CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
大切な人を亡くした子どものグリーフサポートを行う、子どもグリーフサポートステーションです。おもに活動の報告やお知らせを掲載します。
ホームページhttp://www.cgss.jp/
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
【報告】8/29福島グリーフプログラムを開催しました[2015年08月30日(Sun)]
8月29日、福島県福島市で14回目となるグリーフプログラムを開催いたしました。

この日は8月にしては肌寒い天気のプログラムとなりました。



福島県では、8月下旬に夏休みが終わってしまうため、この日は新学期が始まってから1週間ほど経っていました。
そのため、子どもからは、夏休みにしたこと・行ったところや、宿題を学校に提出したときの話などが聞かれました。

今回は新しいおもちゃをいくつか用意しており、早速遊びに活かされていました。
子どもが作り出す遊びの世界にファシリテーターが寄り添い、一緒に考えたり、一緒に喜んだり、一緒に感動していたりする時間は、とても温かく感じました。



保護者の会では、夏休み中の出来事の話や、子どもの宿題の手伝いに苦労したことなどの話が出てきました。

夏休みが終わり、子どもたちは名残惜しそうですが、保護者の方にとっては、日常が戻ってきてホッとしている方もいるようです。

今回の保護者会では、そのような気持ちを共有することができ、「おつかれさま」と言うことができた時間になったような気がします。



次回の福島グリーフプログラムは、9月26日(土)を予定しています。



福島グリーフプログラムは、随時参加者を募集しています。
大切な人を亡くした子どもと保護者は、死因や時期に関わらず誰でもご参加いただけます。
お子様の年齢は小学生中心ですが、未就学児や中学生もご相談ください。

ご参加希望の方は、info@cgss.jpまたは022-796-2710までご連絡ください。
Posted by 子どもグリーフサポートステーション事務局 at 14:50 | 活動報告(福島) | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【報告】8/22陸前高田グリーフプログラムを開催しました[2015年08月23日(Sun)]
8月22日(土)、今年度第8回目となる陸前高田市日帰りグリーフプログラムを開催いたしました。会場はあしなが育英会さんの陸前高田レインボーハウスをお借りして開催させていただいております。

今回は子どもたち3人、ファシリテーター、スタッフとで総勢8名でのプログラムとなりました。



今回子どもたちは卓球や野球、サッカーなど体全身を使って遊んだり、ピアノを弾いてのんびり過ごしたりしていました。次から次へと遊びを変え、様々な遊びをする子もいれば、一日中同じ遊びをしている子もいました。ピアノを弾きながら「聞いて」とファシリテーターに話しかけたり、「これは楽しい」など、曲ごとにファシリテーターに感想をお伝えしたりする子もいました。

2.jpg1.jpg

今回『おやつの時間』に『おはなしの時間』をどう過ごしたいか子どもたちに聞いてみました。すると、子どもたちは夏休みが終わり、学校が始まったことや学校の先生のことなどについて、その場でお話をし始めました。次から次へと話が弾んでいき、子どもたち同士でお話を楽しんでいましたので、そのまま自由にお話をする時間を過ごしました。

今回印象的だったことが二つあります。ひとつはある子どもが今まであまり一緒に遊ばなかったファシリテーターを呼んで一緒に遊んでいる場面があったことと、もうひとつが他の子が遊んでいるところを楽しそうに見ている子がいたことです。子どもたちの成長や、気持ちの変化を感じたり、プログラムの空間が居心地よいものになっているのかと感じました。

これからも子どもたちが安全安心を感じて居心地よく自分らしくいることのできる場を地域の皆様と定期的に創ることができたらと思います。

Posted by 子どもグリーフサポートステーション事務局 at 14:48 | 活動報告(岩手) | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【報告】8/13仙台で宿題会を開催しました[2015年08月14日(Fri)]
平成27年8月13日、仙台レインボーハウスを会場に、「宿題会」を開催しました。

5名の子ども達が、それぞれの夏休み中の宿題を持ちより、ファシリテーターに寄り添われながら取り組んでいました。

家でやるよりも捗った子もいる様子でした。

おやつの時間の後は、いつも通り自由に遊んだりお話したりして過ごす時間としました。

ホールでバトミントンをしたり、カードゲームをしたり、のんびりお話したりなどして過ごしました。

先日の工作教室に続き、こういった特別なイベントや時間のなかで子ども達は、いつものグリーフプログラムとはまた違った表情を見せてくれます。

今後も様々なイベントを企画して行きたいと思います。
11896003_1009113349123613_2384402694205740825_n.jpg11822458_1009113305790284_3964561403872333747_n.jpg
Posted by 子どもグリーフサポートステーション事務局 at 14:56 | 活動報告(宮城) | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【報告】8/8仙台で工作教室を開催しました[2015年08月09日(Sun)]
平成27年8月8日、仙台レインボーハウスで夏休み特別企画『工作教室』を開催しました。

子どもグリーフサポートステーションとあしなが育英会の共同開催で、前半の「スノードームづくり」はNPO法人Switch代表理事で日本スノードーム協会公認インストラクターの高橋由佳さん、後半の「科学実験・電気工作教室」は三菱電機株式会社様のご協力をいただき開催いたしました。子ども16名とその保護者11名、ボランティア・スタッフ11名での賑やかなイベントとなりました。

スノードーム教室では、それぞれが持ち寄ったモチーフに、ご準備いただいたシールやリボン、フィギュアなどで飾り付けをして、それぞれオリジナルのスノードームを作製しました。亡くなった家族との思い出の写真を使用する子もいました。
講師の高橋さんも驚くほどの個性豊かなスノードームがずらりと並ぶ様子はとてもきれいでした。

「科学実験・電気工作教室」では、三菱電機の社員の皆様が講師となり、光の3原色の実験やモーターを利用した動くアニマルブラシカーの作製、塩水電池を使った実験などをしていただきました。初めての経験や興味深い実験に、子どもたちの目が輝いている様子が伺えました。

1日を通し、子ども達も保護者の皆さんも、スタッフ・ボランティアも、ご協力いただいた皆さんも本当に楽しむことが出来ました。
仕上がった作品や体験を夏休みの課題や自由研究として提出すると言った声も聞かれました。

高橋さん、三菱電機の皆さんのご協力で、子ども達は貴重な体験をすることができました。
心より感謝申し上げます。

今後も、様々な方々のご協力をいただきながら、楽しいイベントを開催していきたいと思います。
11870801_1009104982457783_2297664807867412665_n.jpg11889676_1009105339124414_510409373156182924_n.jpg10408557_1009105402457741_3792595480916583784_n.jpg11855718_1009105275791087_3963462291910594116_n.jpg11062738_1009105605791054_8382968265427943442_n.jpg11204950_1009105499124398_8277750075110180676_n.jpg11890953_1009105575791057_5705064324491397660_n.jpg
Posted by 子どもグリーフサポートステーション事務局 at 14:57 | 活動報告(宮城) | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【報告】8/1仙台グリーフプログラムを開催しました[2015年08月02日(Sun)]
平成27年8月1日、仙台市で「大切な人との死別を経験した子どものための日帰りグリーフプログラム」を開催しました。

子ども4名とその保護者3名、スタッフとファシリテーター12名の総勢19名での少人数でのプログラムでしたが、とても良い時間を過ごせたと思います。

スライスした木の枝をやすり掛けしてお守りを作る子、その作業をしながら日頃なかなか言葉に出せない気持ちをお話した子、フラフープで繋がって電車遊びをする子などなど、スペースを目いっぱい使ったり、大きな声をあげたり、お話したりなどしながら、それぞれのペースで、存分に遊んでいた様子が伺えました。

「おはなしのじかん」では、「5本の指」を行いました。「5本の指」は、手をかたどった絵の中に質問の答えを書き込むワークです。質問は子ども達と一緒に考えました。

保護者のプログラムでは、中高生の健康教育に取り組んでいる「宮城PEER」様にお越しいただき、『子どもの思春期についての相談会』を開催いたしました。

プログラムの終わりには、組み上げた積み木を子ども達が一斉に崩す時間を持ちました。綺麗な音色をたてながら豪快に崩れていく様子を楽しんでいるようでした。

11813301_1002857286415886_2400283690928593377_n.jpg11234968_1002857376415877_8088530097114708048_n.jpg11041580_1002857426415872_2849833799572359251_n.jpg11828555_1002857449749203_4196716547235861677_n.jpg11800392_1002857316415883_6218010491429085947_n.jpg
次回の仙台市での日帰りグリーフプログラムは、8月22日を予定しています。

随時、参加者を募集しています。
死別を経験した子どもとその保護者の方であれば、死別要因や続柄は問いません。お申込みやご質問等は、子どもグリーフサポートステーション事務局までお願い致します。

info@cgss.jp
Posted by 子どもグリーフサポートステーション事務局 at 14:59 | 活動報告(宮城) | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【報告】8/1陸前高田グリーフプログラムを開催しました[2015年08月02日(Sun)]
8月1日(土)、今年度第7回目となる陸前高田市日帰りグリーフプログラムを開催いたしました。会場はあしなが育英会さんの陸前高田レインボーハウスをお借りして開催しております。

今回は子どもたち2人、ファシリテーター、スタッフとで総勢6名でのプログラムとなりました。



今回子どもたちは一日中卓球をしたり、バレーやサッカーなど体全身を使って遊んでいました。サッカーでは負けたチームはスクワットをするというルールを子どもが決めて行い、汗をいっぱいかいて動いていました。

1.jpg

今回子どもたちは『おやつの時間』で、夏休みの宿題のことなど様々なお話をしていました。おやつを食べた後、すぐに遊びたい様子がみられたため、今回は『おはなしの時間』は特に設けず、思い思いの時間を過ごすこととしました。

今回のプログラムで印象的だったのは、ある子どもが、別の子どもが楽しそうに遊んでいる声が聴こえると、その子の方を見て微笑む姿があったことです。距離が離れていたり、別の遊びをしていても、子どもたち同士が同じ空間にいることを感じてくれているのだなと思う瞬間でした。

8月は夏休みであることやお盆の時期でもあり、町がいつもよりも慌ただしくなることを感じます。地元を出られた方々が帰省し、親戚中が集まって、お墓参りなどをします。慌ただしくなる中で、いろいろ気持ちが揺れ動く時期でもあるため、少しでも子どもたちが安全安心を感じて自分の気持ちを大事にすることのできる場を地域の皆様と定期的に創ることができたらと思います。

Posted by 子どもグリーフサポートステーション事務局 at 14:41 | 活動報告(岩手) | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

子どもグリーフサポートステーションさんの画像
http://blog.canpan.info/cgss/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cgss/index2_0.xml