CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«寄付者のみなさまからのメッセージ | Main | 寄付者のみなさまからメッセージ2»
<< 2010年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
新谷 婦美子
今すぐ寄付する (08/05)
川北 秀人
理事長よりみなさまへ (01/01)
亜紀子
神田昌典さま (12/23)
せんだい・みやぎNPOセンター代表理事 加藤哲夫さま [2008年12月19日(Fri)]

特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター
代表理事 加藤哲夫さま


クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー

小さなお金を寄付したところで何になるのだろうか?
と疑問を持つ人も多いだろう。
私の友人が昔、こんなことを書いている。

「お金は、愛が形を変えたもの」

私たちがこんなに自然や人々を破壊してしまうのは、愛されている、
守ってくれる人がいるという実感が足りないからじゃないだろうか。
足るを知るためには、多くの人々がそのことを実感する必要がある。

募金というのは、エネルギーを分け与えるということだ。
そのお金で直接誰かを救えるだけではなく、その誰か以外の多くの誰かに、「誰かが困っていたら助けたいと思っている誰かが確かにいるよ」と知らせる意味がある。
心のための命綱だ。あなたや私がチャリンと箱に入れる小銭は、その綱を編む1本1本の糸だ。
その命綱が安全ネットとなって、大きく大きく太く太く世界を包んでいけば、みんな安心できて、もっとゆったりした気持ちになり、モノで心を埋める必要はなくなるんじゃなかろうか、と。

私は、この友人の言葉を読んだとき、寄付にまつわる躊躇のおおもとが氷解した。そうか、小さな行為は、そんな広がりを持つことができるんだ、と納得した。
その小さな納得は、嬉しい納得だった。

しかし私はへそ曲がりで、どうも街頭の募金活動というものになじめない。皆の見ている前でチャリンという音と共に“ありがとうございました!!”の大合唱。お尻がムズムズしてしまい苦手意識がある。
あの寄付をするときのなんとも言えない感じをなんとかしたいとずっと思っていた。

外国のNPO視察に行くと、簡単にクレジットカード寄付ができるしくみがあり、いいなあと思っていた。
なんと、日本財団CANPANとチャイルド・ケモ・ハウスがそれを実現したという。

とにかく手間要らずです。

これはさっそく試してみなければ。

加藤哲夫

クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー



【プロフィール】
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター代表理事

ホームページ>>
http://www.minmin.org/


クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー

加藤さま 心のこもった応援メッセージをありがとうございました。

拍手
応援メッセージを読んで
今すぐ寄付する
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/411968

コメントする
コメント
加藤哲夫さま
興味深いメッセージを有難うございました。
私はweb上で素晴らしい活動を見つけると、とてもワクワクします。それが自分の人生のテーマと同じでも違っていても、ぶるっと震える何かがあれば、その活動と自分を関係づけたいと思います。アメリカやドイツの団体の時もあり、現地に行くことまではできません。また日本の活動であっても、今の私は活動する時間をとる事が出来ません。そんな時、私と団体を結びつけてくれるのは「寄付」や「会員になる」ことです。手の届かない世界とつながりを持つ事ができ、感動することができます。自分が寄付した団体の活動が素晴らしいと、自分も少し良い事をした気分になります。私にとってはwebで活動を知り、webでそれに貢献することができる、というのはとても嬉しい事です。チャイケモも、「つながっていたい」と思える団体となりたいと思います。
チャイルド・ケモ・ハウス
田村亜紀子
Posted by: 亜紀子  at 2008年12月20日(Sat) 23:22