CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

日本財団コミュニティサイトの研究

共有すべき価値観や営業支援などがテーマになるはず…

公益コミュニティサイトの可能性、呼び覚まそう!!



<< 2006年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリ
最新記事
最新コメント
Deidre Bird
公益系の情報サイト (09/25) たぶんかネット加賀 ルロワ東出
管理人交代しました! (05/14) ゆみ
人さがしブログ (01/03) Virtual Office
こんな機能いかがでしょう?その一 (07/21) dicky
こんな機能いかがでしょう?その一 (12/23) 宮下ヒロシ
メールで更新<便利な使い方> (12/13) 宮下ヒロシ
こんな機能いかがでしょう?その一 (12/13) noriko
実際に画面で確認する (12/10) メル友
こんな機能いかがでしょう?その一 (10/16) 恋人
こんな機能いかがでしょう?その一 (10/11)
最新トラックバック
ブログ上の団体情報検索機能について [2006年06月27日(Tue)]
今日の午後、武蔵大学の専任講師を勤められている粉川さんに、今後のCanpanの進めかたなどを含めアドバイスをうかがいに行ってきました。その中ででてきたのが、この「ブログ上での団体情報検索」です。現在、ブログ上の文字情報を検索できるサービスは、どのブログサービスでも提供されていますが、例えば、トヨタという企業名や、シーズという団体名をブログ上で検索できる、さらに検索された結果ヒット数の多い団体が認識できる、というサービスが提供されれば、団体や企業の認知度を測る指標にもなります。この機能、是非Canpanにも実装してみたいなぁと思いました。
カスタムスキン [2006年06月16日(Fri)]

たぶん2回目の投稿です。菅井@日本財団・公益TLです。別名・草鞋(わらじ)です。
CanpanBlogの最近の機能で「カスタムスキン」というのがあるので、試しに使ってみました。

スタイルシートというのの、cssコードを直接書き換えるので、だいぶ苦労しましたが、ある程度形になりました。下の画像が一応の完成版です。私の「草鞋(わらじ)の緒」です。



遊びで、無料のアクセスカウンターと、BlogPetもつけてみました。



ということで、ある程度のカスタムで自分好みのBlogにへんし〜んっ \(0\0)ゝ♪
ヘッダーの画像を変えるだけでも、オリジナルのBlogになる感じだから、団体ブログとかを立ち上げる場合には、是非活用して欲しいですね!!



管理人交代しました! [2006年06月07日(Wed)]
皆様へ

この度、本研究会発起人の一人である日本財団の本多さんが、日本財団から競艇情報化センターのオラレ推進室に出向されることに伴い、新管理人の指名を受けましたので、ご挨拶させていただきます。日本財団Canpanチームの木田と申します。そもそも、この公益コミュニティサイトを運用するチームにいるため、何だかおこがましいようで恐縮なのですが、今後、団体ブログを使った情報発信のしくみについて、また、広く日本を良くしていくためのしかけを、このブログを使って考えて行きたいと思います。よろしくお願いします。
メールで更新<便利な使い方> [2006年05月26日(Fri)]
こんにちは、日本財団の山田(泰)です。
6月5日(月)はブログ祭りの日ですね。
(詳しくはこちら!)

私も参加してぜひ事例発表したいと思っていましたが、鹿児島に出張予定で参加できないのが残念です。

そこで、ブログ祭りに当日参加出来ないのならポスター発表でも、いやいや、もっと進んでブログ発表!ということで、この記事を書いています、ハイ。

さてさて、私がやっている「Shop人にやさしく」、ここで実践していることは“いつでも、どこでもブログ更新”です。

これは、Canpanブログ機能「携帯から更新」を使って、メールを送信できる携帯さえあればいつでもどこでも、ブログに記事を投稿することができます。文字以外にも、携帯電話のカメラで撮影した写真も掲載することができます。
ちなみに、どんな風に活用しているかというと、こちらのページをぜひご覧下さい。
Shop人にやさしく 出張通信

昨年の10月から「携帯から更新」するようになり約半年。この間、計14回の出張に行きましたが、それぞれの出張先から【出張通信】という形で携帯による更新を積極的に行ってきました。
ブログの利点に、タイムリーな情報提供、思い立ったら情報発信があります。
この「携帯から更新」という機能を使えば、いつでもどこでも、新鮮な情報を発信することができます。ただ、新鮮な情報が全て有益な情報とは限りませんが・・・(笑)。

例えば、この機能を使って、次のようなことも出来ると思います。
イベント開催時に・・・
・参加状況(混み具合)などの速報をお知らせできる
・急な連絡事項の掲示板となる(携帯でもCanpanブログを見ることができますので)
・大会などの成績速報を流せる
災害時に・・・
・画像付で被災状況を知らせることができる

他にも、団体ブログ×バーチャルメンバー×携帯で、今までにないようなイベントを仕掛けることが出来ると思います。例えば、同じ時間にバーチャルメンバーに携帯で写真を撮ってもらって、それをブログにアップしてもらうとか(あんまり画期的なアイデアではありませんね)。

ちなみに、「携帯で更新」を始めた当初は、こんな普通の携帯電話を使用していました。


今では出張先からもっといろいろなことをお知らせしたいという思いから、こんな機器まで買って更新しています。

出張先で移動時間など空いている時間に更新しています。


さらに、Canpanブログとしては「携帯から更新」と銘打っていますが、もっと違う利用方法もあるんですよ。

それがタイトルの「メールで更新」です。


「携帯で更新」の機能について簡単に説明すると、Canpanブログにログインして携帯のメールアドレスを登録して、そのアドレスからメールを送信すると自動的に記事がアップできるというものです。
要するに、メールアドレスを登録してそのメールアドレスからメールを送信するということです。
ということは、普通のパソコンのメールアドレスも登録さえすれば、そのアドレスから送ったメールが自動的に記事としてアップされます。
この機能を使えば、ネットを立ち上げてCanpanにログインしてという手間を省いて、メール作成・発信=ブログ更新ということができます。
例えば、昼間会社で働いているけど、活動をやっているNPOのあの情報をCanpanブログに掲載したいという時に、仕事をしているフリをしてメールを作成すれば、それで更新が出来ちゃいます(笑)。

Canpan事務局の方もたぶんこのことは知っていると思いますが、パソコンのアドレスのことに触れられていないのであまりお薦めの方法ではないのかもしれませんが、いろいろな使い方ができます。

ところで、そんな「携帯から更新」も、機能に制約がありますので、ご注意下さい。
・思うようにレイアウトしたり、リンクを貼ったりすることができない。
・記事のカテゴリを設定することができない(後ほどパソコンで修正する必要があります)。


ここまで解説した「携帯から更新」については、Canpanブログに詳しい設定方法や使い方が掲載されていますので、そちらをぜひご覧下さい。
Cnpanブログのトップページの左側に「携帯から更新」という解説ページに飛ぶボタンがあるので、そちらを見てみて下さい。



ちなみに、6月5日(月)のブログ祭りの際には、鹿児島から【出張通信】をもちろんお送りいたしますので、お楽しみに〜。
Posted by 日本財団 山田(泰) at 07:18 | ユーザーガイド | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
日本財団 福祉チームのページ [2006年05月17日(Wed)]
こんにちは、日本財団の山田(泰)です。

今日は、私が所属している日本財団公益・ボランティア支援グループ福祉チームの団体ブログを紹介致します。

『日本財団 福祉チームのページ』
http://blog.canpan.info/fukushi/

このブログは、“福祉チーム”として、積極的に情報発信・情報提供を行おうと考え、立ち上げました。
団体ブログとして、チームメンバーがヴァーチャルメンバー登録を行って、それぞれが記事を書く予定です。
まだ立ち上げたばかりで、管理人の私しか書き込みをしておりませんが、今後の運営を通じて、団体ブログのメリット・デメリット・改善点などを探っていきます。

ところ、ブログ『日本財団 福祉チームのページ』は、福祉チームのホームページというイメージで作りこんでいます。
「ブログでホームページができるのか?」という問いに答えるようなブログにしたいと、密かにおもっております、ハイ。

ご覧いただいて、ご感想やご意見などありましたら、コメント欄に書き込んでいただければ幸いです。
Posted by 日本財団 山田(泰) at 10:53 | 実践事例 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新機能アイデアの件 [2006年05月12日(Fri)]
新機能、システムに関するアイデアが続いたようなので、カテゴリに『新機能アイデア』を追加しました。

いまある制約・機能の中でどう活用していくか?のアイデア出しと、「こんな機能があったら良いのに」的なアイデアは、とりあえずカテゴリ的に区別させてください。

※このほか、前ログは『ユーザーガイド』→『実践事例』にカテゴリ変更させてもらいました。

「こんな機能があったら良いのに」的なアイデアについては、引き続き出していただくとともに、意見交換しながら適宜、情報チームの木田さんあたりからアヒル隊長あてに提議してもらえると良いです。

>情報チーム系のバーチャルメンバーの皆さん
ここで出された新機能アイデアが「無いものねだりを言っただけ…」にならないよう、いったん拾い上げて検討できるものは検討してもらえますように!

素人目に「これはすぐに出来そう!」なアイデアもたくさん出ているので、よろしくお取り計らい下さい!

と同時に、最優先の課題=現実の中での運用の工夫…をもっともっと考えていくことといたしましょう。
引き続きお付き合い下さい!!
「障害者アート・ギャラリーの紹介ブログ」構想 [2006年05月12日(Fri)]
おはようございます、日本財団山田(泰)です。

これは先月頃から職場内でちょっと話題に上ったことでもあるんですが、団体ブログの活用方法として、こんなことを考えています。

管理人の本多さんの記事のアイデアと同じです。
B複数の団体でつくるバーチャル団体のブログとして運営する!


『障害者アート・ギャラリーの紹介ブログ』
今、私がやっている個人ブログ「Shop人にやさしく」では、福祉施設で作られた製品を私が記事を書いて、写真を撮って、紹介する形にしています。
しかし、今度のブログでは団体ブログにして、障害者アートやギャラリーをやっている福祉施設や団体にバーチャルメンバーとして登録してもらい、自分たちの活動やアート作品を自分たちで紹介してもらおうと考えています。

つまり、このブログが活動を行っている人達による、障害者アートのガイドブック的なものになる、ということです!
障害者アートをやっている団体や施設などは自らのホームページを持っているところが多いので、このブログでは、一般の人に障害者アートそのものを知ってもらう、国内の障害者アートの取り組みが一覧できる、あるいは、それぞれの団体・施設への入り口(知るきっかけ)となることを目的にしたいと思っています。

なお、この記事上では、「障害者アート」と簡単に言っていますが、それぞれいろんな考えを持った方が活動を行っています。適当な表現が思い浮かばなかったので、暫定的に「障害者アート」という言葉を使用させていただきましたので、悪しからずご了承下さい。

まだ構想だけですが、なるべく早めに着手したいと思います。
ちなみに、形から入るタイプなので、ブログのタイトルだけは考えてみました。

<タイトル>
「ギャラリー・ハートフル・アート&アートフル・ハート」
<略称>
Gallary ha&ah(ギャラリー・はぁ〜・は)
<コピー>
A案
心で創って、心で感じる芸術
芸術を創る、芸術を感じる心
B案
心ふるわせるアート、アートでふるえる心

以上ですが、きちんと立ち上げたら、実践例として紹介させていただきますね。
はじめまして、日本財団 粟津です [2006年05月11日(Thu)]
最近にわかにコメントが立て続いておりますが…ご挨拶が遅れました。

日本財団の粟津と申します。

Canpanが2005年6月に始動してもうすぐ1年、
思うことは、「とにかく使ってみないと始まらない」ということ。

個人ブログ「つぶろぐ」は、昨年9月からマイペースにぽつぽつとやっています。
団体ブログは、最近になってようやく真剣に格闘し始めました。

まだまだ??だらけのCanpanの仕組みをもっと理解するために、
そして助成先団体をはじめ、多くの人にとってより使いやすいサイトにするために、
微力ながら皆さんと一緒に取り組んでいきたいと思います。

よろしくお願いいたします m(_ _)m
こんな機能どう?その三 [2006年05月11日(Thu)]
団体ブログをより良くする・・・

明日のためにその一

○メンバー記事カテゴリを設ける

団体ブログについては、通常のカテゴリ(左側の本多さんの写真の下の部分です)以外に、システム的な新機能として、メンバー・カテゴリというものを設けるのはどうでしょうか。

イメージとしては、カテゴリのサイド・バーみたいに、バーチャルメンバーの一覧みたいにカテゴリがあって、そのカテゴリを選択すればその人の記事だけを選んで通読できるというものです。
今のカテゴリ機能もそうですが、管理者がカテゴリを設定しても、そのカテゴリで記事を書かなければ、カテゴリのサイド・バーに余分なカテゴリ名称はでてきませんので、メンバー・カテゴリも記事を書いた人だけの名前がそこに出てくるということになります。

団体ブログはメンバーになればいろいろな人が書き込めるわけですが、団体ブログを長く続ければ、この人の記事が読みたいというマニア(!?)なファンが出てくるかもしれません。
その時にこんな機能があれば、便利でしょう。

また、「この記事を書いた人は、前にどんな記事を書いたかな」と参照できると便利ですよね。


と、こんなことをGW中に考えたわけですが、「こんな機能はいかがでしょうか?その一」の記事のコメント欄に、粟津さん(日本財団)がこんなコメントを寄せてくれていました。

>バーチャルメンバーリストに加えて、もうひとつ注文。
>「このメンバーが書いた記事を検索する」などの形で、
>団体ブログ上でそのメンバーが発信した記事のみを
>ピックアップして見れる機能がついていると便利だと
>思います。
>いかがでしょうか?

まさにその通りだと思いますよ、粟津さん!

Canpan事務局の皆様、ご検討の程、よろしくお願い致します。

とりあえず、GW中に考えた「こんな機能はどう?」シリーズは今回で終了です。
明日はまた別ネタで記事を書きたいと思います、ハイ。

Canpanブログの明日はどっちだ?
人さがしブログ [2006年05月10日(Wed)]
以下に紹介する気の遠くなるような人さがし…。
このコミュニティサイトが力になれるでしょうか?

これは一例ですが、特に切実な声や情報発信について、トップ画面で常時クローズアップしておくなどの工夫がなされると良いです。

※ピックアップブログや注目ブログの扱いとは別の、常時クローズアップ!なイメージです。

「世のため人のため」の原点に時々戻ってこないと、”コミュニティサイトの活性化”が変てこな方向に行ってしまうので気をつけないといけませんね!!

******

☆NPO法人フィリピン日系人リーガルサポートセンター
http://blog.canpan.info/pnlsc/

(以下引用)
NPO法人フィリピン日系人リーガルサポートセンター(通称PNLSC)は、フィリピン日系人、とりわけ太平洋戦争とそれに続く混乱により日本人父と死別または離別し、現地に残された二世(残留日本人2世)の法的・社会的支援を目的に発足したNPO(特定非営利活動法人)です。

身元未判明のフィリピン残留日本人2世のプロフィールと証言を紹介しています。身元判明につながる情報をお寄せください。

NPO法人フィリピン日系人リーガルサポートセンター
http://www.pnlsc.com/

******
| 次へ
プロフィール

コミュニティサイト研究会さんの画像
http://blog.canpan.info/canpanmania/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/canpanmania/index2_0.xml
研究会メンバーのブログ