CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«寄付者のみなさまからメッセージ2 | Main | 神田昌典さま»
<< 2010年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
新谷 婦美子
今すぐ寄付する (08/05)
川北 秀人
理事長よりみなさまへ (01/01)
亜紀子
神田昌典さま (12/23)
元日本小児科学会会長・理事 西田勝さま [2008年12月20日(Sat)]

元日本小児科学会会長・理事 
西田勝さま


クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー

私が小児科医になりたての頃、1959年ですが、先輩の先生に白血病と診断して、一年以上も命があれば、その診断は間違っていると教えられました。さらに大正時代の教科書をみると、子どもの白血病は診断してから1ヶ月の寿命である、診断がつけばすぐに退院させなさいと書いてありました。
ところが1960年代になると、北米の論文に小児の急性リンパ性白血病は治療すれば完全治癒の可能性がある。親はもちろん、医師も看護師も、希望と情熱を燃やして治療に専念しなさいと報告されていました。

私もその論文を読んで感激し、論文にしたがって治療しました。
当時にしては強いくすりを使っての治療なので(今ではきつい治療だったとだれも考えませんが)、周囲の反対もあり、こわごわしたものでした。治療の結果はすばらしいもので、今までかならず死ぬといわれた白血病が完全に治癒しました(といっても50%ていどでしたが)。ただ当時の治療では、急性リンパ性以外の白血病には効果がなかったことや、再発例もだめでした。その後白血病の治療は進歩し、完全治癒率は非常に進歩しました。

むかしヨーロッパの子ども病院を見学に行きました。緑の多い敷地の広さにびっくりしました。
ところどころに建物があり、冷たい病院のイメージでなく、のどかな田園風景でした。親たち専用の宿泊施設もあり、そこから仕事にでかける人もいるとのことでした。希望すれば病院にとまることもできるし、家庭の家族環境によっては希望すれば親は自宅にいて、時々病院にいくだけでもよいと説明されました。
子ども病院の病棟や病室はカラフルで、明るく、子ども達が住むお部屋の雰囲気にみちあふれていました。日本でもむかしと異なり、長期入院の子ども達の心のケアに気を配るようになり、治療の進歩とあいまって闘病の環境がととのってきました。しかし私のこころにはヨーロッパの子ども病院でみた、豊な田園風景のなかにあるこころ和む病院の建物と部屋、さらには希望すれば、親が身近にいることができる環境が懐かしく思いだされます。

頑張れ チャイケモ!

西田勝


クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー



【プロフィール】
1934年生まれ。大阪府立母子保健総合医療センター病院長をへて、重症心身障害児施設枚方療育園医療管理者に就任。
元日本小児科学会会長・理事

重症心身障害児施設  枚方療育園
http://www.hirakataryoiku-med.or.jp/hiratop.html


クローバー クローバー クローバー クローバー クローバー

西田さま 心のこもった応援メッセージをありがとうございました。

拍手
応援メッセージを読んで
今すぐ寄付する
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/411967

コメントする
コメント
西田勝さま
いつもご支援ありがとうございます。
今闘病している私たちは、医学の進歩、先人の医療者の方々のご尽力を知らず、「今の治療」が当たり前と思ってしまいます。息子が今の治療を受けることができるのは、何十年にもわたる小児がん研究・治療をしてこられた医療者、研究者のみなさんとすべての小児がんの子どもたちとご家族のおかげです。
「頑張れ チャイケモ!」のお言葉、とても励まされます。ありがとうございます!
チャイケモ 田村亜紀子
Posted by: 亜紀子  at 2008年12月19日(Fri) 17:15