CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2012年05月 | Main | 2012年07月»
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google

ウェブ全体
インド滞在記
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
匿名
クレイアニメが映す「ハンセン病」に当事者から抗議の声 (02/12) awa→ちびすけさん
1年目の振り返り。 (12/23) ちびすけ
1年目の振り返り。 (12/15) awa→KUROさん
1年目の振り返り。 (12/15) KURO
1年目の振り返り。 (12/15) awa
1年目の振り返り。 (11/30) Hena
1年目の振り返り。 (11/28) もりりん
1年目の振り返り。 (11/27) awa→きょこさん
モチベーション (10/27) きょこ
モチベーション (10/27)
月別アーカイブ
第二世代の重荷 [2012年06月06日(Wed)]

アンドラ・プラデーシュ州にはある程度のパフォーマンスを見込める州リーダーがいるため、外からの支援が集中しやすい、と前の記事で書いた。

ササカワ・インド・ハンセン病財団も例外ではない。

ハンセン病回復者の第二世代を対象に、安定した職業に就くための職業訓練プログラムを昨年から始め、そのパイロット対象地として選定されたのもアンドラ・プラデーシュ州。

7割〜8割の高い就職率を誇る民間の職業訓練センターと連携し、ハンセン病コロニーの若者が職業訓練を経て一般の職に就くことを目指す。

4人の男女がこれまでにトレーニングを修了し、ハイデラバード近辺で、チェーンのピザ屋、郵便の配達、洋服の販売などの職に就いている。


雇用先は、彼・彼女らがハンセン病コミュニティの出身者だということは知らない。
それは知られることがないよう、職業訓練センターのスタッフも気を遣っている。

RIMG2046_.jpg

(他県のリーダーを案内する、トレーニング受講中のコロニー出身の男性)



ハンセン病の差別がなくなる、
ハンセン病コミュニティ出身であっても、一般の人と変わりなく結婚できる、就職できる、
という社会が目指すべき理想。


少しずつそのようなケースも生まれつつはある。

例えば、マディア・プラデーシュ州リーダーのサラン氏の娘は、ハンセン病コミュニティ出身ではない男性と先月結婚した。
相手の男性と家族は、重度の障害を持ちながら州リーダーとして活躍する父親サランの姿に感銘を受け、結婚話がまとまったという。

例えば、自身もハンセン病回復者であるコリ氏は、マハラシュトラ州の総合福祉施設シャンティヴァンで、外部からボランティアに来る何百人もの学生たちに体験学習を提供するコーディネーターを務めている。

自分自身の背景を隠さずに、周囲に理解してもらい、社会の中で居場所を見つける。

それはそれで素晴らしいことだ。

でも、まだ社会に偏見が残り、受け入れる準備が整っていない中、それをすべての第二世代、第三世代の若者に課すのはあまりにも酷だ。

Mr.Nilkant_Koli__Photo_.jpg

(シャンティヴァンのコリ氏 写真提供:シャンティヴァン)



同じハンセン病コミュニティ出身の結婚相手をみつけ、日雇い労働などでなんとか食いつなぐのが大多数の若者の辿る道。

貧困の連鎖を断ち切るのは難しい。
それに加えて、「ハンセン病コミュニティ」というレッテルが、面接の度、住所を尋ねられる度ににつきまとう。


障害のあるハンセン病回復者である祖父母、親が生きているうちはまだいい。NGOやミッション系団体からの支援も届く。

が、年老いた祖父母と親はいつかいなくなる。

障害のあるハンセン病回復者がいなくなれば、それまで食べものや毛布を運んできた寄付者も来なくなる。


近い将来、「ハンセン病コロニー」というレッテルと、障害のない第二世代、第三世代だけが残される時がやってくる。

RIMG2038_.jpg


就職先で修了生の一人に話を聞いた。

トレーニングの中で最も重要なことは、「就職先を自分で探すこと」。

誰かにしてもらうのではなく、自分で道を切り開く力をつける。
それは、自己肯定感と自信につながる。

学んだ知識よりも何よりも、しゃべり方や表情が変わった彼女の姿をみて、同じコロニーから何人かがトレーニングの受講を希望しているそうだ。


「社会参画」は、言い換えれば、これまで暮らしてきたコミュニティの外に出て、ハンセン病のレッテルがつきまとわない世界に足を踏み入れること。

親や仲間が暮らす、外からの寄付への依存心が定着したコミュニティから、外に踏み出す勇気と行動力が本人なければ、実現しない。


仕事場は、生活の一部分だけであることは確か。

たとえばもし恋愛して、結婚して、親と会うということになれば、家族のことを隠し続けることはできないだろう。

でも仕事場では少なくとも、ハンセン病というレッテルを忘れることができる。

そして望むらくは、その背景も含めて理解してくれるような異性と出会うきっかけが、その世界にあれば。



ハンセン病という重いラベルは、もう背負わなくてもいいんだよ。

掴む気があれば、コロニーの外の世界に出るステップは、開かれているから。
一歩先をゆくアンドラ・プラデーシュ州 [2012年06月06日(Wed)]

6/1〜3の間、出張でアンドラ・プラデーシュ州(ハイデラバード)と、タミルナドゥ州(エロード)へ。

タミルナドゥに向かう前にハイデラバードに立ち寄ったのは、アンドラ・プラデーシュ州の回復者組織SLAP(Society of Leprosy Affected People)が新しく設置した事務所を見ておきたかったから。

RIMG2066_.jpg

(SLAPの事務所がある建物。2階の一区画、3部屋がSLAPの事務所)


ハンセン病回復者組織のナショナル・フォーラム。
全国20州に回復者組織があるが、中でもアンドラ・プラデーシュ州の活動の充実度は他を抜きんでている。

数ではインド一多い、州内99ヶ所のハンセン病コロニーの情報は、住人数やコロニーリーダーの連絡先も含めて、きちんとリストにまとめられている。

州よりもうひとまわり下の県単位で県リーダーを選出し、地元主体で問題解決をしようと試みている。

RIMG2061_.jpg

(壁に貼られた活動指針と年間計画。英語が読めないメンバーにもわかるように、テレグ語訳を作成中)



AP州の州組織が他と比べて優れている、その要因はいくつかある。
最も精力的な州リーダーであるナルサッパ氏が、州都ハイデラバードの近くに居住していること。
同じく州都に、「当事者主体」の概念を表面的ではなく心から理解し実現しようとする、ハンセン病関係のNGO(LEPRA Society)があること。

コーディネーターとしてある程度のパフォーマンスが見込める州リーダー、支援NGOの体制が揃っていると、自然と外からの支援が集まる。
資金が集まれば、それだけ活動は充実する。

RIMG2058_.jpg

(写真右から、州リーダーのナルサッパ氏、LEPRAスタッフのサティラジュ氏、事務担当のクマール氏、啓発スタッフのラジマ、LEPRAスタッフの…最後の人名前訊き忘れました。)

日本財団の助成金が使われている、ナショナル・フォーラムから各州組織に出される活動補助には、今のところ事務所の運営費は含まれていない。

運営費を出したとしても、例えばSLAPがFCRA(外国からの資金提要許可を受けられるようにするためのインド政府内務省からの許可)取得のための手続きなど、日々の事務をサポートできる人材は、ナショナル・フォーラムの本部にはいない。

全国組織がどうあるべきか、各州組織がどうあるべきか、
ビジョンやそれに向けた具体的な事業計画が明確に打ち出されていない。


その遅々とした本体を横目に、AP州は実質的な実をとりながら、一歩先を歩んでいる。

事務所の運営費と事務スタッフの人件費は、現在LEPRAが支援している。


他からの支援状況を把握し、必要に応じて線を引くことは必要。
でも動き始めているその歩みを止めるべきではない、と感じた。


ここから、何かが変わるかもしれない。

DSC_7007_.jpg

(州リーダーのナルサッパ氏 写真提供:なつさん


ナルサッパ氏に関する記事はこちら(英文)
WHO Goodwill Ambassador's Newsletter No.52 pg.4
HUMAN STORY "Non-Stop Activist"
http://www.nippon-foundation.or.jp/eng/media/publications/2jcahj000005bps8-att/8f0j6k00000b8pv4.pdf