CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2012年01月 | Main | 2012年03月»
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
Google

ウェブ全体
インド滞在記
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
匿名
クレイアニメが映す「ハンセン病」に当事者から抗議の声 (02/12) awa→ちびすけさん
1年目の振り返り。 (12/23) ちびすけ
1年目の振り返り。 (12/15) awa→KUROさん
1年目の振り返り。 (12/15) KURO
1年目の振り返り。 (12/15) awa
1年目の振り返り。 (11/30) Hena
1年目の振り返り。 (11/28) もりりん
1年目の振り返り。 (11/27) awa→きょこさん
モチベーション (10/27) きょこ
モチベーション (10/27)
月別アーカイブ
握手の後の間 [2012年02月18日(Sat)]

ハンセン病の業界で働く人は、長い経験を持つ年配の方が多い。

そんな中で、医学的背景を持たない立場で周囲からの信頼を得ることは簡単ではない。


長年WHOを通じてハンセン病対策を支援してきた「日本財団」という肩書きがあるので無下にあしらわれることはないけれど、腹を割って本音で話をしてくれるようになるまでは、時間がかかる。


1年以上経ってようやく、少しずつ信頼関係を築けてきた気がする。

“Good morning”, “Good afternoon”と挨拶をして握手した後に、目を逸らすまでの時間が長くなること。

これまで社交辞令の微笑みを浮かべながら当たり障りのない話しかしなかったのが、鋭い目で「この件についてはどう?」と情報や意見を求められるようになること。


小さなことだけれど。


両手で足りなくなるくらい会う回数を重ねて、時間をかけるからこそできる信頼関係もあるんだな、と、
しみじみ思う今日この頃です。




Sent from my iPhone