CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
大切な人を亡くした子どものグリーフサポートを行う、子どもグリーフサポートステーションです。おもに活動の報告やお知らせを掲載します。
ホームページhttp://www.cgss.jp/
<< 2016年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
悲惨な出来事を子どもにどう伝えるか。[2015年09月11日(Fri)]
大雨により各地で甚大な被害が出ているようです。
みなさんのお住まいの地域は大丈夫でしょうか。

自分自身や身近な人が直接被害を受けたわけではなくても、ニュースで被害の状況を見ると、心が痛くなります。
被災した方々は大丈夫かな…と心配したり、何もできない自分に無力感を感じたり。
直接被災した方々だけじゃなく、日本国民みんなが痛みを感じているんだろうと思います。

子どもたちも、きっとニュースを見て、様々なことを感じているでしょう。
今回のような「悲惨な出来事」が起こったら、あなたなら子どもとどう接するでしょうか。

子どもとの接し方についてヒントとなる記事をシェアします。
PDF版もありますので、印刷してお読みいただけます。

悲惨な出来事を子どもにどう伝えるか.jpg
この記事のPDF版はこちら

【悲惨な出来事を子どもにどう伝えるか】

1.自分が感じている恐怖心を子どもにあてはめない。子どもは周囲の大人を見て学習します。
子どもの前で感情を表現することは悪いことではありません。悲惨な出来事にたいして周囲の大人が悲しい気持ち、怖い気持ち、当惑した気持ちを表現することで、子どもたちはそのような気持ちになってもいいということが分かります。ただ、大人が感情的になりすぎると、子どもと大人の役割が逆転し、子どもが大人のことを心配し、子どもが大人の「お世話」をしなくてはならなくなってしまいます。大人がセルフケアを十分することも大切です。信頼できる友人に話したり、しかるべきサポートを受けたり、健康的な食生活に気を付けたりするなど、自分のセルフケアをきちんとすること。子どもは周囲の大人の行動から学ぶことができます。

2.何度も繰り返される報道に触れすぎないようにする。
生々しいニュースや感情的なニュースに触れすぎると、必要以上に恐怖心や不安感があおられます。たとえば、9.11の映像が繰り返し報道されるニュースを見ていた子どもは、何度も飛行機事故が起きていると思っていたということもありました。ニュース映像が脳裏に焼き付いて離れない子どももいます。報道にさらされすぎると恐怖心が増幅するのです。大人がテレビやインターネットの報道に夢中になりすぎないようにすることも大切です。

3.情報から子どもを完全に隔離することができないことを理解する。
テレビを見ないようにして子どもを情報になるべく触れさせないようにしたいとは思っていても、どこからか必ず情報は入ってきます。大切なことは隠そうとしないこと。ただ、子どもたちが知りたいと思っている情報以上のことを伝える必要もありません。たとえば「今日学校でXXXの話題が出たりした?」とさりげなく聞いて会話を始めるのもいいかもしれません。周囲の大人が話題を避けようとしたり、事実を隠そうとしたりしていないこと、いつでもお話しすることができることを子どもが感じられることが大切です。

4.正直に話すお手本を示し、子どもと信頼関係を築き、何でも質問できる関係をつくる。
9.11の8日後、NYの幼稚園・保育園のスタッフと子どもとの接し方についてお話をする機会がありました。ある男性が7歳の娘のことで相談があると話しかけてきました。9.11の翌日から彼の娘は体調を崩しているということでした。でも家にテレビはないので9.11との関係性は考えづらいという話でした。でも、よくよく話を聞くと、どうしてそのようなことが起こったか子どもに話さなくてはならない状況を作りたくないという彼自身の思いがあったのです。これは親や大人であれば理解できるジレンマです。彼の娘の体調不良は9.11が直接の原因ではなかったかもしれませんが、父親のそのような気持ちを察して、恐怖心や不安を話すことができなくなり身体の不調を訴えていたのです。

<子どもと話すときに大切なこと>
1.子どもの反応は一様ではない。
子どもたちの反応は変化します。無関心のようなときもあれば夜泣きをしたり、食べられなくなったり、不安でいっぱいになったりすることもあります。また、子どもの年齢、過去の死別体験、性格によっても異なります。普段から怖がりの子どもは不安感が高まり、静かな子どもは感情を表に出さず、冷静な子どもは何事もなかったかのようにふるまったり、虚勢をはったりしようとする場合もあります。直接的な被害を経験した子どもたちの反応やニーズは長期化することがあります。子どもたちの行動の変化に注意を払いましょう。不安が高まったり眠れなくなったりすることは自然な反応ですが、気になる行動や症状は軽視せず専門家に相談しましょう。

2.多くの子どもは恐怖心が高まる。
悲惨な出来事のあとでは自然な反応です。子どもたちの質問に耳を傾けましょう。特に自然災害のあとはたくさん知りたいことが出てくるかもしれません。子どもたちの理解できる表現や言葉で話すように心がけましょう。すべての質問にその場で答えられなくてもかまいません。調べてあとから答えられることを伝えましょう。その質問について子ども自身がどう思っているのか聞き返すのも一つのやり方です。子どもたちは自分の考えや思いを話したいとき、質問することがあるからです。自然災害が起きた後は、自分の暮らす町で同じようなことが起きるのではないかと不安が高まります。そのような場合は地域の防災計画や避難計画について、子どもに適した内容について話してみるのもいいかもしれません。子どもたちは自分たちにもできる具体的な行動があると安心する場合があります。たとえば、何かが起きたときに家族の集合場所を決めておく、各部屋に懐中電灯を置いておく、非常用飲料水や食料の場所について話しておくのもいいかもしれません。

3.子どもは事実を知りたいと思っているし、知る必要があるし、一人の人として事実を伝えられるべき存在である。
30年以上にわたるダギーセンターの活動のなかで「嘘をついてくれてよかった」という子どもは誰一人としていません。嘘をついた大人や親にたいする怒りや不信を抱える子どもはたくさんいます。私たちが事実を伝えないでいると、子どもたちは私たちを信じることができなくなります。悲惨な出来事や死について子どもたちとオープンに、正直に話ができることは信頼関係の基盤を作ります。信頼関係があると子どもたちは自分たちが抱える疑問や恐怖心や不安を大人に話すことができるのです。

上記は、1982年からアメリカで子どものグリーフサポートを行っているダギーセンターが発行した記事を、東京都世田谷区でグリーフサポートを行う「グリーフサポートせたがや」が翻訳したものです。
原文は:
http://www.dougy.org/…/talking-with-children-about-tragic-…/
和文はグリサポせたがや的超意訳バージョン。
Posted by 子どもグリーフサポートステーション事務局 at 13:44 | スタッフブログ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
子どもたちは暗くていつも悲しんでいる、というイメージ[2015年09月07日(Mon)]
子どもグリーフサポートステーションは、大切な人を亡くした子どものサポートを行っています。

具体的には、定期的に「グリーフサポートプログラム」を開催しており、そこでは大切な人を亡くした子どもたちが集まり、一緒に遊んだりおしゃべりしたり、ということをしています。

プログラムには「ファシリテーター」とよばれるボランティアさんが来てくれているのですが、初めて子どもと接したファシリテーターさんによく驚かれることがあります。


「子どもたち、すごく元気ですね」

と。


子どもだから、元気に遊び回っているのは当然なのですが、どうも“死別をしている”という条件がつくと、なんだか暗くて、いつもメソメソ泣いていて、常に悲しい寂しい思いをしている、というイメージができてしまうようです。

そんなイメージをもってプログラムに参加すると、あまりに子どもたちが元気良すぎて、拍子抜けしてしまうのです。


よくよく考えてみれば、大人だって、死別をしても24時間ずっと悲しみに暮れているわけではありません。(そうなってしまうこともありますが。)

大切な人は死んでしまっても、自分はまだ生きているし、生きていれば生活をしなければなりません。
ごはんを食べたり、テレビを見たり、学校に行ったり、仕事に行ったり、友人と過ごしたり、好きなことをしたり。

でも、決して亡くなった人のことを忘れてしまったわけではありません。
きっと悲しみや寂しさ、いとおしさも持ち続けながら、日常生活を送っているでしょう。


子どもたちも、大切な人を忘れてしまったわけではないけれど、遊びたいときは遊ぶし、笑いたいときは笑うのです。
でも時にふと、亡くなった人のことを思い出して、色々な気持ちになることもあります。


グリーフプログラムでは、子どもたちは遊びたいときは遊ぶことができ、何もしたくないときは何もしなくても良く、暴れたいときには安全に暴れることができます。子どもたちがその時の気持ちや状態に合わせて、自分らしく過ごすことができるのです。

ふいに亡くなった人のことを思い出したり、お話したい気持ちになったりしたときには、遊びのなかで表現することができるし、話を聞いてくれる人もいます。

そんなプログラムでは、大きな動きで遊びまわる子もいれば、静かに遊ぶ子もいます。
たぶん、一見すると、大切な人を亡くした子どもたちの集まりだとは思えないくらい、みんな「普通の子」に見えるでしょう。

でも、子どもたちはちゃんと、遊びを通してグリーフの表現をしているのです。
それってどういうことなのか、というのは、また今度。

ここまで読んでくださりありがとうございます!
Posted by 子どもグリーフサポートステーション事務局 at 14:19 | スタッフブログ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ブログを開設しました。[2015年09月03日(Thu)]
子どもグリーフサポートステーションのブログを作成しました。
現在ホームページのリニューアルに向けて準備を進めていますが、新しいホームページのブログとして機能させていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 子どもグリーフサポートステーション事務局 at 12:26 | スタッフブログ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

子どもグリーフサポートステーションさんの画像
http://blog.canpan.info/cgss/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cgss/index2_0.xml