CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«CANPAN CSRプラス Vol.190 | Main | 「ハタラク」とは何かを突き詰めて考えるワークショップを開催します»
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
奈良璋
CSRプラスユーザ特典! (09/26) CANPAN運営事務局
2006-2007 CANPAN 無料出張セミナー(4) (02/19) 森 陽子
2006-2007 CANPAN 無料出張セミナー(4) (02/17) 長谷川順一
CANPAN運営事務局スタッフの紹介 (02/14) 寺原輝美
CANPAN運営事務局スタッフの紹介 (02/03)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/canpaninfo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/canpaninfo/index2_0.xml
リンク集
CANPAN CSRプラス Vol.191 [2011年02月10日(Thu)]
バックナンバー目次
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
<タイトル>
[CSRメルマガ] 日本初、日本最高の講師陣「CSR部員塾」2011年2月スタート! 2011/2/9
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【CANPAN CSRプラス Vol.191】
CANPAN CSRプラス オフィシャルメールマガジン
皆さまのCSR活動のヒントになる情報をお届けします!
http://canpan.info/csr/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
気候変動の国際交渉、ISO26000、生物多様性など、日本企業の環境・CSR部署
を取り巻く環境はまさに激変しています。

日本財団CANPANプロジェクトでは、株式会社オルタナに協力をし、企業の環
境・CSR部員の皆さまの知識・知見を高めて頂く場として、ワークショップを
中心とした「CSR部員塾」を創設することになりました。

講師陣には、関正雄・株式会社損害保険ジャパン理事CSR統括部長や、冨田秀
実・ソニー株式会社CSR部統括部長ら、最高の方達にお願い致しました。

ISO26000対応についても、どうぞ勉強にお越し下さい。講師5人中、3人がISO2
6000国内委員会のメンバー/エキスパートとして、ISO26000発行までの国際議
論で実際に関わってこられた方たちです。

CSR部長の方も、部員の方も、あるいはCSR部署に配属されたばかりの方も、ど
うぞお越し下さい。ISO26000は企業ばかりではありません。学校、自治体、病
院など、あらゆる組織が対象です。「CSR部員塾」とは名乗っていますが、こ
うした関係者の方の参加も歓迎いたします。

詳しくは⇒ http://www.alterna.co.jp/pdf/csr_buinjuku.pdf

お問合せ先: オルタナ経営企画室 森脇祐貴 03-3498-5372
        alterna@alterna.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CANPAN CSRプラスに関するご意見・ご感想は下記までどうぞ!
【お問い合わせ専用窓口】
メール :contact@canpan.info
電話 :03-6229-5551(9-17時まで 土日祝祭日を除く)
発行/編集 日本財団公益コミュニティサイトCANPAN運営事務局
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-15-16 海洋船舶ビル 8階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの購読解除はこちらからどうぞ。
※下記リンクをクリックした時点で購読解除の手続きが完了します。
誤って解除されないようご注意ください。
{DELURL}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバー目次
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント