CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

勉強が苦手な子どもたちのために

勉強が苦手な子どもたちがいます。教えても自分でやるとできなかったり、そもそもちゃんと聞いているのか、わかっているのかもあやしかったりします。

保護者や先生たちが一生懸命になっても、それが叶うとは限りません。そんな現実を受け入れることができず、私たちはついカッとなり、子どもにあたってしまうこともあるでしょう。

そして、子どももきっと辛い思いに苛まれているはずです。

ここでは、勉強の苦手な子どもに何とか寄り添った教え方ができないか。「技術」・「理論」・「心理」など様々な切り口で考えていきたいと思っています。

特定非営利活動法人 CEセンター 理事長 野田弘一


苦手な子どもほど頑張らない [2016年05月28日(Sat)]
〇苦手な子どもほど頑張らない。

私たちは、勉強が苦手な子どもほど頑張って成績を上げて欲しいと思っています。ところが苦手な子どもほど、頑張ることが難しい傾向があります。そのことを知っておかないと、努力しないその姿だけを見て、態度の問題や精神論で追い込んでしまうことになりかねません。

多くの子どもは、保育園や幼稚園の年中レベルになると、何か失敗すると恥ずかしさや罪悪感をもつようになります。

特に失敗して親から怒られた経験が多い子どもは、罪悪感を通り越して見捨てられた感覚が芽生えます。

1c18769b2629c5e56718410697276f09_s.jpg


それが園や学校という集団の中であれば、恥ずかしさを通り越して、皆と違うことがバレてしまったという屈辱感が生まれます。


ac759a42205a7624ce27dc67f5c7b2a5_s.jpg

頑張ってもうまくいかなかった現実は、「ダメな人間である」ことの証明になるわけです。

これが勉強であれば、頭の悪い人間であることを証明したことになるわけです。

子どもでも、皆と違うことに恐怖を感じているのは大人と変わりありません。頭の悪い人間であることを認めるよりも、「勉強をしなかったからできなかった」ことにしたほうが、自分の気持ちを落ち着かせることができます。

子どもが、嘘やごまかし、他のせいにするような場面に出会ったら、子どもが自分自身の存在を守ろうとしているのではないかと、一度立ち止まって考えてみてください。

勉強が苦手な子どもほど頑張らないことを、私たちは子どもの側に立って知っておくことがとても大切です。

以前に自己モニタリングの大切さのところでお話しましたが、教える側が「他者からの目」を気にし過ぎてしまうと、「怒り」が心を支配して子どもの気持ちに気がつかないことがあります。

もともと保育園・幼稚園、そして学校は、子どもに頑張らせることを中心に考えてきたところがあり、大人側の問題に触れないようにしてきたところがあると思います。

例えば、子どもが分数の計算でつまずいている場面があったとします。冷静に考えると教え方や教科書・教材の問題である可能性もあるわけですが、たいてい教え方や教科書・教材の内容を振り返るということはありませんね。

その時たまたま子どもが投げやりな態度になれば「頑張る力」が足りないとなり、他の話題をもちだして煙に巻こうとすれば「集中力」が足りないとなりがちです。

私たちは、(無意識に)親として、先生として、恥を感じたり評価が気なって子どもを頑張らせてしまいがちですが、一生懸命頑張ってもできない子どもの気持ちに心を向ける余裕がないわけです。

苦手な子どもたちのために意識しなければならないことは、
〇子どもができる見通しをもてる教え方をすること
〇子どもができた達成感をもてる教え方をすること

です。

これまでの教え方は、子どもが頑張ることに依存してきたところがあるとお話をしました。それは「頑張ればできる」という考え方に、私たち自身が疑問をもたないままきてしまったことがひとつの原因です。

自己モニタリングができていれば、私たち自身が頑張ってもできなかった経験があるわけですから、教え方の工夫をしなければいけないことに気がついたかもしれません。

また、「誠実にものごとにあたることが大切である」という考え方を支えに、頑張る姿を見せて欲しいと願っていたところにも原因があります。

これも自己モニタリングができていれば、ただ大人の精神的な満足のためにしかならないことに気がついたかもしれません。

私たちは、皆一緒になって頑張らせて、皆同じ方法で同じ結果を出させることから、そろそろ卒業する勇気が必要がかもしれませんね。


47b7571cb3318e50787d20cbc629d2a7 (2).jpg
Posted by ookubo at 11:20 | 心理編 | この記事のURL
リンク集