CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«CSR情報データベースの2006年度CSRデータを公開! | Main | CSR関連イベントのお知らせ 〜SIF-Japan 第19回 定例勉強会〜»
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
奈良璋
CSRプラスユーザ特典! (09/26) CANPAN運営事務局
2006-2007 CANPAN 無料出張セミナー(4) (02/19) 森 陽子
2006-2007 CANPAN 無料出張セミナー(4) (02/17) 長谷川順一
CANPAN運営事務局スタッフの紹介 (02/14) 寺原輝美
CANPAN運営事務局スタッフの紹介 (02/03)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/canpaninfo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/canpaninfo/index2_0.xml
リンク集
CANPAN CSRプラス Vol.5 [2007年01月23日(Tue)]
バックナンバー目次

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【CANPAN CSRプラス Vol.5】 *・*・2006年度CSRデータを公開!・*・* 2007/1/23

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

公益コミュニティサイトCANPAN(カンパン)の運営事務局がお届けするCANPAN
CSRプラス オフィシャルメールマガジンです。CANPAN CSRプラスの利用&活用
方法や皆さまのCSR活動のヒントになる情報をお届けします!!  

http://canpan.info/csr/


 ■今週のトピック■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 TOPIC1【編集部より】「世間に自慢できる企業ベスト100」
                      (読売ウィークリー特集記事)
 TOPIC2【ホットニュース】2006年度CSR情報を公開!
 TOPIC3【注目コラム】
   ホットイシュー「バングラディシュの縫製向上の児童労働問題に学ぶ」
             (子どもの人権ファシリテーター 浜田進士氏)
   傾向と対策「ネガティブな情報を、どれだけ素直に示せるか?」
                        (IIHOE代表 川北秀人氏)
 TOPIC4【CSRプラスの仕様変更】
   2006年度CSR情報データベースの48項目を改訂しました!
 TOPIC5【参考図書】「社会的責任投資」(エイミー・ドミニ 著)
                          
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは!CANPAN運営事務局の木田です。
このメルマガでは、CANPANが運営するサイト「CANPAN CSRプラス」の最新更新
情報や、セミナー情報等をお伝えしていきます。

CSR活動に取り組まれる企業の方や、CSRに関心を持たれる方に、活動や研究の
ヒントとなるような情報を配信していきますので、どうぞよろしくお願いいた
します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

☆☆☆☆☆☆

皆様 新年のご挨拶が遅くなりましたが、今年もCSRに関する皆様のお役に
立つような情報を配信して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
                
                             ☆☆☆☆☆☆

◆【編集部より】◆

「読売ウィークリー」の今週号(1月22日発売)の特集は、
『世間に自慢できる企業ベスト100』です。

これまでに、CSRの活動状況を評価、ランキングする特集は他の誌面でも
組まれてきましたが、本誌では、企業のCSR活動の「情報の開示度」を切り口
として特集が組まれています。

良い活動はあまり表には出ず、悪いことについては徹底的に叩かれることの
多い報道の中で、あくまで中立的な立場で、企業活動を応援していこうという
スタンスで本誌は書かれています。

「CANPAN CSRプラス」も、良い活動をしている企業については、出来るだけ
その情報が表に出るよう、お手伝いをさせていただく、というのが当サイトの
コンセプトの一つです。

「世間に自慢できる」ような企業を、今後ますます増やしていきたい、
そのためのお手伝いをさせていただきたいというのが事務局スタッフ一同の
思いです。

CSR活動を行うことはもちろん、その活動情報をいかに効果的に発信していく
のか、考えさせられる特集でした。

(なお、本誌で掲載された企業ランキングは、CANPAN CSRプラスの「CSR情報
データベース」を参考にして作成されています。)


◇読売ウィークリー◇
http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

◇CSR情報データベース◇
http://canpan.info/csr_list_search.do


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■【ホットニュース】■

CSR情報データベースの2006年度CSRデータを公開!

CANPAN運営事務局では、東京証券取引所第一部上場企業(2006年10月3日現在、
外国株は除く)のCSR活動について、2006年発行のCSR報告書をもとに調査し、
2007年1月18日に2006年度CSRデータとして公開しました。

◇CSR情報データベース◇
http://canpan.info/csr_list_search.do

◇2006年度の調査方法・実施内容について◇
http://canpan.info/onlinehelp/csr/faq/faq_std2006.html#4_0


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆【注目コラム】◆

★ホットイシュー 第4回
「バングラディシュの縫製向上の児童労働問題に学ぶ」(前編)
 【執筆者:子どもの人権ファシリテーター 浜田進士氏)
 (http://blog.canpan.info/column/archive/15)

2006年にノーベル平和賞を受賞した、グラミン銀行のムハマド・ユヌス氏を
生んだバングラディシュ。グラミン銀行のような優れた活動がある一方で、
依然として深刻な貧困問題を抱えています。

本コラムでは、企業活動がグローバル化する中で、SCM(サプライチェーン・
マネジメント)においてCSR配慮することの重要性を、バングラディシュの
事例をもとに紹介しています。

★傾向と対策 第3回
ネガティブな情報を、どれだけ素直に示せるか?
 【執筆者:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表 川北秀人氏】
 (http://blog.canpan.info/column/archive/17)

ネガティブな情報の開示については、どの企業も躊躇するところだと思います
が、そういったネガティブな情報をいかに誠実に世の中に公開していくのかが、
今後企業力を問う一つの指標にもなると考えられます。

本コラムでは、2006年度のCSR報告書をもとに、各企業のネガティブ情報の
公開状況について、概要を報告しています。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■【CSRプラスの仕様変更】■

2006年度CSR情報データベースの48項目を改訂しました!

CSR情報データベースでは、国連の「グローバルコンパクト」や「GRIガイド
ライン」などを参考に、企業に公開が求められるCSR活動について、CANPANで
独自に48の項目を設定しています。

今回、2006年度用の48項目について見直しを図り、各企業の取り組みをさらに
分かりやすく、世相をいち早く反映した情報をお届けるできるように改訂いた
しました。

改訂された項目の詳細については、下記の記事をご参照ください。

◇2006年度データに設定された48項目について◇
http://blog.canpan.info/canpaninfo/archive/28#benchmark_2006


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■【参考図書】■

「社会的責任投資」(エイミー・ドミニ著 木鐸社 出版)

アメリカにおける、SRI(Social Responsible Investment:社会的責任投資)
の第一人者である、エイミー・ドミニによるSRIについての入門書的な本です。

SRIが生まれた歴史的な背景、これからのSRIの広がりと期待について分かり
やすく説明されています。

一人一人の投資行動が、社会変革の重要なキーとなるというドミニの主張は、
投資社会、アメリカならではのものといえますが、個人投資家が増えつつある
日本でも、社会環境を良くしていく重要なファクターとして、普及が期待され
ます。

SRIについて少し調べてみたい、勉強してみたいという方にお薦めの一冊です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CANPAN CSRプラスに関するご意見・ご感想はcontact@canpan.infoまで
どうぞ!

発行/編集 公益コミュニティサイト CANPAN運営事務局
〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル
      
公益コミュニティサイトCANPAN(カンパン)についてのお問い合わせは
 お問い合わせ専用メール :contact@canpan.info
 お問い合わせ専用電話  :03-6229-5551(9-17時まで 土日祝祭日を除く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの購読解除はこちらからどうぞ。
※下記リンクをクリックした時点で購読解除の手続きが完了します。誤って解
除されないようご注意ください。
{DELURL}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※掲載したリンク先の情報については、時間の経過に伴い内容が変更や修正な
ど、情報が更新されている場合がございます。その際は直接リンク先へお問い
合わせください。


バックナンバー目次
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント