大事だと思うが、どうやって連携するればいいのか?」という質問があった。
48362995_1150164575136045_4855015741314826240_n.jpg

48259053_347491042747486_7062046615497867264_n.jpg


○参加者アンケートより:満足度平均89点
「シェア会議での気づきや学び、感じたこと、印象に残った言葉は?」
・地域活動の支援にはまず「当事者に接近することが大事」という言葉を聞き、身を正しました。
・地域課題の解決のために活動するのではなく、団体活動するために目的、課題を設定していないかという点は、私の住む地域の団体(市民団体、企業、行政など)に見受けられると感じます。
・「横のつながり」が大切なことは常々感じていることなので、こういう会をうちでもやれないかと思います。
・形としての円卓会議は外見は良さそうに見えるが、話だけでは価値は無い。どう行動・成果に結びつけていくか?が課題
・ひとり親家庭の子の支援と離婚家庭の支援は別であることを考えたことがなかったので勉強になりました。
IMG_7769.JPG

IMG_7772.JPG

この日、「親の離婚を経験した子どもたちの「心」に寄り添うサポーターを育てるプロジェクト」に34,500円の寄付をお預かりしました。ありがとうございました。

ひらめきちばのWA地域づくり基金では、地域や社会の課題を発見、共有する場として継続的にシェア会議を開催していく予定です。
※「シェア会議」は公益財団法人みんなでつくる財団おかやまから始まりました。
【(カテゴリーなし)の最新記事】
Posted by Shimura.H at 15:40 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【開催報告】「いちはらの未来を考える地域円卓会議」 [2018年12月08日(Sat)]
去る12月1日(土)、市原市にある夢ホールにて「いちはらの未来を考える地域円卓会議〜地域課題解決のための、多様な担い手の連携を目指して〜」を開催しました。
テーマは「10年後の団地の姿から地域づくりを考える」ということで、地域住民の方や市内の方、行政職員や議員など53名が参加しました。
図1.jpg

若宮団地は高度成長期に開発された団地で、入居から半世紀が経ちました。高齢化率は46%と市原市内の団地で最も少子高齢化が進んでいます。
連合自治会としては「団地の若返り・まちづくり」を喫緊の課題として「まちづくり委員会」を立ち上げ、様々な課題に取り組んでいます。住民による子育て支援や高齢者支援等の地域福祉活動も活発に行われている一方で、唯一のスーパーが閉店、空き家が増加、担い手の高齢化、地域内の人口の偏りなど新たな課題も顕在化してきています。
10 年後、20 年後も安心して暮らせるまちになるために、課題や事例を共有する機会となりました。
まちのことを真剣に考え、どうにかしたい!と熱い思いを持っている方がこんなにたくさんいる若宮が羨ましくも思えました。
図4.jpg

<論点提供者>平山 満さん(若宮団地連合自治会会長)
<センターメンバー>
高橋栄一さん(市原市市民生活部市民活動支援課課長)
菅野泰夫さん(若宮小学校区まんまるネットワーク会長)
高島和宏さん(株式会社Kurosawa Kawara-ten)
森永良丙さん(千葉大学大学院工学研究院都市環境システムコース准教授)
市古昌也さん(千葉日報社市原支局記者)
司会進行・記録:公益財団法人ちばのWA地域づくり基金

【参加者アンケートより】(一部抜粋)
満足度4.0
・色々な方の意見聞くことができ、発言もでき、よかったと思う。
・色々な立場の識者の方々から、非常に参考になる話を聞け、自分の住んでいるまちを見つめ直すきっかけとなった。
・空き家問題に集中しすぎた。二人とも建築関係だけだった。若宮の発表は全体的問題でよかったが。
・高齢化率46%でとても心配していて、どうしようかと考えてると思いますが、若い人をどうまちづくりに取り組むかがとても大事だと思うので、若者率の把握はしてほしかったです。このような会(団地に向けた)は定期的にやってほしいです。
図6.jpg

47314938_264993940837386_2330897464711708672_n.jpg


実施報告書[PDF形式]ダウンロード

※地域円卓会議とは
「地域円卓会議」は地域社会において多様な主体が連携することをめざし、テーマ(課題)を共有し、アイデアと知見を持ち寄り、ネットワークを構築するための対話の場です。企業・行政・地域・学識・メディア等、多様な見地を有するメンバーが一堂に会し、提示された課題を多角的な視点から考察し、解決をめざして議論します。
【開催報告】「子どもの今と未来を支える基金」助成事業成果報告会を開催しました [2018年06月18日(Mon)]
6月16日(土)、「子どもの今と未来を支える基金」2016年度助成事業成果報告会を開催しました。

●日時:2018年6月16日(土)13:30〜14:45
●会場:千葉市ビジネス支援センター会議室1
●参加者:13名
●報告団体・事業名:
@NPO法人ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク
「フリースクールで行われる多様な学習支援」
助成額と使途:20万円(講師謝金、賃借料)
ANPO法人ウィーズ
「離婚後の親子の面会交流に関するイベントの開催」
助成額と使途:20万円(イベント開催費用)
BNPO法人カフェ・バルコニーの家
「モーニング子ども食堂」
助成額と使途:20万円(調理器具、製氷機の購入)

当日は、3団体による事業報告が行われ、それぞれ実施結果、成果と課題を発表していただきました。
どの団体の活動も制度ではカバーされない課題であり、公的資金支援は得られない状況です。
このような活動が継続できる資金支援のほか、専門性を持った担い手を育成し、担い手が働き続けられる資金支援が必要だということをみなさんおっしゃられていました。
弊財団としても仕組みの構築を考えていかなければならないと感じました。
IMG_7038.JPG

IMG_7057.JPG

IMG_7050.JPG


その後参加者から質問や応援メッセージをいただき、短い時間でしたが交流することができました。
IMG_7052.JPG


本報告書にまとめました→2016助成事業実施報告ダイジェスト(報告用).pdf
【開催報告】ソーシャルビジネスセミナー開催しました [2018年06月11日(Mon)]
5月30日(水)、ちばソーシャルビジネス支援ネットワークとして初開催となる「ソーシャルビジネスはじめの一歩〜地域の課題をビジネスの手法で解決するためには〜」を開催しました。

●日時:2018年5月30日(水)13:30〜16:30
●会場:日本政策金融公庫千葉支店会議室
(千葉市中央区新町1000センシティタワー14階)
●対象:NPO立ち上げや起業を考えている方、起業した方
●参加人数:21名

セミナーでは、特定非営利活動法人コミュニティワークス(木更津市)の理事長である筒井啓介さんをお招きし、自身の体験を通じたソーシャルビジネスのあり方についての基調講演をいただきました。その後、参加者から筒井氏への質疑応答を挟んで、参加者同士の意見交換会を実施しました。お互いが抱えている悩みを共有することで、ソーシャルビジネスに携わる者同士の新たな絆が生まれました。
180530セミナー写真2.jpg

参加者からは、「新たな人脈を作る事ができた」、「抱えている課題を解決するためのヒントが得られた」等のご感想をいただきました。また、本セミナーは「ちばソーシャルビジネス支援ネットワーク」のキックオフセミナーであり、今後も本ネットワークによるセミナー開催についての多くのご要望をいただきました。
180530セミナー写真1.jpg


*「ちばソーシャルビジネス支援ネットワーク」は、地域社会の課題をビジネスの手法で解決しようとする社会的企業やNPOが抱える経営上の課題や悩みを、地域の支援機関が連携してサポートするネットワークとして2017年1月に千葉県内7つの支援機関により発足しました(参加支援機関:公益財団法人ちばのWA地域づくり基金、特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ、千葉信用金庫、銚子信用金庫、東京ベイ信用金庫、日本政策金融公庫、中央労働金庫)。
【お知らせ】使用済みインクカートリッジ回収ボックッス新規設置 [2018年04月13日(Fri)]
新たに四街道市みんなで地域づくりセンターにインクカートリッジ回収ボックスを設置していただきました。

みんなで地域づくりセンターは、地域づくり、まちづくりに関する様々な情報を広く集めて発信し、団体と市民、行政機関をつなぎ、市民みんなが関わる地域づくりを推進しています。
元気なコーディネーターが迎えてくれる支援センターです。

こちらのセンターで回収されたインクカートリッジ分は弊財団が設置する「子どもの今と未来を考える基金」に寄付されます。そして子どもを取り巻くさまざまな課題、とくに貧困・虐待・孤立の実態に向き合い解決に取り組む活動の支援のために使われます。
インクカートリッジの回収にはどなたでもご協力いただけますので、ご不要な使用済インクをお持ちの方はぜひお運びください。
IMG_6852.JPG

●場所
四街道市みんなで地域づくりセンター(四街道市大日396(文化センター1階)
開館日:火曜日-金曜日 9:00-20:00 土曜日 9:00-17:00
↓四街道市みんなで地域づくりセンターHP↓
http://minnade.org/

ちばのWAでは、寄付を身近に、気軽にしていただきたいと、使用済インクカートリッジの回収に取り組んでいます。回収されたカートリッジは専門業者に買い取られ、ちばのWAの事業を支える寄付となります。
※回収BOXの設置にご協力くださる団体様や企業様などがいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。
 ちばのWA地域づくり基金事務局
info@chibanowafund.org
【ご報告】遺贈寄付促進について相続診断士会でご紹介 [2018年04月11日(Wed)]
先日、千葉県相続診断士会第22回定例会にお招きいただき、遺贈寄付について弊財団の取り組みをご紹介させていただきました。

*相続診断士とは、「相続」が「争族」にならない為に、笑顔で争族を迎えるお手伝いをするのが「相続診断士」の求められる社会的役割です。相続の基本的な知識を身につけて相続診断ができる資格です。(一般社団法人相続診断協会HPより http://souzokushindan.com/

*『相続診断士会の目的』
相続診断士会は、『日本から争いを無くし笑顔相続を広める』という相続診断協会の崇高な目的に賛同し、その目的達成のために志の高い相続診断士が集い、情報交換や勉強会などにより自己研さんを行う事を目的とします。
「教える事は学ぶ事」の精神で、己の利益は追求せず、ボランティアの精神で相続診断士の仲間と学ぶ姿勢のある方が参加資格を有します。(千葉県相続診断士会より)

ということで、税理士、行政書士、生命保険や不動産関係の方など相続診断士が参加し、毎月「相続」にまつわる旬なテーマで勉強会をされているそうです。
この日は相続の新しい選択肢としての家族信託と遺贈寄付がテーマでした。
まずは行政書士で相続診断士の先生から家族信託について講義とワーク。
30411765_1720981834633629_5612750368644530176_n.jpg

その後、弊財団の紹介と遺贈寄付促進のための取り組みについてお話させていただきました。
内容は「遺贈寄付」の現状について、今後遺贈寄付が拡がる可能性があること、一方で当事者の不安や不安を解消する仕組みが整備されていないこと。
そして、不安を解消し、安心して「思い」を実現できる様々な取り組みについて、です。
30594805_1721557304576082_2843974558539579392_n.jpg

「遺贈寄付についてクライアントからの要望があったが、どこに繋いだらいいのかわからず実現できなかった。」
「相続人がいない人が増えている中で遺贈寄付について知ることができてよかった」
「相続だけでなく信託と遺贈寄付は相性がいい」
など、ご意見をいただくことができました。
多様化する社会の中で、選択肢も増えていることを多くの方に知っていただく活動を連携して進めていきたいと思います。(志村)

************
ちばのWA地域づくり基金では、全国レガシーギフト協会が各地に設置している「いぞう寄付の窓口」の一つとしてご相談を受け付けています。
遺贈寄付を希望する人の多くが、その「人生の集大成のひとつとしての社会貢献」を実現させるために安心して相談できる仕組みであり、信頼できる団体や専門家のご紹介、冠基金の創設のお手伝いもさせていただいています。
お気軽にご相談ください。
電話ちばのWA地域づくり基金 TEL:043−239−5335
サーチ(調べる)一般社団法人全国レガシーギフト協会「いぞう寄付の窓口」
https://izoukifu.jp
【お知らせ】支援ベンダー新規設置 [2018年03月28日(Wed)]
「ちばのWAの自動販売機で飲料を購入すると千葉の未来づくりへの寄付になる」

