CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2010年11月 | Main | 2011年01月»
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

ウェブ全体
インド滞在記
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
匿名
クレイアニメが映す「ハンセン病」に当事者から抗議の声 (02/12) awa→ちびすけさん
1年目の振り返り。 (12/23) ちびすけ
1年目の振り返り。 (12/15) awa→KUROさん
1年目の振り返り。 (12/15) KURO
1年目の振り返り。 (12/15) awa
1年目の振り返り。 (11/30) Hena
1年目の振り返り。 (11/28) もりりん
1年目の振り返り。 (11/27) awa→きょこさん
モチベーション (10/27) きょこ
モチベーション (10/27)
月別アーカイブ
Hauz Khas [2010年12月19日(Sun)]

日曜日。

のそのそと起きだして、家の近くのハウズ・カス(Hauz Khas)遺跡
を散歩。

前に二度、レストランに食事に来たことはあったけど、二度とも夜だったので、一度昼間に来てみました。




13世紀スルタン朝の時代に建てられた、イスラム教のモスク、墓、学校から成る建造物群。
中世の街“シリ”の住人のために貯水池として造られた池をぐるりと囲んで、建物が建っている。






ハウズ・カスとは、ウルドゥ語で“王室の池”という意味[Hauz(池)+Khas(王室)]、だそうです。

池にはたくさんの鳥が(遠くからで何の鳥かまでは識別できず)。




現在は中流階級&観光客用の洋服店やお土産物屋、レストランなどの商業施設が並ぶ地区。

何に使うんだろう? と思わず突っ込みを入れたくなるようなガラクタを揃えたアンティークの店もあったり、ひっそりとしたアートギャラリーもあったり、おもしろい。


遺跡から歩いて10分くらいの距離にある、大通りに面したマーケットも、やっぱり中流階級向け。
本屋でインド料理の本と、文房具屋で仕事用にクリアファイルとクリップと、スケジュール帳を入手。

地元色あふれるマーケットも、たまにだと楽しいけど、やっぱり中流階級向けのマーケットは買い物がしやすい。
欲しいものが同じマーケット内で手に入る幸せ。
おっかなびっくりじゃなく、安心して店に入れるのが、なんだかほっとする。


自分は生活のレベルをそこまで落としたらもたないな、というのを最近実感します。

しょせん生まれも育ちも、先進国だからな。しょうがない。
| 次へ