CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
大切な人を亡くした子どものグリーフサポートを行う、子どもグリーフサポートステーションです。おもに活動の報告やお知らせを掲載します。
ホームページhttp://www.cgss.jp/
<< 2016年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
【報告】12/5、12/19に仙台グリーフプログラムを開催しました[2015年12月21日(Mon)]
12/5と12/19の土曜日に、仙台市で大切な人との死別を経験した子どものための日帰りグリーフプログラムを開催しました。
両日合わせ、子ども21名、保護者13名、スタッフ・ボランティア30名でのプログラムでした。

子ども達は、「はじまりの輪」の時から誰をどんなふうに亡くし、どんな人だったかをお話してくれました。亡くなった方とのエピソードや人柄を嬉しそうに丁寧に話す姿が印象的でした。

「おはなしのじかん」では、メッセージカード作りを行いました。
誰に宛てたどんなカードを作るかは子ども達が自分で決めます。サンタクロース宛てにカードを書く子、一緒に暮らす家族宛てに感謝カードを書く子、亡くなった人宛てにお手紙を書く子などがいました。それぞれ、時に真剣な表情で、時に楽しそうな表情を浮かべながらカード作りに取り組んでいました。

保護者のプログラムでは、クリスマスのモチーフを取り入れたプリザーブドフラワー作りを行いました。手元の作業に集中しつつも、様々な会話が交わされた様子です。

1235352_1071471652887782_788516569679426709_n.jpg1558490_1071471709554443_5756787099726536241_n.jpg12376497_1071471482887799_4357479979862504249_n.jpg942594_1071471689554445_1766019654794513228_n.jpg7151_1071471796221101_3494782284224850416_n.jpg1917362_1071471416221139_1492622664931908803_n.jpg10524731_1071471532887794_5949813324655996069_n.jpg10400377_1071471559554458_7558573377229212017_n.jpg12375977_1071471599554454_15208884343792094_n.jpg12359960_1071471812887766_6921164867278818412_n.jpg

今年の仙台でのグリーフプログラムが終了しました。
これまで表現できなかった気持ちを言葉や絵などで表せるようになるなど、子ども達の成長を強く実感する1年でした。

次回の仙台市での日帰りグリーフプログラムは、1/9を予定しています。

随時、参加者を募集しています。
死別を経験した子どもとその保護者の方であれば、死別要因や続柄は問いません。お申込みやご質問等は、子どもグリーフサポートステーション事務局までお願い致します。
info@cgss.jp
Posted by 子どもグリーフサポートステーション事務局 at 10:46 | 活動報告(宮城) | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/cgss/archive/31
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1146963
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

子どもグリーフサポートステーションさんの画像
http://blog.canpan.info/cgss/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cgss/index2_0.xml