新たに弊財団オリジナルラッピング支援ベンダーが千葉市花見川区㸿橋町の有限会社飯田産業様に設置されました。
iidasangyo.png


iidasangyo2.png


このデザイン、自動販売機や風景にマッチしてとてもいいそうですよ。とキリンビバレッジのご担当者がつぶやいていました。
ちばのWAの支援ベンダーを見かけたらぜひご購入を。そして、新規設置してくださる場所も探しておりますので、ご関心ありましたらご連絡ください。
TEL:043-239-5335(ちばのWA地域づくり基金:志村)
TEL:047-479-5540(東京キリンビバレッジサービス株式会社:矢口様)
【ご報告】「ノンアレカフェ開催事業」を応援してくださった皆様へ [2018年03月08日(Thu)]
【弊財団を通じて「ノンアレカフェ開催事業」を応援してくださった皆様へ】
2014年、事業指定助成プログラム第2期「アレルギーを持つ親子が安心して外食できるノンアレカフェ開催事業」として、寄付募集をし、多くの方からのご寄付を届けさせていただきました。
その「ノンアレカフェ」(NPO法人千葉アレルギーネットワーク)さんが4年近く続けて来たカフェ事業を閉鎖されるそうです。
アレルギーを持つ親子向けの飲食店で、しかもお料理をいただきながらアレルギーの相談をすることができる場はめずらしく、テレビや新聞等メディアにも多く取り上げられました。
残念ながら3月3日の営業をもってカフェは閉鎖し、相談事業を別の場所で始められることにしたそうです。
新たな場所は石井食品様のコミュニティスペース(船橋市)だそうです。
団体の皆様にとって悩んだ末の決断だったと思いますが、心機一転今後も相談事業を頑張ってください。
ノンアレカフェスタッフの皆様、長い間お疲れ様でした。
そして弊財団を通じてご支援くださった皆様、ご理解とますますのご支援を賜りますようお願いいたします。
(事務局志村)
IMG_0116.JPG
【ご報告使用済みインクが寄付になる!〜回収結果ご報告(生活クラブ千葉様)〜 [2018年03月08日(Thu)]
■101個のインクカートリッジが集まりました■ 

1/22(月)〜2/18(日)の期間限定で、生活クラブ千葉様のデポー(直営の小売店)3店舗で店頭回収にご協力いただきました。
 デポー店頭に置かせていただくのは初めての試みで、呼びかけに応じて下さる組合員の方がどのくらいいらっしゃるのか不安もありましたが、短い期間にも関わらず、多くの方にご協力いただきましたことを感謝申し上げます。
(写真はデポーみつわ台店での回収の様子)

ちばのWAでは、寄付を身近に、気軽にしていただきたいと、使用済インクカートリッジの回収に取り組んでいます。回収されたカートリッジは専門業者に買い取られ、ちばのWAの事業を支える寄付となります。

※回収BOXの設置にご協力くださる団体様や企業様などがいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。回収に必要な資材などは協力会社から無償で提供されます。費用は一切かかりません。
 
 ちばのWA地域づくり基金事務局
 info@chibanowafund.org
 043-239-5335

201801〜02生活クラブ千葉3デポー実験回収の様子(みつわ台).jpg
【ご報告】捨てないで!使用済みインクが寄付になる!〜ご寄付ありがとうございました〜 [2018年03月08日(Thu)]
NPOクラブ様(千葉市)のご提供くださった使用済インクが
■525円のご寄付になりました(2017年12月分)■ 

ちばのWAでは、寄付を身近に、気軽にしていただきたいと、使用済インクカートリッジの回収に取り組んでいます。回収されたカートリッジは専門業者に買い取られ、ちばのWAの事業を支える寄付となります。
※回収BOXの設置にご協力くださる団体様や企業様などがいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。回収に必要な資材などは協力会社から無償で提供されます。費用は一切かかりません。
 
 ちばのWA地域づくり基金事務局
 info@chibanowafund.org
 043-239-5335
newチラシ原稿.jpg
| 次へ